allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シャレード(1963)

CHARADE

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UNI)
初公開年月1963/12/21
リバイバル→CIC-73.12
ジャンルサスペンス/ロマンス
映倫G
すてきなオードリーに危機一髪!(リバイバル時)
シャレード デジタル・リマスター版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,312
USED価格:¥ 800
amazon.co.jpへ

【解説】
 スキー場からパリの自宅へ戻ってきたレジーナ(ヘプバーン)を待っていたのは、離婚予定だった夫の死。葬儀の会場には見知らぬ三人の男が現れ、大使館では情報局長(マッソー)から、戦時中に夫が軍資金25万ドルを横領していた事を聞かされる。五里霧中のレジーナはスキー場で知り合ったピーター(グラント)に助けを求めるが、彼もまた三人組の仲間だった……。数々のミュージカルを手掛けてきたS・ドーネンが、その洒落たセンスを活かして作り上げたミステリー・コメディの傑作。H・マンシーニのメロディが怪しくも美しい。
<allcinema>
評価
【関連作品】
シャレード(1963)オリジナル
シャレード(2002)リメイク
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A暗くなるまで待って (1967)
[002]A麗しのサブリナ (1954)
[003]Aローマの休日 (1953)
[004]Aマイ・フェア・レディ (1964)
[005]A戦争と平和 (1956)
[006]Aおしゃれ泥棒 (1966)
[007]A昼下りの情事 (1957)
[008]Aバルカン超特急 (1938)
[009]A情婦 (1957)
[010]A十二人の怒れる男 (1957)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
27224 8.30
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2017-05-29 23:41:35
ジャンルとしてはサスペンスになるのですが、少し緊張感に欠けると思います。この映画にとっては、欠点ではなく、むしろ美点でしょう。
主要登場人物で、女性はオードリー・ヘプバーンだけですが、男性は多数登場する。誰が犯人か?ということになるのですが、一番の有名人ではなかった。
その方が、観る人の期待を壊さないから、よいのでしょう。
お金の隠し場所は「意外」でした。現実にやったら値打ちのわからない人が無くすから駄目ですが・・・
投稿者:sachi823投稿日:2015-07-04 08:18:18
ひところよくテレビでも放映されておりましたね。
ロマンチックなサスペンスでなかなか面白い作品でした。
オードリーはもちろん魅力的なのですが、
個性的な俳優陣の演技が楽しめます。

投稿者:呑気呆亭投稿日:2014-09-02 15:35:20
ヘップバ−ンがやけに色っぽくて、自分からグラントにキスをねだったりするのが気に入らなかった。我らがヘップバ−ンはこんな女ではなかったはずだ。スタンリ−・ド−ネンの作品は好きなほうだが、こんなご都合主義の映画を作ってもらっては困ります。散々グラントの正体を謎めかしておきながら、やっぱり体制側の人だったのですというオチは、こんな奴に負けてしまったウオルタ−・マッソ−の口惜しさを共有する者としては、少しも面白くなくスッキリしなかった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:scissors投稿日:2014-05-11 19:52:21
主人公の言動が滅茶苦茶すぎで。
アイドル映画ってことで細かいことはどうでもいいのかもしれないけど。
投稿者:bond投稿日:2013-02-21 09:37:38
個性派名優揃いで、お洒落にサスペンス。オードリーがキュート。マンシーニのサントラもやっぱ名曲。
投稿者:noir fleak投稿日:2013-02-02 11:13:20
驚く。オードリーほど美しい老け方をした人はいない。晩年アフリカで国連大使として時の彼女は実に美しい。ま、それはともかく、、、、本作での彼女は若い時よりずっと良い。グラントもこの年代こそ最高だ。(彼が走る姿はなぜあんなに恰好がいいのだろう? 北北西に進路を取れ、といい本作といい。)
グラントが背広のままシャワーを浴びるシーンやセーヌ河の船上レストランでの長いシーンは稀にみる名場面だ。船上の最後のグラントの、Well, when you come on, you come on! などまさに名セリフ。
オードリーの良さはルックスはもちろんだが、発音の良さと声の抑揚にある。聞いているだけでも気持ちが良くなってしまう。
俳優陣も皆立派、ストーリーも面白い、パリのロケも見事、、、と言うことなき傑作。
オードリー主演作の中で一二を争う出来と信じて疑わない。それほど魅力的だ。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-09-28 22:16:49
個人的には、ちょっとオードリーの容姿がきつくなっているなと感じます。彼女の場合、気の毒ですが美しく老いることができなかった女性で、この映画でも無理に若作りしている感があり、見ていて少し痛く感じました。

この映画の場合、ケイリー・グラントのほかにウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディなどの強い個性で役者人生をわたってきた俳優たちを起用しているわけで、個人的には彼らを見ているほうが楽しかったのは、私がそんなにオードリーを好きでないから?

映画のパリの情景やメトロなどはとてもよかったです。http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:クリモフ投稿日:2012-08-02 01:28:52
なにやら60年代風のオープニング(63年作だから普通)から、オシャレな雰囲気が醸し出されているコメディタッチのミステリ。オードリー主演で癖のある俳優陣をかためて、名作風の感じですが、なんというか風なだけでいろいろ粗粗している映画でした。
オードリーの役柄のせいで緊張感がなく、お前何考えてんだ、という行動ばかりで彼女のファンではない自分にはイマイチ魅力が伝わりません。正直25万ドルの行方という主軸がどうでも良くなってしまう始末。
よって、個性派男優をたのしんだわけで、グラントはまさにこの人でしかできない2.5枚目で男前ながらコミカルというナイスガイ。ジョージ・ケネディはカギ爪でなんか面白いし、コバーンもあからさまに怪しい奴を好演。悪人顔マッソーも期待を裏切らない。ただ、こういう配役だとやっぱり良い奴はわかっちゃうなぁ。
ミステリ・サスペンスとしては赤点(最後逃げてるときは単に交番に行けばいい)。豪華俳優陣を考慮して6点ってとこでしょうか。
投稿者:cappye投稿日:2012-04-16 03:07:13
【ネタバレ注意】

 オードリーが演じるレジーナが奔放すぎてついていけなかった。何で旅行先でちょっと話があっただけの得体の知れない男をそこまで信頼するのか理解できない。愛していなかったとはいえ旦那が亡くなったり、命を狙われて死ぬかもしれないのに、妙に落ち着いてて楽しげだったりするのも。まぁその辺りが洒落ているわけだけど、ちょっと違和感を感じずにはいられなかった。ラストも引っ張りすぎ、長い。
 
 ただ、サスペンスとしてはよくできている。オードリーもキレイでかわいい。冒頭の殺人を見せた後の水鉄砲の場面の演出が見事だと思った。

 

投稿者:リEガン投稿日:2012-03-06 13:08:12
『あの頃は良かった!』などと思ってしまう、おシャレで素敵なサスペンス映画の佳作。オードリーがキュートな魅力を振りまいて、少々野暮ったい物語の印象を払拭してくれる。ヘンリー・マンシーニの音楽は言わずもがなで、007でおなじみモーリス・バインダーのクレジットがまた素晴らしい。有名なテーマ曲をバックにノートルダム大聖堂を望むセーヌ河畔をグラントとヘップバーンが語り歩くシーンに、市川=石坂コンビの金田一シリーズが重なるのは気のせいかな。
投稿者:緑茶投稿日:2012-02-27 22:45:57
梅毒にでも罹らないと作れないようなマンシーニの流麗な名曲から始まって全編シャレたセンスのコメディタッチで笑わせながらサスペンス部分もなかなかシャープで迫力がある。さすが巨匠スタンリー・ドーネン。最高の娯楽映画だと思う。それほど好きじゃないオードリーの映画の中では一番好きだ。ヒッチコックのオマージュのようによく言われるのだがヒッチファンではない私にはなんだが癪だ。少なくともヒッチコックにはこれほど軽やかなユーモアセンスはないように思える。ただし1963年というハリウッドのスターシステムが完全に崩壊した年代からすればヒッチコックのみならず古き良きアメリカ映画そのものに対するオマージュと言っていいと思う。コバーンとケネディは悪役のパロディのようにカリカチュアして演じているがそれでもどっしりとした恐怖感が伝わってくるのは流石。ちなみにDVDはテクニカラーの質感が全く出てなくてすぐ売り飛ばした。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 15:37:21
演出:7
演技:9
脚本:7
音響:8
投稿者:さち投稿日:2007-08-09 22:59:55
普通
投稿者:映子投稿日:2007-03-03 00:31:21
確か中学2年の頃に担任の先生から「あなたのベスト1の映画は?」という質問が何かの時間にあって、私は迷わず「ローマの休日」にしたのですが、すごく勉強の出来る秀才の友人(女の子)がベスト1に選んだのがこの作品だった。
その友人からはシャーロック・ホームズやルパンの面白さなども小学生の頃に教えてもらい、それから私はミステリーがとても好きになった。

今でもこの作品より「ローマの休日」の方が好き!という気持ちは変わらないが、
共演者の顔ぶれや、おしゃれな雰囲気でどんでん返しがわかっていても何度も見たくなる作品である。

京都御所の近くのレトロな喫茶店でお茶を飲んだ時、この作品のコーラスの音楽が流れてきた時には本当優雅な気分になった。音楽も最高です。

出演者がみんな天国に行ってしまいましたが監督は長生き。
ドーネン監督の作品はクレジットもおしゃれです。
投稿者:irony投稿日:2006-05-03 13:09:02
 サスペンス/ロマンス/コメディの一本。ヘンリー・マンシーニのオープニングから始まるお馴染みのメロディ、刑事コロンボでもちょくちょく耳にする。ジヴァンシーで身を包むオードリー・ヘプバーン、晩年の姿からはとっても想像つかないウォルター・マッソーと主要キャストは、ほぼ全員お亡くなりになられていますが、大変楽しい一本です。
投稿者:神慮論投稿日:2006-01-17 18:38:12
ヘンリー・マンシーニの曲にのって、オープニング映像が流れはじめると、もう観ずにはいられなくなってしまった。
エレガントなサスペンス。
私はロシア、イラク、リビアなどの切手を蒐めているので、あの切手商の優雅な大物ぶりにはすかっとした。
この映画でやっと味のある「女優顔」になったAUDREY HEPBURNにも敬礼。
投稿者:mari投稿日:2005-08-30 19:48:46
タイトルバック、最初のまばゆいスキー場、トランクなど、いつものように小物が楽しいヘップバーン作品。
ギャングもゆるいし。
途中もうちょっと削ってもよかったかなーとも思うけど最後の最後まで楽しめた。
投稿者:o.o投稿日:2005-04-11 01:00:47
コメディ タッチのサスペンスというジャンルは、案外難しいジャンルだと思うのですが、この作品は、スリリングでありつつも、雰囲気はあくまで楽しげで、そのバランスが絶妙だと思いました。最後のどんでん返しは、そんな馬鹿なと思いつつも、嬉しい気分にさせてくれるものでした。

オードリー・ヘプバーン主演の映画はいくつか見たことがあるのですが、作品自体は素晴らしくても、ヘプバーン自身は、世間で言うほど良いと思ったことは正直ありませんでした。しかし、この作品の彼女は非常に魅力的で、やっぱりヘプバーンは美人だなあと、いまさらながらに確認した次第です。劇中、ある時は善人らしく見せ、またある時には悪人らしく見せる、ケーリー・グラントも素晴らしかったと思います。

軽やかさが魅力の楽しい映画だ、という感想です。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-02-27 09:57:14
小学生の時(何十年前だ?)に主要な推理小説を読破した僕にとっては、金の隠し場所は初めの段階で分かっている…誰が殺人を犯しているのかも途中で気づくだろう。つまり推理小説ファンなら、ミステリーの謎は見えているのだ。…古典といえる。(単なる映画ファンにはミステリーとしても秀逸)
が、これは楽しめる。それは役者の魅力とコメディーのセンスにあると思う。
オードリーの態度の変化も楽しく、ケイリー・グラント、嘘の正体もおしゃれだ。
…ラストの名前を順に挙げてゆくカットがたまらない。
投稿者:Ikeda投稿日:2004-04-28 15:29:20
映画でのお遊びと言えばそれまでですが、ここまで、どんでん返しが多いと、サスペンスと言うより、コメディに近い作品に思えました。オードリー・ヘップバーンも全盛期だと思いますが、俳優としては晩年に近いケイリー・グラントも良くやっていると思います。地下鉄の駅やビルの中での活劇や追っかけのシーンが多く出てきますが、少々長すぎて、多少退屈しました。
投稿者:Caves投稿日:2003-07-14 08:11:43
漫画のように軽ーく楽しめる。わたしゃ、この映画のヘップバーンが一番いいですね。ジバンシーによる衣装はよーく見るとへんちくりんだけど、美人は何着ても映えるなー。ケーリー・グラントがラストで見せるとぼけた(?)表情もgood。
投稿者:sleuth投稿日:2002-10-29 10:47:02
俳優がイイ。きれいな映像。すばらしい音楽。ストーリーなど、三拍子も四拍子もそろった映画。サスペンスとしてもよくできてると思います。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2002-09-29 23:03:10
本当にシャレた作品ですね。オードリーにC・グラントという配役がまさにピッタリのスタンリー・ドーネン監督の快作だと思います。ドーネン監督には「アラベスク」という、同じタイプのこれまたシャレてる作品がありますね。
投稿者:ゆたか投稿日:2001-10-29 06:56:08
ちょっとくどい。 Cary Grant の変身はあんなになくてもいいんではないかとおもった。
悪党3人組のうちの2人は、志村けんとMr.オクレに似ていて笑ってしまったのは私だけでしょうか?
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-09-05 18:01:22
普通におもしろいけど特にここってとこはなかった。
オードリーはやっぱりきれいだけど。
投稿者:桃太郎投稿日:2001-03-04 22:04:30
 ストーリー的には、サスペンスの分類に入るのかもしれないが、出演者が皆お茶目な感じでちょっとしたコメディータッチになっている。今はなきウオルターマッソーや、若々しいジェームズコバーン、そして、ダンディーなケーリーグラント、それからとてもキュートなオードリー、映画を見ているときだけはその人がまだ存在するような感じがしてとても懐かしい気分でした。昔の映画って今の映画にはない雰囲気があっていいですね。
投稿者:けいぞう投稿日:2000-05-17 23:59:10
テレビで観てたとき、最後の最後まで真犯人がわかりませんでした。まあ、中学生の時でしたから・・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞ジョニー・マーサー作詞『シャレード』 Charade
  ヘンリー・マンシーニ作曲
□ 男優賞(国外)ケイリー・グラント 
 ■ 女優賞(国内)オードリー・ヘプバーン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】シャレード デジタル・リマスター版2012/04/27\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】シャレード デジタル・リマスター版 ブルーレイ・コレクターズ・エディション <初回生産限定>2012/01/20\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード2013/07/26\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード デジタル・リマスター版2012/04/27\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963)2012/04/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <初回限定生産>2011/05/25\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <初回限定生産>2009/05/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <初回限定生産>2008/09/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】英語学習映画 シャレード2008/08/20\1,200amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963)2008/04/24\934amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <初回限定生産>2007/12/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <初回限定生産>2006/11/30\933amazon.co.jpへ
 【DVD】「ザ・インタープリター」+「シャレード」 <初回限定生産>2005/09/23\4,286amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963)2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <期間限定生産>2005/07/01\1,490amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963)2005/06/21\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <【UPJ】1枚買って1枚もらえる!キャンペーン第3弾商品>2004/09/29\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード  オリジナル劇場公開40周年記念ツインパック <初回限定生産>2004/01/30\4,980amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <期間限定生産>2003/11/28\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963)2003/04/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】シャレード (1963) <期間限定生産>2002/09/27\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】英語学習映画 シャレードレンタル有り
 【DVD】シャレードレンタル有り
 【DVD】シャレード (1963)レンタル有り
 【VIDEO】シャレードレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION