allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジョーズ'87/復讐篇(1987)

JAWS: THE REVENGE

ジョーズ4/復讐篇(ビデオ・新)

メディア映画
上映時間91分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1987/08/08
ジャンルパニック/サスペンス
ジョーズ4/復讐篇 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 1,312
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ジョセフ・サージェント
製作:ジョセフ・サージェント
脚本:マイケル・デ・ガズマン
撮影:ジョン・マクファーソン
音楽:マイケル・スモール
出演:マイケル・ケインホーギー
ロレイン・ゲイリーエレン・ブロディ
マリオ・ヴァン・ピーブルズジェイク
ランス・ゲストマイケル・ブロディ
カレン・ヤングカーラ・ブロディ
ジュディス・バーシテア・ブロディ
リン・ウィットフィールドルイーザ
ミッチェル・アンダーソンショーン・ブロディ
ジェイ・メロショーン・ブロディ(少年)
セドリック・スコットクラレンス
メルヴィン・ヴァン・ピーブルズミスター・ウィザースプーン
【解説】
 誰もがもうやめればいいのにと思っていたにも関わらず製作された第4弾で、今のところの最終作。1・2作でロイ・シャイダーの妻だったロレイン・ゲイリーが復讐に燃える未亡人に扮し、やはり復讐に燃える(としか思えない。わざわざバハマまで追ってきたんだから)ジョーズと一大攻防戦を繰り広げる。当時、この脚本を読んだスピルバーグが、あまりの興奮に思わずショットガン片手に海へ向かいそうになった、などという逸話(?)があったが、怪しいものである。案外、その海に浮いていたのはサメではなくこの脚本自身なんじゃないの? 今やTVムービー専門の感があるJ・サージェントの久々の劇場作品だが、その労も虚し。
<allcinema>
【関連作品】
JAWS/ジョーズ(1975)シリーズ第1作
JAWS/ジョーズ2(1978)シリーズ第2作
ジョーズ3(1983)シリーズ第3作
ジョーズ'87/復讐篇(1987)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
26 3.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-06-19 09:40:00
ブロディの意思を継ぎ保安官補となったショーンがサメに喰い殺される。
ショックを受けたエレンをマイケル一家がバハマへ連れて行くが、巻貝の研究をしているマイケルに海へ入るなと懇願する。
博士号を取る為に研究を続けるマイケルが見たのはどデカいサメで船を襲ってきた。
サメはやがて海水浴場まで襲い出し・・・。

当時劇場で鑑賞、前作が3Dだったが全くダメダメだったので期待せずに見るが原点に還っていて良く見えた。
今回、30年振りに鑑賞するが亡きブロディの跡を継いで妻や息子たちが頑張
っているのがシリーズの流れを引き継いでいてよろしい。
ビデオはCIC・ビクタービデオからリリースされていたがスタンダードの劇場同様ステレオ収録だった。
今回、DVDで発売されシネスコになったが音声は何故かモノラルなのがマイナス。
投稿者:sachi823投稿日:2015-01-17 02:20:56
サメにジェイソンが乗り移ったのでしょうか。
シリーズ化するには無理があったと思います。
サージェントは昔「サブウェイ・パニック」とか
小気味よい映画もつくっていたのですが
この出来の悪さはいただけないです。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-08-15 03:42:36
【ネタバレ注意】

やはりロレイン・ゲリーを主役にしたのは大間違い。単身で武器も持たずに船を出す(いつ免許を習得したんだ)なんて只のバカ。それにこのシリーズはブロディ(3ではマイケル)とサメの研究者と海のイベントの主催者の対立が重要な要素なのに、本作はそれも無し。バナナボートの女性が無駄死にに見えてしまう。監督のカメラワークの酷さ、破綻スレスレのストーリーの更に上を行くマイナス貢献者が、中古品のようなサメのブルース! 杭が腹に突き刺さって爆発(もろミニチュア)なんてギャグにすらなってない。最低限のリアリティも守られてないので、鮫肌が乾き切ってたショットがあった(苦笑)。半星。

投稿者:こじか投稿日:2010-07-24 22:47:16
【ネタバレ注意】

ジョーズ’87ってタイトルと
マストなラストがいい…(遠い目)。

最近のタイトル表記は「ジョーズ4/復讐篇」!?
しかもラストが変えられているとは…意味もなく興味をそそるなぁ。
人の"怖いもの"観たさに付け入る新手のマーケティング戦術なのか(笑)

投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-31 20:54:14
3と同じく正直つまんないが、シリーズ一番のほのぼの感があった。
これで巨大サメの一族は全滅したんかな!?
投稿者:DJazuma投稿日:2006-06-14 14:37:54
ひどいと言わずして何をひどいと言うんだ、ってカンジ。

いや、それほどでもなかったんだが。沈没船でジョーズから必死で逃げる所とかは第一級の名シーン。

結局は監督の差か?

にしても最後は何なんだろう。でかいサメが空中でたっぷり数秒間停止した後、柱に刺さっただけで爆発とは。


・・・・え?・・・あれ?は?
投稿者:メルモちゃん2号投稿日:2004-12-31 17:34:32
スピルバーグがこの映画の脚本を読んで
興奮したという話がホントなら
映画クリエイターのセンスを疑うぜ。
嘆き悲しんだの間違いじゃないの?

クライマックスをパート1のフィルムを
流用するなんて、映画クリエイタ−として
やっちゃいけないことをやりやがった。

よく公開したよな、こんな映画。
(自分もよく金出して見たな…)
投稿者:ギルマン投稿日:2004-10-17 20:40:29
昔は「1」より好きだった。生まれつき生物パニック狂の拙者はこの手のジャンルを観る時それはそれは胸を躍らせて(今もだが…ビョーキですね)心臓バクバクいわせながらそれらに見入っていたものだが、グロ描写は大っ嫌いであった(変なヤツ)。故、多くの作品を観た後失望する事も多く、大名作「ジョーズ」も例外ではなかった。あの船底から死体がにゅって出てくるとこ、ホントイヤでした。そんな時観た本作。残酷描写はゼロ(だと思う)。何度も観た。心からシリーズ最高傑作だと思った。
んで、「1」が最高という当然の事実を理解してからも、本作が面白いと思うことに変わりは無い。バハマで海洋学者と鮫の戦いを描くという単純な話にほとんど無駄が無いし(昔はコレも+の要因だった)、少しチャチく見えるし何よりチッコい鮫アニマトロニクスもこのジャンルにしちゃマトモな出来。だからそれほど非道い出来でもないし、ほのぼのした「家族向け」生物パニックとして打ってつけの映画だと思う。
投稿者:ハーディング42投稿日:2004-10-04 01:10:25
【ネタバレ注意】

20年以上前に、「ジョーズ復讐編」をテレビで見たことがありますけど、その時、エンディングが違っていたのを覚えています。マストごと食われたジェイクはそのまま死亡し、折れたマストがサメの腹を串刺しにしてしまうんです。DVDでもうひとつのエンディングと切り替えられるようにして欲しかったな〜。残念!!なんで、お蔵入りしちゃうのよ。

投稿者:メガマウス投稿日:2004-10-02 22:17:24
楽しめる要素がふたつあって良い。サメを殺すことと、それ以外の部分。パーティーとか、今までには出てこなかったし。でも、「ジョーズ」の雰囲気は無くなってしまった。それと、ロレイン・ゲイリーが「ジョーズ」から見るととてもふけて見える。〔ロレインのファンのみなさま、ごめんなさい。〕
投稿者:TU投稿日:2003-10-28 22:32:04
「ジョーズ」シリーズで一番好きな映画です・・。
みなさんのコメント見て、あれ?・・って感じでした。(ToT)
たぶん、ガキの頃に見たから印象深かったのかな?
今でもバナナボートのシーンを見ると心臓バクバクいいます。(苦笑
確かに使い回ししてるけど「ジョーズ3」よりも断然いいと・・。
ショーンが喰われるバックで何もないかのように合唱してるあの歌がガキながら哀しさと恐怖を覚えました。
やっぱり「ジョーズ」シリーズは最近のサメ映画よりもすんごくおもしろいですねー。
投稿者:ディープ・ブルー投稿日:2003-03-02 07:18:26
シリーズの愛すべきキャラクター、ショーン君をいきなり殺した罪深き作品。 気絶男マイケルは、立派な妻子持ちになっていた。 ガンバッテはいたんじゃないかな? 3Dしかとりえの無かった前作より少しだけマシです。 ラストは、ジョーズがヨットの舳先で串刺しになる(爆発はしない)だけのオリジナル・パターンと、1作目の爆発シーンの時の使いまわしを使うパターンと2種類存在している。 少なくとも劇場公開時と以前のTV放映時はオリジナル・パターンだったのだが、ナゼこの使いまわしパターンになったのか?
投稿者:quadrant投稿日:2003-01-02 13:47:06
・・盗作なの?使いまわしバリバリです。
1点。時間があればどうぞ。
投稿者:ドクターマーシー投稿日:2002-10-31 14:45:38
全然、復讐できてないところが良い
投稿者:ASH投稿日:2002-09-21 20:39:06
【ネタバレ注意】

 このシリーズって、結局のところ、すべての作品に共通しているのはサメのブルースくんとブロディ家との戦いだったわけね。なるほど、どの作品にも濃厚なドラマがあって、カッパカッパとサメが人を喰い散らかすだけじゃないんだな。ドラマ性排斥主義者(?)が1作目以降のシリーズをも評価していないのもなんとな〜く分かる気がする。

 で、この映画、4代目ブルースくんがわざわざバハマくんだりにまで出向いてブロディ家の連中とまた戦う。ここでブルースくんに言ってやりたいことは「もう許してやれよ」という言葉だね。しかし、あのサメは初代のブルースくんとは血縁関係でもあるんかね? 「復讐篇」と銘打つくらいだからさぁ。

 ラジー賞主演男優賞候補「鮫のブルース」に爆笑!!!

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 □ ワースト主演男優賞鮫のブルース 
 □ ワースト主演女優賞ロレイン・ゲイリー 
 □ ワースト監督賞ジョセフ・サージェント 
 □ ワースト助演男優賞マイケル・ケイン 
 □ ワースト脚本賞マイケル・デ・ガズマン 
 ■ ワースト視覚効果賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION