allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジョイ・ラック・クラブ(1993)

THE JOY LUCK CLUB

メディア映画
上映時間138分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナ)
初公開年月1994/03/26
ジャンルドラマ
ジョイ・ラック・クラブ [DVD]
参考価格:¥ 1,350
USED価格:¥ 6,500
amazon.co.jpへ

【解説】
 全米でも予想外のヒットを記録した、エイミ・タンのベストセラー小説の映画化。脚本は彼女と「レインマン」のロナルド・バスが共作。監督にカルト的快作「スラムダンス」のウェイン・ワン。題名のジョイラック倶楽部とは、語り手ジェーンの母が、仲のよい三人の女友達と、それぞれの喜びも幸運も分かち合おうと始めた麻雀会のこと。アメリカに移住して30年。それぞれに筆舌に尽くしがたい苦労はあるが、映画は上品なソープ・オペラといった体で、それらの挿話をまとめている。そして、故国に残してきた双子の姉の存在が、母の死に際し語られる。居ても立っても居られぬジェーンは、まだ見ぬ姉たちを訪ねる。これを小説で読むのは、どんなうまく書けててもお断りだな。映画だから見ちゃうし泣けもするのだが、思い起こすと、その感動はあまりに底が浅い。映画が映画に自家中毒を起こしているのだ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
レインマン(1988)
スラムダンス(1987)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
535 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2018-10-05 23:50:03
想いを秘め語り継がれた中国系アメリカ人4人の仲間、彼女たちの家族史。あくまでも目線は女性、彼女たちの視点で描かれた。母が娘に。私は分かってる・・このごくありきたりな言葉。親が子供に伝える最愛の言葉に違いない。理屈抜きでいい。遠いアメリカの地。自分たちの感情を露わにできない中国系の移民たち。微妙な感覚のズレってヤッパリあるんだねぇ。これって我々にもよくわかるなぁ。そしてよかった。よかった。ラストの再会劇。140分長丁場、かなり強引に引っ張られたけどね。とにかくめでたしめでたしでした。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-20 10:37:43
上の解説には少々驚きましたが、とにかく見ました。私的にアジア系の映画はあまり好きではないので期待しないで見たのですがなかなか良かったです。主人公の女性たちの歩んできた茨の道は半端じゃなくすごすぎでした。

 今回この映画を見た理由はただ一つ。それはただ単にアンドリュー・マッカーシーが見たかったということです。登場シーンはあまりないけれど、やっぱり可愛くて素敵でした〜。後、嬉しかったのはTV『ER』でもお馴染みのミンナ・ウェンさんが出ていたことです。
 
投稿者:mamemou47投稿日:2006-06-11 14:30:33
解説者がこんな悪意に満ちたコメントを解説に書くなんて。どんな映画も見る人に何か伝えたくて作るんじゃないのか。一生懸命作ったものをあれやこれや批判するのは、作れない人がやる事。せめて名乗って批判をすべき。それに、こんな解説を書く人を雇わないで欲しいと切に願う。ジョイ・ラック・クラブは見るべき映画だ。原作だって面白い。
投稿者:ごそ2投稿日:2006-04-14 21:07:24
●作品の解説には、解説者の個人的な感想・意見を書く必要はないように思います。
好意的な批評ならまだしも、その反対の場合には読むと気分が悪くなります。
●批評なら新聞等の批評欄と同様に、批評者の名前を明示した上で作品批評を掲載すべきだと思います。
でも、ここは批評欄ではなく「作品の解説欄」で、無記名なのですから、あくまで作品に関することのみ、客観的に記載して欲しいと思います。
Allcinemaの読者も批評までは望んでいないのではないでしょうか。
批評するのは解説者の職権乱用のような気がします。
●他の作品の解説にも同じようなことが言えるようなものがありますが、どうしても解説欄に悪意とも思えるような批評的な内容を載せるなら、正々堂々と名前も記載するようにしたらいかがでしょう。
投稿者:やんこら投稿日:2006-01-27 20:15:42
やっぱり異国で中国系のアメリカ人として暮らすのか、それとも中国人としてのアイデンティティーを保持したままで暮らすのとでは違いが生まれるってことですね。いろんなエピソードが交錯する構成になってましたが、それぞれすっきりまとまっていてダレルことなくみれました。
原作は読んでいないので何ともいえないのですが、舞台となった時代はアメリカでも公民権運動があってマイノリティーにとって色々なことがあった時代でもあると思います。映画では少なくとも描かれていなかったのですが、原作はどうなんでしょう?
投稿者:planetsm投稿日:2004-07-23 02:21:25
really liked the novel version.. and the movie is just not that good since it's almost impossible to include all the episodes.. the person who wrote this should have at least read the novel before writing this.. :p
投稿者:minefujiko投稿日:2004-06-16 19:33:25
とてもいい作品だと思います。 あまりの解説のひどさに、思わず・・・個人的なうらみでもあるのでしょうか。高級ソープオペラというのはうまい表現だとおもいましたが。 この作品のテーマはアイデンティティです。
とても身近で深いテーマです。設定は派手ですが、細かな心のうごき、細部の観察と比喩。じーんと感動しています。
投稿者:music is ...投稿日:2003-07-26 13:30:44
確かにこの解説ヒドイな。最後の二行は解説でも何でもないや。
投稿者:xiaokang投稿日:2002-03-01 01:54:56
もう少し
客観性をもって書くべきではないでしょうか。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚色賞エイミ・タン 
  ロナルド・バス 
【レンタル】
 【DVD】ジョイ・ラック・クラブレンタル有り
 【VIDEO】ジョイ・ラック・クラブレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION