allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

上海特急(1932)

SHANGHAI EXPRESS

メディア映画
上映時間81分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1932/03/
ジャンルロマンス/ドラマ
上海特急《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,050
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 絶頂期のスタンバーグが美神ディートリッヒのため、技巧と映画的話術を駆使して献身した、純粋に映画としてのみ消費されるべき絶対映画……と言ったら言いすぎだろうか。完璧なハリウッド・セットの東洋に、上海リリーを乗せて汽車は走る。かつての恋人の将校と乗り合わすのは運命の定め。彼は彼女から裏切られたと思っていたが、いまだ情熱に身を焦がしている。もう一人の同乗者である反乱軍の指導者の奸計に、彼女は再び、見せかけの裏切りで愛する者を救おうとするが……。キャムプ趣味の極致の台詞も、ディートリッヒが吐けば、箴言にすら聞こえる。リー・ガームスの超軟調カメラは、観客を銀幕の向こう側へと溶かすような艶かしさだ。「北京超特急」は本作のリメイク。
<allcinema>
評価
【関連作品】
北京超特急(1951)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
542 8.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ne7002投稿日:2014-03-26 04:55:14
スタンバーグとディートリッヒのコンビ作品の最大のヒット作だそうですがストーリー的には「間諜X27」ほどのインパクトは無く、耽美的な魅力は後の「恋のページェント」ほどでは無いです。ただ映画全体に漂う気だるい雰囲気は一級品、各登場人物もキャラクターが立っています。これもクセになる映画。この2人のコンビは一作ごとに見どころが違って、しかもそれぞれに際立った魅力を持っています。映画史上にもこれほど味わい深いコンビは、ほとんど有りませんね。
投稿者:uptail投稿日:2013-10-10 14:29:24
演出:8
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:bond投稿日:2013-08-28 08:27:27
デートリッヒのための映画。妖艶かつ初々しさが混在する不思議。セリフも洒落てる。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2012-07-01 00:42:56
これを女優冥利に尽きるというのだろうか、スタンバ−グと撮影のリ−・ガ−ムスはこれでもかというくらいに、ディ−トリッヒの美しさを舐めるように映し出す。上海行きの列車内で再会した嘗ての恋人の時計の内蓋に納められた5年前のディ−トリッヒは可憐なほどな幼さを見せるのだが、上海リリ−と異名を取るようになっている現在との対比は、ドキッとするような落差があった。物語のことはともかくとして、とっかえひっかえ変えられる豪華な衣装に包まれたディ−トリッヒの美しさには参りました。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:noir fleak投稿日:2011-11-05 20:19:58
がもろに出た映画だ。アジア人全般、イスラムのインド人、そしてフランス人への侮蔑思想にあふれている。これが30年代のハリウッドの本質だったのか! それにもっと驚くのがこの作品解説のアホサ加減。マレーネの美しさはまだしもどこに映画の技巧がありますか。
この映画がためになるとすれば、1930年代世界は中国をとんでもない野蛮な国と見ていた、ということをわからせることだ。

投稿者:gapper投稿日:2011-10-12 22:04:58
 ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督と秘蔵っ子のマレーネ・ディートリッヒ主演作品。

 「嘆きの天使 (1930)」、「モロッコ (1930)」、「間諜X27 (1931)」とヒットを飛ばし次に作られた作品。
 ディートリッヒの相手役のクライヴ・ブルックも「暗黒街(1927)」組んでいて知れた仲。
 ただこの作品以降ジョセフ・フォン・スタンバーグは、急速に落ちていく。
 後年ジョセフ・フォン・スタンバーグに合った淀川さんは、洗濯物を自ら始末する、あまりにもぞんざいに扱われる彼に驚いたそうだ。

 キザな台詞の映画と言うと「カサブランカ(1942)」や「ギルダ (1946)」を思い浮かべるが、それを上回る台詞回しは嵌ればとことんといった感じ。
 その代わり、我に返ればまさに幻と言った所。
 急激に人気を落としたジョセフ・フォン・スタンバーグの理由は、そこにあるように思う。

 ルイス・マイルストンの「将軍暁に死す(1936)」の将軍も太っていたし列車の旅の雰囲気も良く似ている。
 当時のアメリカ人には、かなり固定された観念で中国を見ていたようだ。(今も同じ?)

 中国には一切ロケを行っていないようで全てをアメリカに作っての撮影ということになる。
 汽車から大勢の中国人のエキストラなど今なら相当な製作費用になるだろう。
 370万ドルの総収益で大ヒットだったのが分かる。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:クリモフ投稿日:2010-01-08 21:36:24
1930年代のカオスな中国が舞台で、列車には世界各国の乗客がいるって設定ですがサスペンスよりはラブストーリーですね。乗客たちの会話が面白くて、主人公二人の絡みなんかも映画っぽいロマンチックな雰囲気でなかなか楽しく見れました。
ただ、ちょっと山場が欲しかったかな。反乱軍のところで盛り上がるものかと思っていたら、意外とあっさり終わってしまいちょっと残念。ラストも良いんですが、男あんまり活躍してなくない?鈍感だし。
ということでやっぱりディートリッヒの映画。いや美しい、良い女です。美人はゆっくり動いてゆっくり話すものと思ってしまいます(笑)終盤、肩が見えるだけなのにセクシー。あと中国女アンナ・メイ・ウォンは良い意味で対照的でなかなか魅力的でよろしい(よく考えたら一番活躍してカッコいい)
やや平坦でしたが、登場人物(キャスト)の良さも相まって面白かったです。あ、クラシック名画ビデオみたいなので鑑賞したんですが途中4分くらい字幕がなくなったんですが、あれはなんなんだ、、
投稿者:Ikeda投稿日:2007-01-01 14:10:08
「間諜X27」ほどではないにしても、かなり面白い映画でした。ディートリッヒをフィーチュアーしているのは当然で、クライヴ・ブルックとのロマンスが良く描かれています。それに脇役があまり有名ではありませんが、ある意味では「グランドホテル形式」とも言える作品で、イギリス人、フランス人、ドイツ人、そして中国人と多彩な役割で、それぞれの個性が際だって演出されているのが内容を濃くしています。
ただ、当時は日本もそうでしょうが、欧米の列強が中国大陸を植民地にしようとしている一方、ロシア革命の影響で中国の中で改革運動が静かに始まっていたと思います。それが背景になったストーリーなので、この作品には当時の中国政府も反対したようですが、多少気になる所です。
また、この翌年に作られた「フットライト・パレード」に挿入された曲「上海リル」は多分、この映画から派生した歌だと思います。
投稿者:ミュジドラ投稿日:2006-06-11 19:15:00
スタンバーグ最後の傑作と言われているが、確かにそうかもしれない。
投稿者:ナラウド投稿日:2002-08-01 10:26:19
大胆極まりない映画。ディートリッヒを美しく魅力的に撮ることが一番重要であり、物語を上手に語ることや他の役者を撮ることなどどうでもよい。列車という極めて映画的な素材も全てはディートリッヒの為。一体、今活躍している映画監督でここまで大胆なことが出来るのはゴダールかキアロスタミくらいなものだろう。
投稿者:Longisland投稿日:2002-02-21 10:18:20
傑作!! あたりまえだけどディートリッヒが綺麗・艶かしい・いい女。主人公♂の行動・恋愛感に若干の時代、脇役(特に悪役)達の描きこみが弱い感じがしたけど、まあ、この監督としてはディートリッヒをいかに魅力的に撮るかが目的だったんだろうから、関係ないか。
とはいえ、舞台の中国大陸(セットらしいが)・東洋人が近年の某戦争作品なんかと違いリアル、へんな東洋蔑視は感じなかった。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-11 00:27:26
 この、映画全体のルックとはちぐはぐなまでのディートリッヒに対する照明の
繊細さこそが映画の演出だと思う。
 映画で列車が走ることとはこういうことだし、映画で列車が止まることとは、
こういうことなのだと思う。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 Par
 □ 監督賞ジョセフ・フォン・スタンバーグ 
 ■ 撮影賞(白黒)リー・ガームス 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】上海特急2012/07/27\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】上海特急2002/12/16\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】上海特急2001/12/21\3,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】上海特急レンタル有り
 【VIDEO】上海特急レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION