allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ショッカー(1989)

SHOCKER

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1990/11/17
ジャンルホラー
TVをつけると、奴がいる。 ピンカーは、全国ネットの殺人鬼!
ショッカー ウェス・クレイヴン監督 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,111
USED価格:¥ 580
amazon.co.jpへ

【解説】
 連続殺人犯として暴れ回っていたピンカーは遂に捕まり電気椅子で処刑されるのだが、魔術の力によって魂だけが復活する……。この作品のユニークな設定は、、殺人鬼がテレビの電波になって移動することだ(生前テレビの修理屋だったとはいえ……)。ひょっこりと番組に現われてはメチャクチャにしていくところなどテレビメディアへの皮肉のようで面白い。人間に乗り移っては、その人格を最大まで引き出して皮肉るあたりもブラックな笑いどころで、ユーモアたっぷりのホラー映画だ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mudadoll投稿日:2016-12-03 03:12:41
中盤、主人公が公園内にいる人物に立て続けに襲われるシーンは
恐怖したのに、

なんで最終決戦をあんな方法にしたのか。
投稿者:やんこら投稿日:2006-05-05 16:03:03
ピンカーがテレビの中の住人になるまでが異様に長くて退屈することもあったんですが(クレイブン作品はそういうこと多いですね・・・)、いざテレビの中に入ったら、そんなことどうでもよくなるくらいの面白さでした!もうアレだけでお釣りがきますね。

あと、ピンカーのキャラクターの位置づけがなかなか面白いと思います。ああいうのってこのようなジャンルだからできるんでしょうね
投稿者:さすらい2投稿日:2006-02-27 01:29:08
宣伝コピーで「ピンカーは、全国ネットの殺人鬼!」とあるが、全国ネットになるのはラストだけ。実際は電波化した殺人鬼が人から人へと乗り移って主人公を追い詰めていくシーンが連続するだけという結構地味な話。この連続殺人鬼は主人公の夢によって所在を特定され、逮捕→電気椅子処刑→死亡となるのだが、死の直前に魂が電波化。逮捕の原因となった主人公に祟りまくる。乗り移られた人間は皆、片足を引きずる“ピンカー歩き”をする、これがイイ。途中で少女が乗り移られるのだが、彼女のピンカー歩きが特にいけてる。後に、D・ワシントンの「悪魔を憐れむ歌」でこの乗り移りネタが丸パクリされることになる。シンプルでわかりやすいストーリーにユーモアが絡んだウェス・クレイヴンの秀作ホラー。彼の近作「カースド」「Red Eye」よりも遥かにイケてる。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ショッカー2017/01/27\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ショッカー2015/04/24\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ショッカー2014/08/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ショッカーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION