allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ショーシャンクの空に(1994)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

メディア映画
上映時間143分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士)
初公開年月1995/06/03
ジャンルドラマ
映倫G
ショーシャンクの空に(初回限定生産) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 4,791
amazon.co.jpへ

【解説】
 「エルム街の悪夢3/惨劇の館」「ブロブ/宇宙からの不明物体」の脚本家F・ダラボンが、S・キングの短編小説『刑務所のリタ・ヘイワース』に惚れ抜いて作り上げた渾身の劇場監督デビュー作。妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。卓越した構成、隙の無い脚本、緩急自在の演出によって誕生した“刑務所”映画の新たなる傑作。奇妙な友情を育んでいくT・ロビンスとM・フリーマンの二人の芝居も素晴らしく、観終わった後の清々しさは忘れ難い。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[002]Aライフ・イズ・ビューティフル (1998)
[003]Aグラディエーター (2000)
[004]Aバック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)
[005]Aニュー・シネマ・パラダイス (1989)
[006]Aゴッドファーザー (1972)
[007]A羊たちの沈黙 (1990)
[008]Aシックス・センス (1999)
[009]Aスタンド・バイ・ミー (1986)
[010]Aスピード (1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
2322079 8.96
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ringoringo投稿日:2015-12-17 16:16:43
【ネタバレ注意】

鬱屈とした映像や心象がラストシーンで一気に、爽快な海岸で描かれる様により、心がふわっとします。

投稿者:ちっぷ投稿日:2015-10-07 07:01:28
キング作品の中で、最も秀逸。。キャストも制作についても100点の出来栄え。マイベストに数えられる作品です。
投稿者:ローランド投稿日:2015-06-17 10:58:00
  猊埀燭話かの頭上に舞い降りる、今回は私だった瓩函⊆分を無実の罪で終身刑にした原因の不倫のあげくに殺された妻を呪うこともなく、不運を観念したかのように、それでいて悲惨な現状を打破する努力を内に秘めている、一番初めに泣き出しそうに見られもした外見とは違って心に一本太く貫く信念のある人間、この主人公を演じたティム・ロビンソンの知的で穏やかながら不屈の根性を感じさせる表情が役柄に見事に嵌っています。  

  カタルシスを与えてもらえる箇所がいくつもあるし、忌まわしい過去とおさらばするために犁憶のない場所に住みたい瓩箸隆望が叶い友情が成熟するエンディングも良いし、さぞかしシナリオに念をいれたのだろうと思わせまして、それに画像も音楽もよいしと、さすがは評判高い作品だけのことはあります。  

  オペラのアリアを流して囚人みなが感激の面持ちで聴き入るところが非現実的なようだけど、長いことあの環境でいたなら音楽というものの持つ力はそのくらいの作用をするのかもしれないなって、ある映画にあった自由の大切さを説く言葉を思い出したりしましたが、長年その環境に慣れ親しんで自由になるのが怖く、出所後に首を括ってしまうことになる囚人もいる。  そのある映画にあった言葉とは「クリクリのいた夏」にあった犲由とは好きなように時間を使うことだ、何をし何をしないか自分で選び決めることである瓩箸いΔ里世韻鼻⊆由を与えられても自分で判断して決めることが苦痛だってこともあるってことでしょうか。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-07-16 02:59:53
脚本が一番良かった。
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-16 16:30:11
とても好きな作品です。
コメントの数に作品の立派さを感じます。
何度見ても細かいプロットに感心します。
出演者もとても魅力的です。特に
モーガン・フリーマンの語りは素晴らしいです。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-29 19:21:22
割と好きな作品。
投稿者:稀客投稿日:2013-05-16 17:51:08
梦想让你重获自由。
投稿者:gapper投稿日:2012-10-30 21:31:27
 推定予算2,500万ドル、総収益5,850万ドル。

 IMDbでの評価は9.3(2012/10/18)と余り見ない9点台だ。
 主人公アンディ役のティム・ロビンスは、余り主役と言う感じの俳優ではない。
 アンディは、ヒーローでもなく悪党でもない。 映画的には凡人キャラだ。
 その悲運のキャラクタにはティム・ロビンスは、まさに適役。

 刑務所が舞台の囚人物には、「終身犯 (1961)」と言う秀作がある。
 看守や所長の非道な扱いや囚人生活の中で希望を見出していくと言う部分は、共通する。

 20年と言う長い年月を表すのにリタ・ヘイワース、マリリン・モンロー、ラクエル・ウェルチと変化するポスターが表すと言う所など気が利いている。
 41分頃に署内で上映される映画は、リタ・ヘイワース主演の「ギルダ (1946)」で原作の『刑務所のリタ・ヘイワース』はここから来ていると思われる。
 ここからポスターが貼られる事になるのだが、ポスター注文時の台詞が後からかなり気の利いたものだったと判るようになっている。

 感動巨編としての評価が一般的には高いのだろうが、個人的には上記のような小技が気に入った。
投稿者:jb投稿日:2012-08-01 13:00:31
大絶賛とまではいかず。
投稿者:namurisu投稿日:2011-05-10 12:32:02
これだけ映画化されてて、良かった映画はこれだけ。
投稿者:パンダの王様投稿日:2011-03-01 11:57:02
良い作品です。
観終わった後爽快な気持ちにさせてくれる。悪いところなんてほとんど無い。
この映画を悪く言う中で「脱出があっさりし過ぎ」「この脱走劇は現実的でない」等の意見があるが、この映画の本質はそんな事とは関係無い。
しかし、、、皆が皆10点を付ける理由が分からない。
アカデミー賞にノミネートされただけあって、良作であることに間違いない。
本来ならば8点、観終わった直後ならば9点を付けるかも知れない作品である。
しかし、心を揺さぶる感動はそれほど大きくなく、後に残る印象もない。どこか、軽い。肉体労働の後のビールのように、軽い。旨い事に間違いはないんだけどね。
どのサイトにいっても本作は絶大な評価を得ている。
映画通で通している人も、本作を一番とする人が多い。
日本人は「タイタニックはゴミ」「ショーシャンクが最高」と言えば
映画通になった気分でいるとしか思えない。
皆が「最高」と言っているから、10点を付けているとしか思えない。
口コミとレビューにより作られた超名作ではないだろうか。
本作を非難する事自体が勇気を必要とするレベルになってしまっていると思う。
口コミやレビューによるデメリット部分が一番出てしまった作品だと思う。
投稿者:plumeria投稿日:2011-01-29 15:06:46
【ネタバレ注意】

どんな時も希望を持って、
前向きに生きていきたいと思った。

あきらめない。
継続する。
信頼される。

自分にしかないものってなんだろう。。。


希望は素晴らしい

何にも替え難い

希望は永遠の命だ


投稿者:のんたん投稿日:2011-01-08 23:37:05
よく出来ているお話でした。
有名な作品だけに最初は手が付けられなかったですが、
みなさんが絶賛する理由もわかりました。モーガンフリーマンありきかな、という感じは拭えませんが…。
退屈せずに見ることができましたね。
投稿者:まろいぬ投稿日:2010-12-26 21:21:04
この映画をベタ褒めする人いますけど、
大絶賛はおかしい。
もっとほかにいい映画はたくさんあります。



ほかを知らないんでしょう。

投稿者:BLADE投稿日:2010-11-14 11:04:12
前にWOWOWとかでやっていたときに、少しだけ見てた記憶がある。
そしてあれから10年ぐらいたち、やっと見た。
いやー面白い。
聞いた話ではビデオ化されてから、ずっと有名になり、評価されたとか。
当時の宣伝力もあったのか、公開時のヒットはあまりしなかったそうですね。

それにしても良い映画でした。
悪いやつらも、残忍なんだけど、あまり憎めない。
それだけ、皆いいものを見せているのだろう。

希望を捨ててはいけない、どんな状況にあっても、必ず道が開く。
久々に、良い映画に出会ったと思う。
投稿者:Normandie投稿日:2010-08-15 00:41:09
の数あるいい映画の中のひとつというだけです。
しかしこの映画の狂信的なファンにはぐったり。
「パピヨン」なんて見たことないのでしょうね。
投稿者:maaaaan投稿日:2010-06-24 21:07:33
お恥ずかしながら、オタマさんはこの映画見たことなかったのだぁ〜
OH〜NO〜

いやぁ〜、ただの脱獄の話でしょ・・・
なんって思っていたら・・・・
めちゃめちゃ感動しちゃいましたよぉ〜
ただの脱獄の話なんて言っててごめんなさぁ〜ぃvv

ジワジワ感動がこみ上げてきますねぇ〜
素晴らしい!!
投稿者:こじか投稿日:2010-04-11 23:43:18
無駄な抵抗と判っていても、この絶賛コメントの嵐に揉まれるのを躊躇する…。
最初に本作を挙げる"映画好き"に、わたしは正直心開けない…。
ごめんな。

映画としてはほんと良くできてると思う。
投稿者:IDU投稿日:2009-09-22 00:04:52
いいよね
投稿者:uptail投稿日:2009-05-26 10:32:51
演出:8
演技:9
脚本:9
音響:8
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-26 01:21:54
初めて観た時も物凄く感動したが、時間が経って更にじんわりとこの映画の良さが染みてくる。
何度見ても心温かくなる文句なしでいい映画。
投稿者:ケイX投稿日:2009-01-08 20:09:03
エンディングでやはり私の中でもナンバー1映画です。何故この映画でモーガンフリーマンがオスカーを受賞出来なかったのか不思議です。他に2本、マジェスティックとグリーンマイル(ミストは・・・)は泣かせようという演出が目立ちましたが、この映画はモーガンフリーマンのナレーション効果もあって温かみのある感動を生んでいます。
投稿者:ucarxsozeallmovie投稿日:2008-10-13 01:34:28
かなり有名だから先入観なしに観たんだけど、やられた。
こんなにある意味で退屈しない映画は、今では少ない。
最初は主人公の絶望の刑務所送りで始まり、そこでいろんな人と会い段々と慣れていく。そして何年もが過ぎていくけど、でもまだ諦めてなかったんだよね。

モーガン・フリーマンの存在はかなり大きかったと思うし、彼じゃなかったらあの役は務まらなかったと思う。
これこそ真の感動が心から湧き出る最高の映画。

皆が絶賛するからこの映画が凄いんじゃなくて、この映画が凄いから皆が絶賛するんだよ。集団心理とか関係ない。
一部の評価だけど、この映画のどこがつまらないのか。俺には全く理解ができない。というか信じられない。
投稿者:ひめ投稿日:2008-10-07 09:56:32
とても重い内容なのですが、
主人公の行動にはとても、生きていくにおける大切な事を教わった
気がします。

ストーリーもとても良いです。
後半からラストにかけてのあの興奮と感動はかなり爽快です。
俳優陣の演技も良い!
投稿者:tenten投稿日:2008-06-27 00:43:02
英語がある程度分かる人は字幕でもいいので英語で見ることを強く薦めます。モーガン・フリーマンの声がとても魅力的というのもありますが、日本語表現では以下2つの繋がりを見出すのは難しいかと思います。

レッドは映画の途中、hope(希望)を求めるアンディーに対して、

\'\'Hope\'\' is a dangerous thing.

など批判の言葉を並べて、怒って退席してしまいます。
そのレッドが最後アンディーに会いに行くときの言葉はこんな感じ

I hope I can make it across the border.
I hope to see my friend and shake his hand.
I hope the Pacific is as blue as it has been in my dreams.
I hope ...

2回目に観たときこのセリフに気づき新たな感動を覚えました。



またこれはストーリーとは全く関係ありませんが、レッド役のモーガン・フリーマン(Morgan Freeman)の「Freeman」が彼がセリフの中に含まれていることにも面白味を感じます。

I think it is the excitement only a free man can feel ─── a free man at the start of a long journey whose conclusion is uncertain.

これもバスに乗ってアンディーに会いに行くシーンのセリフです。
投稿者:ワタル投稿日:2008-04-04 21:09:44
なんでこんなにいい映画がアカデミー賞とれないんだ
その年の作品賞のフォレストガンプよりもずっと面白いぞ
投稿者:Ddream投稿日:2008-03-01 20:11:57
今、公開から長い年月が経ってますが、本当に

今見ても、いい映画です。感動!!!
投稿者:F-film投稿日:2007-12-07 03:04:13
友達に勧められてみました。高評価もうなずける作品!ストーリーの緻密さと見終わったときの爽快感がほんとによかった。
好きな人とそうでない人にわかれる作品ではあると思います。ですが一度はみてもらいたい!そう思いました。
個人的にはエンディングが残念。見る側に想像する余地がある終わりかたをして欲しかった・・・
投稿者:きゃる投稿日:2007-12-02 14:36:37
「運」は人生を大きく左右する。しかし、人生を切り開くのは、やはり自分自身。
だから、希望を捨てるな。支えあって、信じて、精いっぱい生きていこう!
…、こんなベタなストーリーが、私は大好きです。
投稿者:nanako投稿日:2007-09-05 14:11:59
久々に、また観ました。
やはり、時間を忘れて引き込まれました。
何も罪は犯していないのに、全てを失い、
どん底の逆境の中にいながらも、
冷静に、そして希望を持って生きていくアンディの逞しさ、優しさ、
人間としての大きさに感動しました。
普通なら、妻に裏切られ、地獄に落とされたのなら、
妻を恨んでもおかしくないのに、
自分が妻を殺したようなものだ・・と反省するその謙虚な気持ち・・・。
また、仲間へのおもいやり・・・。
そんな素晴らしい人が、無実の罪で20年も服役するなんて、
冤罪って恐ろしいですね・・・。
その20年は、戻ってこないけれど、
せめてもラストが笑顔で、
さわやかで、夢がかなって良かった・・。
希望を持って強く生きれば・・その大切さを教えてくれました。

投稿者:joy投稿日:2007-06-11 23:21:14
初めてこの映画を観たのは6年前で、そのときの担任の先生に進められました。観る人によって感じ方は違うと思います。私の場合には、そのころはまだ17歳と少し幼かったにもかかわらず人生について考えさせられました。最近ふとレンタルショップで目に入り、もう一度観ることに。哲学っぽいですが人が生きるってことはとても難しいですよね。最近私生活で少し落ち込んでいたんですが、前向きに生きる主人公に自分の理想像を見出しました。人間の暖かさと厳しさを教えてくれる本当に奥の深い作品です。評価が高いのもうなずけます。
投稿者:れんた投稿日:2007-06-03 01:59:41
うーん私もこれを高校生の時にみたのですが、記憶にすら残らない映画
でした。別に感動も面白みも無く、ふーんっていう感じの映画です。
特に見所もありませんでした。普通の映画です。

何故このように評価が高いのか理解不能。たぶん。他の人が皆良いって
言ってるから、自分も何となくいいって評価してるだけだと思います。
集団心理って怖いですね。もっと面白い映画は他にたくさんあります。
投稿者:william投稿日:2007-05-25 22:07:22
中学生の時に初めて見た時に、甚く感動した。子供も、大人も、そして誰もが一重に感動して清々しい気分になれる映画と言うのは、この映画以外にあるだろうか。
ストーリーが単調極まり無いと批判される事もあるが、たかだか数十ページ足らずの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」をここまで感動できる長編映画に仕上げたフランク・ダラボンの力量は称賛に値する。
投稿者:yu-saku投稿日:2007-04-22 23:38:38
『映画ってエンディングが大切★』それを教えてくれた作品です!
あの引きの140分ほどのドラマに清清しく心地よい風を吹き込んだ、そんな印象です。
希望って美しいものですね!!
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2007-04-07 19:17:19
こんなに素晴らしい映画なのにナゼノミネートで終わってるのか・・・
これほど爽快な気分で観終わる映画は他に無い。
大好きです。
投稿者:BONNE投稿日:2007-03-25 21:16:08
評をず〜と読み下ってみた。
辛口批評がひとつあったが、あとは全部称賛しているものばかりだ。
なんでだ、こんなつまらない映画に。
一本調子で退屈きわまりない。
投稿者:kopi投稿日:2007-03-25 19:35:58
アンディにしわができ白髪が生えてくる。・・・。
ハッピーエンドはもうありえない・・・。


・・・と思っている状況でのすがすがしく究極のハッピーエンド!アンディだけではなくレッド (エリス・ボイド)にとってもハッピーエンド。気持ちが晴れやかになる映画。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-19 23:49:06
地味に何年もかけて、嵐の中を脱獄し自由になった時の爽快感がくせになるんだな。
忘れられない映画。最高。
投稿者:mirei投稿日:2007-02-02 05:01:55
勿論ハッピーエンドなんだけど、その表現がワビサビきいててヒジョーに良い。
ふんわりとしていながら、力強く幸福感にひたらせてくれます。
やり場の無い境遇にいる中年諸君(そう言う私もその一人)、
この映画を見て、歯を食い縛って生きて行こう!
投稿者:goodfilm投稿日:2007-01-30 12:48:07
【ネタバレ注意】

モーガン・フリーマン演技うまいっす。二回見たかな、この映画。
拳銃が引き出しにあるなんてガーン、所長が口の中に入れる様はこれぞアメリカ。
別の刑務所には移らずに、ライフルで射殺されてしまう囚人なんてガーン。
有名人じゃなくても悪役はごろごろいるアメリカ、その人たちはちゃんと映画を作り見栄えもする。その悪役に対して腹が立っている時点で、あなたはもう制作者の術中にはまっている。
ティムとモーガンの演技で大人の別れをうまく表現している、ラストの手前のシーン。感動っす。
広大なアメリカゆえ、あれでもほんとうに逃げきれる。だから、あの設定なのか!?日本だと、どう!?

投稿者:marty投稿日:2007-01-21 23:07:26
ちょっと過大評価されすぎのようですね。スティーヴンキングはこんな作品も書くんですね。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-12-31 10:52:37
よくできた映画だとは思うんですけどね。

原作の「刑務所のリタ・ヘイワース」はもう何十回か読み返してるぐらい
大好きで(文庫本読みつぶして買いなおした)、最高の形で映画化された
とは思うんですけど、どうしても「原作と違うところ」が引っかかっちゃう
わけですよ。
原作のレッドは白人だし、アンディは「女房と間男を射殺してても不思議
じゃない」と陪審員に思わせる雰囲気の元銀行家。眼鏡かけた華奢な小男。
このアンディが、過酷な刑務所でも飄々として希望を失わないのが素晴ら
しいのに、なぜ映画では泣き虫の子供面でしかも大男のティム・ロビンス??
排水管につっかえるだろ・・・

映画と原作は別物だし、先入観とか思い込みなしで観るべきだとわかっては
いるんですが、どうしても引っかかって乗れない。本当に残念。
 
投稿者:赤い彗星シャア投稿日:2006-12-04 18:51:21
グリーン・マイルも泣けましたが、フランク・ダラボン監督の最高傑作と言えば「ショーシャンクの空に」ですよね?10人に聞いて8人〜9人が良い映画と言う作品はめったにない!
 「あきらめないことの重要性」を教えてもらいました。
投稿者:Rubber Duck投稿日:2006-11-17 00:44:31
【ネタバレ注意】

何度も見て下さい
きっとあなたの座右の映画になります

希望を持つこと
目標を持つこと
計画すること
準備すること
それを遂行できる自分になること
計画を実行すること
続けること
あきらめないこと
困難に打ち勝つこと
耐えること
考えること、考え抜くこと
口を閉じること
地道にコツコツ積み上げること

頭でっかちで、口ばかり達者で、根拠の無い自信過剰が如何に虚無か

人から、環境から与えられたものは如何に空虚で
与える側の都合で自由勝手に奪い去られるものか

騙す、奪い取る、横取りする、割り込む、人を貶める、
差別する、支配する、善人を装う、揚げ足を取る、策を弄する、
そんな生き様がいかに無様で惨めで孤独か

自分の手で、自分の力で積み上げたもの、そして
成し遂げることの価値
力を合わせる価値
合わせる仲間にいられる価値
将来をともに歩もうと思える友を得る価値
そういう自分になるプロセスを自分に課す価値

たぶん最初は爽快感を、
2回目は達成することの価値を、
3回目以降は自分自身への励ましを、
無限に受け取れる作品です。

しんどいときは、深呼吸して
Pressure and time.
と呪文を唱えて下さい。

投稿者:りょうツ投稿日:2006-09-15 17:38:28
最高の作品!
投稿者:あっきー投稿日:2006-09-04 00:09:16
これは名作です!!とにかく、作品全体の映画構成、脚本が本当にすばらしいのです!!
所々入るモーガン・フリーマンのナレーションも良い味をだしています!
143分という上映時間もまったく気にはなりませんし
この作品を観終わった後の清々しさは、表現しづらいですので
観てない方は是非鑑賞してみてください!!

↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!
http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:とうもろこし投稿日:2005-12-30 13:32:16
ティム・ロビンスは適役だ〜。あのボケーとしたような顔で実は大きなことを企んでいたなんて、誰が想像ついただろうかぁ〜〜!!
投稿者:karinbar投稿日:2005-11-21 03:42:48
パピヨン、皆知らないの?
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-10-28 12:59:53
感動ですね。
投稿者:kg381i投稿日:2005-10-01 10:34:04
DVDなど殆ど買ったことがありませんが、この映画だけは別格です。10周年記念メモリアルボックスを買いました。何を言えば、あのブリキの箱はそのまま縮尺にしてて欲しかったですね。
無人島に流されたとき、もって行きたいただ1本の映画は? と聞かれたら胸を張って答えます。「ショーシャンクの空に」!!!!
自分の人生で、この映画に出会えた事を感謝します。
投稿者:bond投稿日:2005-08-24 12:51:43
が強ければ強い程、復習感もスカッとする。
投稿者:irony投稿日:2005-08-19 02:52:07
 監督のフランク・ダラボンの友人でエージェントだった方で、映画完成直前にお亡くなりになったそうです。
 作品の良さは皆さんがおっしゃってるので何も言うまい。敢えて言わせて貰うと、モーガンが仮釈放違反を犯してまでティムに会いに行こうとするのだが、モーガンが「こんな年寄りは追うまい」と”希望的観測”があるのがいいね、ほんとどうなるか判らないのに。この作品を見るといつも思い出すのは、藤谷美紀が主演の戦時物のTVドラマ(タイトル忘れたけど)藤谷美紀が戦時中で確か疎開する途中で歌を歌うんだが、それを先生かなんかに嗜められるだよね、日本国民全員お国の為に命をかけて戦ってるのにお気楽に歌を歌うとは何事だって。彼女はこう答えるんだよね、「こんな時代でも希望を持ちたい、歌えば心に希望が持てると。」全体のストーリーは、もう覚えて無いけど、何かこの映画と通じる物があったような気がする。誰かこの作品見てたら教えて!このサイトで探しても見つからない。昔みたいに「テレビ探偵団」があったらな〜(笑)またやってくれないかな。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-07-18 15:09:23
【ネタバレ注意】

何故、この映画が好きな映画ファンが多いのか?それは、ある意味ファンタジーだから…と僕は思う(後、手放しに褒めても馬鹿にされる事が少ない評価の高さ)。…故に、何であれは…とか、あれがあんな筈ない、とか、重箱の隅を穿る様な考察は無意味…であると思う。
切り取って飾っておけそうなぐらい素晴らしい映像。刑務所の建物に入るところから…これは良いね。そして人間の感情に訴えかけるストーリー。あれがあんな筈じゃない、ってのはそうかも知れないが、本作で感情を揺さぶられないのは…冷めて観すぎ。皆で馬鹿になろうよ。泣きながら雨に打たれようよ。世の中明るくて平和だ。
…脱走と偽って囚人を殺害し、刑務所に入って悪くなった(環境に適合した生き方を覚えた?)ティム・ロビンスを飼い殺しにする“愚純じゃない”所長を追い込んで、華麗に消えて見せるってのはファンタジーとしてもポイントが高い。フラッシュバックはアレだが…あの下水で、えずくのがまた生々しい。(奇跡の脱出…か?)
ティム・ロビンスは、その風貌といい、形だけで既に素晴らしい。(勿論演技も…“隣人は静かに笑う”や“ミスティック・リバー”も、本作のファンには「絶対」お勧めはしない(むしろ観るなと言いたい)が素晴らしいね。)
出演者達の好演、ストーリーの面白さ、そして余計な事を考えず、そのストーリーが訴えかけるものに感情を委ねよう。この映画の正しい楽しみ方である、と思う。
実際は…夢だろうが…夢を楽しむのも人間の特徴ではないか。
そして缶に詰まっていたものは…友情か…まぁ、人によってはヘドが出るかもだ(僕的にはOKだ)。
映画が大衆に向けられた商業芸術である限り、本作は間違いなく名作である、と言い切ってしまおう。(無駄なコメントでは(多分)ないだろ?〜どこかには似通った変な感性の人間もいるだろうが…)

投稿者:通りすがリーマン投稿日:2005-05-25 08:14:31
初見以来10年ぶりに見たけど、やはり良い映画である。
10人中8、9人が絶賛する映画もそうないだろう。
もう今さら僕が何か書くのも無駄なぐらい言い尽くされて
いるようだ。
そこで、恐らくまだ誰も書いていないことを書こう。
ティム・ロビンスは俳優としてどうだろう?背が高い以外に
何も特徴のない人だと思う。僕は昔から大根だと思っている。
出演より制作側のほうが似合うと・・。本作の主演を他の
俳優にやらせてみたかった。主演のキャスティング次第では
オスカーだって取れたかも知れない。
と思うのは僕だけだろうか? 僕だけです orz

PS:
あ、MフリーマンとBガントンが凄く良かったので
まだ救われてますが。
投稿者:mickey投稿日:2005-05-14 19:01:54
↓yuikoさんの「アンディは脱獄する時囚人服を脱ぐんですが、いつの間にかまた着てますね」って、あれはワイシャツを囚人服の下に隠し着て房に戻り、消灯になった時に中に着ていたワイシャツを脱いで袋に入れ、また囚人服を着て脱獄したんじゃないですか? うろ覚えですが。 まさかワイシャツ着て(持って)帳簿をつけていた部屋から房には戻れませんからね。
投稿者:趣味の瞬間投稿日:2005-05-12 18:23:47
【ネタバレ注意】

映画を観るようになる切っ掛けを作ってくれた作品です。
この爽快感を越える映画に出逢いたい…と思い、映画館に足を運んでいます。

投稿者:ジャニー投稿日:2005-04-14 01:02:12
爽快感がある。綿密なストーリー展開。初めて見たときは衝撃的だった。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 11:48:42
みんな好きですよね。
投稿者:takes投稿日:2005-04-05 07:03:39
すばらしいの一言。自分が過去に10点をつけた「グラディエーター」さえ足下にも及ばないと感じるくらいだ。ホント、こんなにすばらしい映画見たのは初めて。なんでオスカー取らなかったんだろ?
投稿者:一ノ瀬カイ投稿日:2005-03-11 13:22:18
なぜか見てしまう不思議な映画ですね。
レオンもそうですが、ラストでなんともいえない空気にさせる映画は日本人好みなのかな〜と

説明は野暮かと、とにかく一回と言わず何度でも見てほしい映画です。

フランクダラボン監督はこの後マジェスティック、グリーンマイルと同じような内容の映画を撮り続けてますが、完全にショーシャ〜にとりつかれてますね、これを超えるのは難しい!

ところで広告会社様?パッケージに書いてある(そして最後に奇跡がおこる!)みたいな見出しはなんですか?別に奇跡は起こってないかと思われますが^^;
広告会社様に裏切られた事は1000じゃたりませんね。
あぁここで全てぶちまけてしまいたいっ!
投稿者:メタ投稿日:2005-02-14 18:56:08
この映画は、ストーリーもいいけど特にキャストがよかった。みんないい
演技してた。(ティム・ロビンスはすごくうまい)
投稿者:しんくん投稿日:2005-02-12 16:14:37
この映画好きですよ。ストーリーも演出も役者も。
ただ、エンディングが・・・。想像の余地が欲しかった。私にとっては蛇足でしかありませんでした。劇場でかなりがっかりした覚えがあります。
いい映画なんだけど、そこだけ気になる。
投稿者:yuiko投稿日:2005-01-24 14:47:42
久しぶりに「ショーシャンク」を見直しました。やっぱ良いですね。
最後、レッドがアンディーのところに出かけてゆくが、バスに乗ったとこまでは事実だけど、この旅の結論は分らない、って言ってますね。ただ、国境を越えてアンディと会えれば良いな、太平洋が青ければ良いなと。ってことは、映画のラストシーン、白い砂浜で二人が出会うのは、事実ではなく、夢想なのか。ただ、hopeを信じれば、夢想と現実との区別はもはや存在しないということか。これ、原作ではどうなってるんでしょう。

20年でも30年でも希望を持ち続けること、その間、どんなに理不尽なことがあっても、この世に生れたということを受け入れるように、受け容れること。ただ甘んじて受け入れるのではなく、闘いつつ受け容れること。そういう受け入れる力を自分の中に培うこと。。。。とにかく、救われる映画です。

一つ疑問。アンディは脱獄する時囚人服を脱ぐんですが、いつの間にかまた着てますね。あれどうなってるんでしょう?


投稿者:Megamouth投稿日:2005-01-04 22:51:39
【ネタバレ注意】

某CDショップのテイクフリーのマガジンに、「○○堂のスタッフが自信を持ってお勧めする本当に良質な映画〜〜」と書いてあった。本当に何の文句もなく感動できる傑作だと思います。↑新星堂さんの「DVDパーク」です。

投稿者:puri投稿日:2005-01-02 00:50:01
夢広がりんぐwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
投稿者:たいまる投稿日:2004-12-13 02:56:12
【ネタバレ注意】

聖書にハンマーを隠していたのに、なぜ所長は重さで気づかなかった?
という疑問が出ていますが、
それまでは掘った穴の中に入れておいて、
所長に「確かに救いはこの中に」と見せつけるために
脱獄する時に聖書の中に入れたのではないでしょうか?

…と推理してみましたが、実は私も、今さっきまでずっと
聖書の中に隠していたと思いこんでいました。
もちろん真実はわかりませんが。

投稿者:PECO投稿日:2004-11-11 21:48:51
10年前に録画して最近見た。もっと早く見ればよかった。好きな映画のベスト10には入ります。面白い!
投稿者:メガマウス投稿日:2004-10-03 14:53:14
見て良かった。しかもDVDは今年の三月で生産終了したらしい。なので今は店頭の在庫のみです。この映画を見終わったときとても気持ち良かった!悩み事を吹っ飛んでしまいました。スカッとします。名作です。
投稿者:ginねこ投稿日:2004-09-26 08:02:44
この作品は、不思議な事に何度観ても飽きないのです。私は、この10年間に8回程観ました。1回目はストーリーを、2回目は伏線を、3回目は言葉の一つ一つを噛締める様に、4回目以降は、もうサプリ的感覚で観ています。

観るたびに、その時の自分の状態に合わせた「何か」を発見できる。
「何度でも楽しめる映画」の内の1つです。

レッドが木箱を探して歩くシーンで、黄金色の野原に細かな虫が舞っている1カットが好き。


投稿者:kenn 投稿日:2004-08-28 02:31:14
【ネタバレ注意】

ごめんなさい。感動のあのパッケージのシーンが、
青明るすぎて。
原作を読んでるから、物語を追わなすぎたんですかね。
青明るいよりは、漆黒の方がと、そこまで青明るいかと、そこで切れてしまいました。

投稿者:jyunn投稿日:2004-07-02 23:19:18
【ネタバレ注意】

とにかく面白い映画。ストーリー全体も好きですが、刑務所内での生活の要所要所が面白かった。デュフレーンが持ち前の人間性で徐々に居場所を作っていく過程が特に良かった。そして最後のどんでん返し、なんとなくわかってはいても、また、何度見てわかっていてもその爽快さがうすれるわけではありませんでした。わたしは、デュフレーンが図書を増やすために手紙を書き続けたり、それが功を奏して作られた図書館で囚人たちが思い思いに本を読んだり、音楽を聞いているシーン、また、届いたレコードを刑務所内いっぱいに響かせるところが大好きです。細部まで手抜きがなく、二時間半を長いと思わせずに見せる。好きです。

投稿者:さち投稿日:2004-06-14 06:28:16
最高の映画の一つだと思う
いい土臭さがあるえいが
投稿者:オメガ投稿日:2004-05-05 12:01:16
ストーリーが特に凝っているわけでもなく、かといって単調でもない。
アンディとボイドの時折見せる会話ややりとりが印象深い。囚人仲間も
地味ながら存在感あり。ボイドが仮出所してからラストまでのシーンには
なんとも言えない空気が流れ感動を覚える。
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-03-25 19:23:46
【ネタバレ注意】

いい映画だと思う。ラストはほんとにすがすがしい気分になった。
ラスト前までは、アンディが心配で、まさにレッドの心境でした。
ブルックスが自殺した時はものすごく哀しかった。
だけどアンディは『必死に生きる』ことを選んだ。
あんなにがんばって生きていくところを観ると、ほんとに勇気付けられる。
『希望』を忘れないアンディがとても眩しかったです!

投稿者:またーり投稿日:2004-02-23 23:34:20
 すばらしい映画でいつみても感動するのだが
いつ見ても

ア レ ン グ リ ー ン っ て 誰 だ

と思う
だれか教えて
投稿者:pinny投稿日:2004-01-09 16:38:49
迷ってる時、希望を失いそうな時に、観たくなる不思議な魅力のある映画です!
Mフリーマン素敵。
投稿者:tak投稿日:2004-01-04 17:37:08
【ネタバレ注意】

とてもよい映画です。ただ一点どうしても腑に落ちないのは、脱獄した際に穴を塞いだあのポスター。穴の中からどうやって貼ったんでしょうね?

投稿者:milkcake投稿日:2003-12-05 23:01:28
原作の方は大好きなんですけど、映画の方はうまく出来すぎていて
ちょっと違和感を感じました。映画のアンディはいい人過ぎるし、
わざと感動させようとするシーンも大げさすぎて、逆に冷めた眼で
見てしまいました。
投稿者:たー投稿日:2003-10-05 15:44:00
2週間前に見たはずなのにまた借りてしまった・・・。 
これは映画の力か?
投稿者:yuka投稿日:2003-09-08 16:06:25
初めて見た時、すごく驚かされました。
すばらしい!
二回目は、謎解きしながら見直しました。
なかなか!
三回目は、むむむ…
つまらないかも。

原作者の発想勝ちの映画ではないでしょうか。
映画作品としては、案外普通なのかも。
投稿者:ふじこ投稿日:2003-08-23 21:37:22
見終わってすがすがしい気持ちになりました。長く感じなかった。モーガンフリーマンうまいなー。
投稿者:びびぶ投稿日:2003-06-30 15:03:27
レッドはバクストンを知っていたので残る地名はたった一つ、シウアタネホ。
それから二人が再会するまで、わずか一年・・・
投稿者:いもこ投稿日:2003-06-26 08:11:20
とても楽しめたし面白い作品だと思う。

ただこの作品を神聖視しているような映画ファンがたくさんいるのが気になりました。特に他の作品をけなす目的でこの作品の名前を挙げる人が過去にも見られたのだけれど、どうしてかな? 
某戦争映画と本作を比べたり、バイオレンス作品と本作を比べるのは観る角度が違うし、比べることでこの作品が素晴らしさの宣伝にはならない。
後自分という人間の持つ感性が良いという指標にもならないです。これはこれ。あれはあれ。この作品をベストに挙げるのはいいのだけれどそれを人に押しつけるような事をしてはこの作品にも悪い。面白かった、よかった、でいいと思いますよ。

特に若い世代の人にはこの作品はバイブルのようですね。サスペンスと友情と正義と・・・色々な娯楽映画の要素が詰まっているからでしょうね。勧善懲悪ものとしても楽しめて観賞後、心が洗われるような清々しさがいいのでしょう。テレビ世代の若い人達が映画館で映画を観るきっかけになってくれればいいなと思います。
いい作品ですね。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-06-15 01:28:50
みんな良い評価してるから面白いかと思ってました。
良い映画だとは思うんです。
多分こんな人はほとんどいないと思うんですが、
個人的に『長い』と感じました。
もう少し短ければ僕の好きな映画のベスト5に入ってたかもしれない。
長い映画が苦手な僕にとっては、ものすごく惜しい作品でした。
投稿者:akira1978投稿日:2003-06-04 06:40:48
【ネタバレ注意】

 撮影と音楽が美しくとても口当たりが良い上、刑務所の建築も大変センスが良く好感が持てる。だが素直に感動してはいられない。
 金勘定を武器に汚い刑務所に負けないくらいしたたかに狡猾に生き抜いた男の話、例えば今村監督がこのように描いてくれれば面白かったのかもしれないが、冷酷な刑務所を一人の男が不思議な魅力で癒していく!?私は刑務所に入ったことがないから断言できないが「フィガロの結婚」を聞いて囚人全員が「ジーン」と聞き入っているとは思えない。「刑務所は甘いところではありません」と男色レイプ魔ボグス一人に代表させたようだが、彼一人がいなくなって凶悪な囚人は一人もいなくなってしまった。こんな話をのんきに楽しめるほど善良な人間はいまい。またボグスが排除されたのはアンディが重宝しそうだったからだが、世界を変えていくのは法をかいくぐる金勘定に長けたものだけで後は用無しということか。事実であるかもしれないが、それを表現するならば別のやりかたがあるだろう。一人で抜け抜けと脱獄したアンディを皆が称える!?これほど巨大な数々の嘘偽りの中で、エリスがアンディに教えられた全ての地名をかなりの年月暗記していたこと、たったあれだけの情報で目標に辿りつく都合の良さなどなど指摘するのもバカらしい。「木の下に埋められているのが妻を撃ち殺したアンディの銃であれば」と最後の救いを願ったがそれも叶わず、しかし代わりに翌年ティム・ロビンスが『デッドマン・ウォーキング』でオチに使ってくれた。
 輝く太陽のもと、高級ホテルのプールサイドで女をはべらせテキーラと葉巻を楽しむアンディとエリス。いっそのこと『ワイルド・アット・ハート』のような、観る者の度胆を抜く超ド級のハッピーエンドに仕立て上げ「ぜーんぶ冗談ですよ」といってくれれば(「走れメロス」の「真っ赤な」マント!)これほど怒らずにすんだろうが、ここにきたとたん何故か現実感を取り戻し、しみったれたラストとなってしまった。偽善は許せない。

投稿者:momomomamo投稿日:2003-04-22 23:27:13
見終えた後で、なんだかすがすがしい気分になりました☆
投稿者:パピーさん投稿日:2003-03-28 10:19:56
終盤の仮釈放になるかならないかでモーガン・フリーマンが所長への質問に返答する場面がどすんと着ました。質問を把握していない人物が相手の返事を理解できるわけが無い。質問された側が理解していれば尚、ワタクシの一番心に届いたのがその返事の内容でした。アンディが薄い感じがするのでもうちっとどうにかして欲しかった気も。おすぃい作品。イライラ

投稿者:とっくん投稿日:2003-03-21 17:11:11
やっぱりこの映画が一番好きです
ここのサイトに来たのは最近なのですが、ランキングを見てうれしかった
他の映画の批評を見ても、ここまでみんなが「良い映画」と答えているのはこの映画ぐらいだ!
個人的には、屋上でビールを飲むところと、音楽を流すところが大好きです
ほんとまだまだ良い場面がいっぱいあって、書き尽くせない!
他にもこのくらい良い映画があったら教えてほしいです
投稿者:おうま投稿日:2003-03-09 10:07:05
知人から勧められてビデオを借りましたが、納得。
Tim Robbinsが少し陰がある物事に動じない主人公を
とても魅力的に演じてました。Freemanもよかったですが、
なんで男優賞ノミネートなんでしょう?助演じゃないの?
Freemanのナレーションで描かれてましたが、彼が主人公
扱いなんでしょうか?ちょっと不思議。
いずれにせよ、脚色賞にもノミネートされただけあって、
セリフ、ナレーション、実に無駄がなく、上手い構成でした。
ラストが気持ちよく終わる作品はやはり後味がいいですね!http://hoppingmax.com
投稿者:cyborg投稿日:2003-01-17 00:47:06
【ネタバレ注意】

ホントに感動した。いい映画。 でも、所長さんとティム・ロビンス、身長が全然違うのにスーツはピッタリ・フィット。なぜかしら? アンディが自分用にあつらえ直したのかな!?  あと、所々クリント・イーストウッドの「アルカトラズからの脱出」で見たようなシーンが・・・。 ま、いっか面白いから。

投稿者:quadrant投稿日:2002-12-29 15:09:59
・・大人気ですね。まぁ、しょうがないかと。
面白いもの、これ。
10点。俺もカマ掘られるのは絶対嫌です。
投稿者:michan0829投稿日:2002-11-17 23:23:05
安心して人に薦めることが出来る秀作。
今までいろんな人に無理やりみせたが、不評を買った事はない。

90年代ナンバーワン米映画だと思う。
悲しいかな,フランク・ダラボンのその後の作品はこれに遠く及ばない。
投稿者:SummerMoon投稿日:2002-11-17 20:47:00
夢と希望を持っているアンディはそれを遂行させたことに拍手喝采したい。展開は淡々としているように見えるが、実に、波乱に富んだストーリー。見終わったときは、幸福な気分になった。実に、映画を見ていたときは、主人公と同じに心境になっていた。http://www23.tok2.com/home/sonei/
投稿者:Epsiron投稿日:2002-10-16 20:17:59
【ネタバレ注意】

語り部 レッドの内容には、あっさり聞き流してしまいがちだが、
重大な 間違いがある。
アンディーは1947年に入所して 1966年に脱走したなら
19年間の滞在になる。
レッドは最後に「19年で(穴掘りを)やり遂げた」と解説したが、
ハンマーを入手し、アンディーの「A」を壁に彫ったのは 入所2年後の
1949年以降、1枚目のポスターが届いてから本格的に彫り始めたと
思われるので、少なくとも17年で貫通させた事になる。
ハンマーを調達したのは レッド本人なので、彼の 計算間違いは明白だと。

あと ハンマーを入手した直後の 保存場所に 聖書の中を選んだのは
頭の良いアンディーの妙策。しかし、抜き打ち独房検査の時は 既に
ポスターが 張られていて、恐らく その後ろには 掘り始めていた 穴が
あったはずなのに、わざわざ危険の大きい 聖書の中に 入れなくても、
穴の奥に 物置代わりに 入れておけば 良かったのではないか。
図書館 司書なら 別の聖書を 入手するのは容易だったはずで、
くり抜いた 危険な本を 持ち続けてるのは 緻密な アンディーらしくない。
100歩 譲って、抜き打ち検査の時は まだ 穴を掘り始めていなかった
としましょう。 すると 17年より もっと 短い期間で 掘った可能性が
強くなり、ますます レッドの 解説は 遠のきましょう。

だからと言って 決して この作品が 色あせたりはしない。
むしろ テンポを考えたら「19年」と言った方が 万人に わかりやすい。
これは「人生の縮図」といっていい 密度の濃い名作だと思うし、
何年か経って人生経験積んで、もっと世間を知ってから
また ぜひ観るつもりです。

投稿者:シャッフル投稿日:2002-09-19 12:21:31
【ネタバレ注意】

ストーリー、展開どれをとっても実にハイレベル。2時間30分という長さも気にならないほど、映画にのめり込みました。ラストの再会のシーンは映画史に残る名場面じゃないでしょうか。観終わった後の爽快感は、他の映画の追随を許しません。

投稿者:篭瀬山投稿日:2002-09-11 20:43:23
自由と正義の両方を求めていたはずのアンディが、どちらかというと自由さえ手にすれば正義はどうでもいいかのように見えてしまうのは、確かに原作にもあった欠点かもしれない。もう一つは、彼のコツコツ積み上げた努力があまり説明されないため、他者を出し抜いたように見えてしまうこと。それらにもかかわらず多数の方に感動を与えているのだから、私めから言うことなど確かに何もないさ。
投稿者:みんつ投稿日:2002-09-09 18:51:52
昔兄がビデオを借りてきて何も知らずに見た。最初はただ何となく寝転がって見てて刑務所の残酷なだけの話かと思ってウワァきっついなぁ〜と思うばかりだったのに後半は跳ね起きてゲー!!!マジかよ!?ヤラレタ!!Σ( ̄ロ ̄|||)ってカンジでした。ショーシャンク最高。他に何を言えばいいのさ。
投稿者:wayu投稿日:2002-08-27 23:53:41
刑務所という、私にとってはみたことも体験したこともない
環境で繰り広げられるドラマであるというのに、
どうしてこう熱くなれるのだろうか。

映画の真髄は、ここにありますよね。
投稿者:NaNiYaTsu投稿日:2002-08-21 10:51:00
 始めてみた時は、「脱獄映画ね。うん。見事な脱出です。全体の雰囲気もいい感じだし。評判どおりいい映画っすね。」って感じで、まだ全くこの映画を理解してませんでした。2回目に見てはじめて、ああ、この映画のテーマは「希望」なんだ。って感じることが出来ました。3回目に見たときに、はじめて涙が出ました。4回目に見たときは、ああ、この刑務所は、いま俺が生活している世界そのものなんだな。と感じました。この映画はその後も何回も見ました。きっと、人はみんなそれぞれ自分が作った刑務所の中に生きている。自分の希望を信じて、状況に挫けずに、塵が積もるようにゆっくりそして確実に我が道を行けば、いつかきっと檻から抜け出せるのかな? と、「希望」をもたせてくれる映画です。俺にとっては見る度に、違ったメッセージを届けてくれる映画でもあります。 この映画見てよかった!!!
投稿者:かなこ投稿日:2002-08-15 11:53:56
私はつい最近見たのですがもうあまりの感動に
周りの友達やネットでの友達に「すごくいいよ!」
ってすすめたんですけど全然話題にならなかった映画だからでしょうか・・・
誰も見てくれてない!!!!><

こんなすばらしい映画があるっていうのに!!!
バト●ワなんていう糞映画が一番感動したなんて言っている
友達にほんとに見て欲しい!
143分もあるのに一度も飽きることがなく見られる映画は
これだけでなはいだろうか? 
たいていどんな面白い映画も途中だれるもの。
とにかく、見てない人は損してるよ!
って位にすばらしい映画。
原作も読んでみたい。
投稿者:とおなのか投稿日:2002-08-06 18:20:33
何もかもうまく行っておらず,落ち込んだときには必ず見ています(もう,何回
見たんでしょう?)希望が沸いてきますね。
投稿者:ガッちゃん投稿日:2002-07-27 21:47:02
年間100本は映画を見ているが未だにこの映画を超えるもの無し
原作も映画を見た後読んだのだが、細かい事が詳しく書かれていて
(というかカットされた部分)なおよろし。最後は意見分かれる
ところだけど、映画はあれで、原作はあれでよかったのでしょう。
投稿者:びおら投稿日:2002-07-10 22:53:40
5、6年前に初めて観たのですが、何度観てもあきさせないストーリーです。
無実の罪で刑務所に入れられたアンディが、そこでもまた辛い過酷な目にあうのですが、決して屈しない態度が観ていてグッときました。
アンディが屋上で看守を丸め込み、囚人仲間がビールを飲んでるのをなんとも言えない表情で見つめるシーンが大好きです。
あとレッドが最後の仮釈放の面接をした時の一言が心にずしっときました。
まだまだ書き尽くせないほどのエピソードがあるのですが、本当にこの映画を観終わった後の爽快感はすばらしい。
投稿者:hiro2002投稿日:2002-06-20 23:18:42
見たいみたいと思ってて、やっと見ました。
それに、最近MR.CHILDRENのアルバムの曲の中に、この映画の題名が出てるので、ぜひ見なくては、と思ってたから。
結構、古い映画なのでした、思ってたより。。

刑務所ものは、見ていて苦しい場面がいっぱいでつらいです。
ブラピの「スリーパーズ」なども。。。
でも、さわやかさと明るさを持っているいい映画だと思いました、良かったです。
投稿者:ギムレット投稿日:2002-06-20 20:29:27
最近、原作を読んだ。
原作は原作で勿論良かったが。ダラボンの脚本の素晴らしさにあらためて感銘。両方を楽しめる作品です。
投稿者:ZERO投稿日:2002-06-16 16:07:10
やはりこの映画好きな人は多いですね。
もちろんおいらも大好きな映画です。
Mフリーマンの語りから主人公が紹介されるような導入も良かった。
再会のシーンは、どちらも見てみたいような気がします。
Mフリーマンが自殺を思いとどまって・・・てのもいいような気もしますが、
あれがなければのティムの夢だった自分の船?を持ったて言うシーンがないわけですから。←しばらく見てないので思い違いかも。
特に現代人にはこの映画はいわゆる癒し系?になるのかな。
辛いシーンも多いですが、ティムが囚人仲間(映画見てる人にも)の多くに希望を与えたという点で、やはり最高ですね。
前に見た感想でかいてるので間違っていたらごめんなさい。
投稿者:しろがねゆっき投稿日:2002-04-28 09:04:47
【ネタバレ注意】

 EDについては自分も再会のシーンはいらないな、と思いましたがあれだけ色々あった映画なので希望を抱いた結果を確かな形で提供するEDにしたのは仕方なかったのかも。やはり観るの人の多くはホッとしたんじゃないかな。小さなハンマーの重さよりも、所長以外19年も経っているのに意外にみんな出てたマンマの方が気になりました。これも仕方なしかな。それともう1点、普段履きなれた靴が新しいのに変わっていると、それこそ目立つような気がしたりして。ズボンの裾で隠れてましたが。後はパーフェクトです。

投稿者:きらら☆投稿日:2002-03-16 12:49:02
この映画の事を全く知りませんでした。
あるとき友達が「一緒に観ようよ!」といって
持ってきてくれたのがこの映画でした。
最初からすんなり感情移入しながら観ることができていました。
しかもストーリー等、まったくわからないで観たので、ラスト近くのアンディの教え子が署長に呼び出されてからのシーンから、
胸がつまりそうになるぐらい苦しくなって、ラストがあんなだと思いもしなかったので、友人に
「もう、これ以上観ないでおく…」と何度も言っていて、
結局最後まで観たのですが、本当に途中で観る事を辞めなくてよかった!
途中で苦しくなっただけに、どれ程ラストは感動したか!
言葉で言い表せないとはあのことを言うのですね。
あの感動はいまでも忘れられないです。
もう、すぐに、知り合い、家族に薦めましたよ。
今では弟のほうが繰り返し観ていますね。。
こんなに感動できるいい映画はめったに出会えません。
今でもわたしの中では1番の映画です。

>某有名映画ガイドブック(英語)に、長すぎると書いてあった
 誰だそんなこと言うのは!?(笑)
投稿者:アインシュタインの舌投稿日:2002-02-01 00:20:46
いくら頑張っても囚人の人権など全く考えない署長達に対する痛快逆転劇!でもあるし、生きることに失望し、とっくに廃人になっていてもおかしくないくらいのロビンスが、刑務所の中でも人生を見限らずに希望を持って生きていく!でもあるし、でもやっぱり自分が一番好きなのはフリーマンがロビンスから希望をもらっていく過程の描写。最後のとこもいいですが、長らく忘れていた音楽と、ハーモニカに再会し、夜に一人で吹くシーンがイイ!非人道的な暮らしのなかでも人は人らしさを持つことが出来るのだとモーレツに感動しました。
<br>一つ付け足しとくと、最後に二人が会わなかったら10点満点あげてたけど、この映画は9点。あのシーンのおかげで、全てがまとまっちゃった感じ。原作の終わり方であそこはよかった。話に広がりがなくなったのは手痛いところ。フリーマンが希望を持ってさあ行こうってとこで終わってほしかった!非の打ちどころがないが、そのおかげで一番好きな映画の一つかと聞かれると自身を持ってノーといえる映画。
投稿者:なべ投稿日:2002-01-12 20:56:44
心の底からジワーッと感動が湧き上がってきます。練りに練ったシナリオを素晴らしいカメラワークで追い、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの演技も出色で、おそらく彼らにとっても生涯ベストの演技となるのではないでしょうか。
同じプリズンものでもファンタジーに甘えたような「グリーンマイル」よりこちらのほうが、ずっとずっと上を行っているといえます。
どうしてこの作品がアカデミー賞をなにも獲ってないのか不思議です。
投稿者:酒尽尽投稿日:2001-11-15 09:58:33
名作!
某有名映画ガイドブック(英語)に、長すぎる、と書いてあったが、長くない!
投稿者:ひでと投稿日:2001-10-14 04:07:36
何故か知り合いや友人にも観せたい!という衝動に駆られる
不思議な映画。
投稿者:トウメイ投稿日:2001-10-03 16:02:29
すごいですね、この映画。
酷評している人が一人もいない。
私もけっこういい作品だなと思いました。
でも友人に「爽快な作品だ」と薦められて見たのですが、
爽快ではないですね。何人かの人が書いていて、特に
WHO?さんと似た意見になりますが、無実を晴らさないで
隠れ続けて終わるという形はなんだかなぁ。
主人公の犠牲として無実の証拠を握った囚人が殺されてしまう
シーンもあるし。現代社会の病を象徴しているようで
実に悲しい終わり方だと思いました。
理想を描くのがいい映画かと言ったらそうではないけれど…。
投稿者:ももろみ投稿日:2001-10-01 07:16:43
今でこそクチコミで広がり、超メジャーな映画だけど、
公開中はあんまり私の周りでは話題になってなかったんです。
それで公開後とても気に入った私は、ずっと「これいいよ!絶対に観て!」と事ある毎に
人に勧めてきました。そう言う方ここでは多いと思います。そんな人達に支えられたロングセラー。
ちょっとだけでも貢献できて嬉しいです。

でもみんなが言う感動とはちょっと違いました。M・フリーマンがとてもよかったとか、
ストーリーが面白かったとかももちろんだけど、悲しさと爽快感が気持ち良かったんです。
公開当時に観てからその後一度も観ていないので、あまり覚えていないのですが、
「悲しさ」はS・マックイーンの名作「パピヨン」に通じるもの。
(音楽のよさは断然「パピヨン」の勝ちですが)
「爽快感」はティムの不思議な魅力でいろんな奇跡(?)が起こる所。
そしてラストがハッピーエンドで安心しました。
大好きな映画だと言っている割には、もう何年も観ていないので、
ここにコメントを書いたのを機に、是非又見返してみようと思います。
私自身成長していて、観方が変わっているでしょうからね。楽しみです♪
http://www.hpmix.com/home/momoromi/
投稿者:WHO?投稿日:2001-09-30 00:15:39
20代の一番のお気に入りは「愛と青春の旅だち」だったけど、30代になり青春を夢見るにはちょっと辛いかな・・・と思っていたらこの映画。
いいですね。
まだ見たばかりで真髄を理解できてないかもしれないので、しばらくしたらまた見ようと思います。

少しだけ批評というか私の希望を。
まず刑務所の牢獄シーン。
簡単に2週間とか1ヶ月とか閉じ込められているけど、開放された直後でもあまりこたえてなさそうなのが不自然な感じがしましたね。
それからあんなひどい環境下に、20年とか40年なんてとんでもなく長い間収容されてたのに、あまり人格が破壊されていないのもちょっと不自然。
主役の二人はあまり歳をとった感じがしないし。
同じ刑務所物で「告発」を先に見てしまったので、そのイメージが強すぎたのかもしれませんが、もう少しリアルに再現してくれるともっと感情移入できたのではないかと思います。
それからせっかく自分の無実を証明できる情報をつかんだのに、脱獄後それをせずに偽名のまま生き延びていくというのも、私の中ではすっきりしないものがありました。どうせならすべての悪を暴いて、、、というのはやりすぎか。

最後のラストシーンについては私は賛成派です。
仮釈放の身で途中でつかまる可能性があるわけですから、その心配を残したままで終わってしまうのは・・・。
やっぱりお互い対面するところまで見て安心したい。

などと勝手なことを書きましたが、もっとじっくりと味わっていこうと思います。
DVD機器を買ったら真っ先にこの映画のソフトを買います。
投稿者:空三郎投稿日:2001-09-17 22:26:48
勧善懲悪のためか見終わった後がスッキリする。
主人公が無実であるためか、最後まで応援したくなる。これが本当に殺人の罪を
おかして投獄されたのなら、このような気分になったかどうか。
やはり、ストーリーの面白さがこの映画の最大に評価されているところだろうと思います。ここでもモーガン・フリーマンがいい味をだしていますね。彼が画面に出ると映画が締まりますし、格調が高くなります。このような俳優はめったにいません。この映画の彼の貢献度は非常に高いものがあります。
ティム・ロビンスは彼なりに無難に役をこなしているが、なにせ背が高い大男で、動きも緩慢で、よく脱走出来たと思います。
ともかく、脚本がよく出来ているため、最後までムリなく引っ張ります。
本当は調子がいいのですが・・・。
M・フリーマンと脚本の勝利でしょうか、面白い映画です。
投稿者:とらちゃん投稿日:2001-09-06 14:38:09
アインシュタインのアッカンベーがとってもいかしています!!
投稿者:INB投稿日:2001-09-06 02:30:42
映画に文句の付け所はありません。ただ、気分爽快に見終わることが出来ません。この世の中に、実際、無実の罪で投獄され、そこで一生を終えている人がそんざいするから。同じ事を語っている方が↓にもいらっしゃいましたが、胸が締め付けられる映画でした。アンディの無実を信じて再審を求めてくれる家族はいなかったのでしょうかねぇ・・・時代が時代だからむりなのかなぁ??
投稿者:じゅんこ投稿日:2001-08-19 19:25:24
自分が正しいと思ってそれを通しても上手くいかないことがありますよね?そんなときにこの映画をみて本当に力づけられました。Hopeさえあれば、自分を信じていてさえすれば必ず未来はあります。その為の努力を惜しまず頑張ろうって思える映画。私にとっての精神安定剤なんて言ったら言い過ぎかもしれませんが、本当にそんな映画です。最後の海のシーンでただただ二人が誰にも見つからなく幸せにと私はそっと思いました。
投稿者:ももりん投稿日:2001-08-16 17:42:22
レンタル店で何を借りようかと迷い・・・借りましたが、久々に良い映画を観たなって感じで、後味すっきりです。もう一度DVDで観てみたいです。
投稿者:ドトウ投稿日:2001-08-08 07:09:47
映画自体はホントにいい。しかし、私はあの所長の姿を見ると短絡的に感動できなかった。「パピヨン」や「告発」などでもみられるように、私欲のために囚人を利用する刑務所長はどれだけいるのだろう。私的な憎しみや逆恨みのために、囚人の刑期を悪戯に遅延させてしまう刑務所長はどれだけいるのだろう。世間から隔離された場所なのをいいことに、一公務員が独裁者となって自分本意に行動しているかと思うと、不快な気分になった。そして、所長をあの程度の末路に処理したことにも不満だった。
(以上、現実問題として考え込んでしまった私の、個人的なイチ感想の中の一部分です)
投稿者:どんちゃん投稿日:2001-07-31 12:37:29
2度目の投稿ですみませんが、原作読んだんで...。
原作、とてもいいです。でも原作を読んで、この映画の脚本の秀逸さがよくわかりました。決して忠実すぎず、原作を多少曲げることによってストーリーがドラマティックに仕上がってる感がします。大したもんです。

下の投稿にあったラストシーンですが、原作はいかにもスティーブン・キングらしい余韻を残すものでした。映画のラストのほうが大衆ウケはするんじゃないかなあ。

「聖書の中に隠してたハンマーが重さでバレるのでは」って投稿もありましたが、所長が抜き打ち検査をするシーンって、実はすごくドキドキするシーンなんですよね。所長が今にも聖書を開きそうで。初めて観た時にはそれがわからないから、決してドキドキしないシーンなんだけどね。面白い演出だと思いました。
投稿者:じゅんこ☆投稿日:2001-07-30 00:19:48
最高〜の映画やで〜☆ みんな、見てや〜☆
投稿者:ひびき投稿日:2001-07-18 21:19:22
ホントに面白い。こんなに感動したのは初めて。だけど涙はない。これがこの映画の凄いところだと思う。アンディーは誰もがなりえることが出来る英雄・・・なんじゃないかな。

あんまり面白いので友達にビデオを貸してやったら高校卒業のどさくさで盗られてしまったと言う逸話まである映画(笑)
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-07 12:42:56
凄く絶賛されてますね。
私も好きですが、フに落ちない点がありました。

聖書の中に隠していたハンマーはなぜ見つからな
いのでしょう?所長は聖書に詳しいはずでしょ?
いくらなんでも重さでバレると思いました。

あまりにも絶賛されているところ、ケチつけまし
たが、私も好きな作品ですよ。ゆるして。
投稿者:まあさ投稿日:2001-06-27 15:18:58
この作品は誰に聞いても、「良かった!」って言う人がすっごく
多い映画ですよね。
でも、ココでは「う〜〜ん」といっている人も何人かいて
そういう人の意見も聞けて良いなと思いました。
私がこの作品に出会ったのは、たまたま授業をさぼって
入った映画館でした。この作品目当てで入ったわけでは
なかったのですが、すごくマイナーな映画館で、
この「ショーシャンク」と「マイフレンドフォーエバー」を
二本立てで上映していました。
全く期待していなかったのですが、帰るときに「見て良かった!」と
心から思える作品でした。この作品を見てからは刑務所モノが好きになり
いろんな作品を見ましたが、その中でもやっぱり上位にランクされる作品だと思います。
まだ見てない人は是非一度は見て下さい。
投稿者:みちこ投稿日:2001-05-29 14:25:47
この作品に巡り会いました。
何より、この作品で思ったのはアンディの「信念の強さ」です。
それと、アンディの「緻密さ」です。
あちこちに結末の複線が隠されていて最後に一本につながる・・・
スティーブン・キングの「緻密さ」でもあるのかも。
投稿者:dadada投稿日:2001-04-29 09:27:45
80年代の後半に「ゴールデン・ボーイ」の名で発売されたキングの短編集に収められた一作。囚人のモノローグで物語は淡々と進み、キング小説に期待する奇々怪々な出来事は何にも起こらないのだけれど、読後感は頗る爽快だった。
何年か経って、予備知識なしに試写会でこの映画を観た。どこかで聞いた事のある話だなぁとすぐに気がついた。小説の一人称と映画の一人称の圧倒的な情報量の違いで、活字の世界が瑞々しく具現化された好編だった。
ただ、物語のラストについては、原作の方が私は好き。映画のラストは、いかにもアメリカ映画的。小説を読み終わって、読者が想像を巡らせる部分をご丁寧に付け足しているわけだが、この物語にとっては、余韻を残す小説のラストを踏襲して欲しかったと私は思う。
投稿者:あくつ投稿日:2001-04-18 03:14:45
後味の良い面白い映画ですよね。
残念なのがタイトル。邦題のこと。原作タイトルの直訳
の方が内容に合っているし、タイトル自体が伏線にもなっ
て「ああ、なるほど!」と思えるんじゃないかと。
あの邦題は綺麗にまとめすぎていて、インパクト弱い感
じです。抽象的だしね。
投稿者:taka 投稿日:2001-04-15 00:05:25
この作品は素晴らしい!!
僕はこれで洋画が好きになったのかもしれないくらい!
刑務所を舞台にした作品はなかなかに面白い物が多いですね。
投稿者:フラハイっ子投稿日:2001-03-29 00:30:05
これは大好きな映画のひとつ!ほんと何回見ても飽きることがない。箱を掘り出しに行くシーンなんて素敵。刑務所という場所が舞台になっていながら、随所に爽快感を感じさせるし、キャラクターがまたいい!人間諦めも大事だけど、諦めない事はもっと大事ですね。
投稿者:inres投稿日:2001-03-09 02:01:56
書きつくされているけど、書かずにはいられない...。
ケーブルTVで放送されるとまた見てしまう。
リタ・ヘイワース 屋上のビール フィガロ 図書館 出所した老人 通信教育
クライマックス 遠景のラストシーン ....
投稿者:きくゑ投稿日:2001-03-08 17:37:27
いうことなし。
感動のあと、やる気がでる。
最近の中では、いっちゃんいい。
       (↑一番)
投稿者:702ママ投稿日:2001-02-28 23:32:45
私の中では五つ星。何度観ても感動しますね!
映画館で観ることが出来なかったことだけが、悔やまれる!
どこかで、上映されないかな〜〜!
投稿者:たけ投稿日:2001-02-12 23:45:03
↓の皆が言うほど、私は感動しませんでした。
その時の私はどうかしてたのかな。もう一回観てみよう。
また新たな発見があるかもしれないしね!
投稿者:パンの木投稿日:2001-02-08 20:34:22
「フィガロの結婚」が大好きで、フィガロの曲が使われるから…ということで観に行った映画でした。映画館はガラガラで、結構大きいとこだったのですが、10人ぐらいしかいなかった。でも映画はほんとーーーに良かった!!フィガロの「手紙の二重唱」も素晴らしい使われ方で感動しました。
それから知人友人にこの映画の素晴らしさをふれ回ったのは言うまでもありません。あの映画館にいた10人足らずのお客さん、みんなが同じことをしたんだと思います。それからレンタルビデオでロングセラーになり、ここまでみんなが愛する名作になっていったのだなーと思うと感慨もひとしおですね。http://www1.linkclub.or.jp/~pannoki
投稿者:ハッチ投稿日:2001-01-29 23:11:00
この映画は最高にいい!!
はじめて、見たときは衝撃を受けたね〜。
はじめ友達に「この映画見に行こう!」って誘われて、
断ってた、自分に後悔・・・(笑)
結局、ビデオで見たんだけど、ほんと良かった!!!
行っとけば、良かったなぁ〜〜(泣)
なんだかまた、見たくなってきたぁ〜。
もう、何回見てるかわからんのに・・・(笑)
また、みようっと!!http://www.simcommunity.com/sc/izuchat/orange55
投稿者:るみこ投稿日:2001-01-29 04:52:56
観て良かった!本当にそう思いました。

ティムロビンスが、勝手にレコードを放送で流して、
所長の机の所にふんぞり返って座っている姿が素敵でした☆

なんだか、「私も頑張ろう」と思える作品でした。

まだ観てない方、是非観てください!!!
投稿者:まーさん投稿日:2001-01-17 18:11:13
この映画はどこをとっても最高!!
(まるで金太郎飴のようだ!)

心に残るシーンはたくさんあるが、
最後のシーンも私としては、かなり良かったと思う。
人によっていろいろな感じ方があると思うが、
私としては、希望があの海のように広がっていくというイメージだった。

この映画は観る人に感動と希望を与え、真の友情のすばらしさも
感じさせてくれる、心に残る最高傑作。
まだ観てない人は、是非観てもらいたいなぁ・・・
投稿者:映画評論家(自称)投稿日:2000-12-04 16:22:10
初めて見たのはもう3年くらい前でした。
あれから毎年必ず1回は見ています。
ぞっこんで小説も買って読んでしまいました。(みんなにも読んでもらいたい!)
映画は映画らしく、小説は小説らしく・・・いいですよ、どっちも。
わたしスティーヴン・キング(の小説)にぞっこんなんです。
彼はホラー作家として知られてますよね?
実際にそうなんですけど、でもただ単にホラーってだけじゃくくれないと思うんです。
このショーシャンクの空にがいい例だと思うけど、どんなに怖い話でも必ず希望が込められていると思うんです。
私はその希望の形を求めて読み漁ってしまいます。たぶん、これからも。
べつに自身に希望がないわけじゃないですよ。ただスカッとするでしょう?
それだけです。
是非いろんな人に希望を持って欲しいと思います。
(あぁ、はやく「骨の袋」映画化されないかな・・・)
投稿者:けいけい!投稿日:2000-10-20 17:51:46
私はみなさんが言うような「感動」という感情よりも「なんて気の毒な・・・」と思ってしまった。感情移入しすぎると泣けない・・。どんな状況や立場においても希望を捨てない強い意志を持つことの感動というのはあったが、そもそもストーリーが実話に基づいているということがわかっているだけに、主人公の人生そのものに「なんてしんどい人生なんだ・・」と辛くなってしまいました。
投稿者:どんちゃん投稿日:2000-09-28 15:48:53
あるレンタルビデオショップでの女子高生の会話。
「あ、これ借りれば!絶対に泣ける」
「ええっ、私泣くのヤダー」
「いや、そうじゃなくてね、すっごく感動するって言うか」
「ふ〜ん、でも泣いたんでしょお?」
「うん、まあそうなんだけどさあ...」
というわけで代わりにおいらが借りて泣きました。

過去に観たあらゆる映画の中でどの作品が一番好きかと聞かれたら、たぶんこの作品を挙げる。ねえ何かいい映画ない?って友人に聞かれたら、迷わずこの作品を薦める。そんな素晴らしい映画ですね。
あの女子高生に感謝。
投稿者:暇人チャッキー投稿日:2000-08-25 00:53:00
この作品はみんな絶賛してるね。
珍しい。これほどみんなが褒めるなんて。
でも確かに良い映画。
最後のシーンは美しい。
DVDで早く出て欲しいなぁ。
この作品みたいに永久保存したくなるような映画ってあるでしょ?
投稿者:yura投稿日:2000-08-21 03:05:53
青い海、白い砂浜、手を広げて待つのは脱獄囚・・
それが、模範囚の唯一の心の支えとはなんとも
厳しい現実を感じた
投稿者:SHIROTA投稿日:2000-08-15 22:03:27
こんなに清々しい映画ははじめて。
まだ見ていない方には是非見てもらいたい映画です。
投稿者:ポネット投稿日:2000-07-27 23:34:56
この映画、よかったぁ…
なんか胸いっぱいだね。
なんともいえない。
ティムロビンスもMフリーマンも最高。
それだけ!
投稿者:JINN投稿日:2000-07-04 03:15:10
アンディが「フィガロの結婚」のレコードをかけるシーンが一番好きだ。

投稿者:やすりん投稿日:2000-06-22 14:52:29
HOPEは人間をだめにする。と言っていたMフリーマンが最後、ジワタネホへの夢を語る所は本当に感動します。
I hope.... I hope... I hope......って繰り返す所には本当に涙が出た。最後はティムロビンスを出さなくてもよかった
けどな。とも思うんですけれどね。しかし、素敵な映画です。
投稿者:投稿日:2000-06-21 09:09:18
なんかユーザーの評価ムチャたかいな〜この作品
「どんなことでも希望はある」とそう言われてるような気がする作品だね
スティーブン・キングらしかないけど
いいのかな〜? スティーブン・キングが人を感動させて。
投稿者:てる投稿日:2000-05-15 22:17:34
 最高の映画だと思います。2時間30分という時間が短いと思ってしまうくらい。もっと続けてくれーって感じ(蛇足になるだけでしょうが)で見入ってしまいました。これを超える映画にまだ出会えていません。
 爽快感あふれる作品でした。 
投稿者:もっち投稿日:2000-04-15 16:22:11
以前から、見たい見たいと思っていた映画だったのですが、
どこのレンタルビデオ屋も全部貸し出し中でなかなか借りれませんでした。
しかし!遂に先日借りる事ができ、早速見たところ・・・、
待った甲斐がありました・・・!本当に、隙がない映画ですね!
最後の最後まで、「アッ!!」という感じでした。
最高でした、ほんっとに!!
ビデオを返したくないくらいでした。常に自分の元に置いておきたい。
そんな映画です。スッキリします。
投稿者:北の国からのじゅん投稿日:2000-04-09 14:12:38
落ち込んだときこの映画を見ると心が回復します。どんな環境にいようと、希望を忘れてはいけない、これが生きていくときの強い支えになるんだといことを教えてくれた映画です。心に残る映画に初めて巡り会えました。
投稿者:はる投稿日:2000-03-30 11:46:46
2時間以上の作品で、これほど最後まで厭きのこない作品はなかなかないと思う。またラストも裏切られることなく観終った後の爽快感ときたら・・・。こんなに良い映画ははじめてみました。
投稿者:JADE投稿日:2000-03-29 12:46:08
初公開から5年経った今でも、見終わったときのすっきり感が
たまらなく良かったです。
投稿者:哲7投稿日:2000-02-23 14:27:21
この映画は一番好きな映画です。
多分、五回は見てると思います。

投稿者:お野菜投稿日:1999-10-20 05:11:29
質の高い映画でした。
それでもどうしても気になる事。刑務所で何年もずっと同じ牢ってこと、あるのでしょうか。
投稿者:kazu投稿日:1999-09-18 22:33:26
見終わった後の爽快感と感動は言葉に言い表せないです
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞モーガン・フリーマン 
 □ 脚色賞フランク・ダラボン 
 □ 撮影賞ロジャー・ディーキンス 
 □ 作曲賞トーマス・ニューマン 
 □ 音響賞ROBERT J.LITT 
  ELLIOT TYSON 
  MICHAEL HERBICK 
  WILLIE BURTON 
 □ 編集賞RICHARD FRANCIS-BRUCE 
□ 男優賞(ドラマ)モーガン・フリーマン 
 □ 脚本賞フランク・ダラボン 
■ 外国作品賞 
【レンタル】
 【Blu-ray】ショーシャンクの空にレンタル有り
 【DVD】ショーシャンクの空にレンタル有り
 【DVD】ショーシャンクの空に <dts版>レンタル有り
 【VIDEO】ショーシャンクの空にレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION