allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジョニー・ハンサム(1989)

JOHNNY HANDSOME

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1989/11/03
ジャンル犯罪
ジョニー・ハンサム [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,470
USED価格:¥ 2,889
amazon.co.jpへ

【解説】
 醜い顔の強盗が、整形手術をして街に戻って来た。男は再び強盗計画に加担して行くが、彼の真意は昔の裏切り者たちに対する復讐にあった……。W・ヒルがM・ロークを起用、孤独な復讐鬼の末路を描く。原作は「サブウェイ・パニック」等でも知られるアクション派作家、ジョン・ゴーディの『ジョニー・ハンサムの三つの世界(旧題『復讐の二つの顔』)』。
<allcinema>
評価
【関連作品】
サブウェイ・パニック(1974)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
767 9.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-08-24 01:35:31
手術の後、鏡を見て惚れ惚れしている
ミッキー・ロークのナルシストぶりが
面白いです。
ウォルター・ヒルは好きな監督の一人ですが、
この作品のような暗い内容ではなく
もっと正攻法でストレートな
男気を感じさせる作品の方が合っていると思います。
投稿者:bond投稿日:2010-10-15 10:18:55
惨い外見から180度転換した人生、そのゆえ、醜かった自分を友人にしてくれた人への裏切りは絶対許せない。孤独感がひしひしと伝わるいい映画だ。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-08-29 03:37:44
顔を背けたくなるような醜貌のジョニー・ハンサムの復讐劇と恋愛模様を描いたB級感プンプンのラブミステリーです(笑)
テーマは良いのですが、演出や役者陣に意外性がないので新鮮味は感じられません。
テンポは悪くないですしアクションシーンも良かったので、もう少しハードボイルドっぽい感じが出せると印象が変わったでしょうね。

でも、一番の問題点はブレブレのキャラクター設定だと思います。
元々ジョニーは悪事を働くにしても頭脳派という扱いで仲間になっていた訳ですから、それを活かした脚本にすべきでしょう。
最初から最後までジョニーの頭の良さを感じられなかったのはとても残念です。
ジョニーの兄貴分として登場したマイキーのキャラ設定も微妙。
他の二人を極悪非道なキャラとして描いているのでマイキーとジョニーが善人に映りますが、やってる事は強盗な訳で・・・そうなると善人ではない訳で・・・正直なトコロ、悪者になりきれないなら悪い事はするなって感じなんですよね。
感情移入させるためのキャラ設定だったのかもしれませんが、それなら「やむを得ない事情で強盗する事になりました。普段は普通に働くイイ奴なんです。」みたいな人物背景が欲しかったです。
それからジョニーをしつこく追い続ける刑事のキャラもどっちつかずな感じでしたね。
嫌な奴なら嫌な奴のままいればイイのに妙な理解を示したり、時折「何なの?」と不信感。
そもそもこの人物、ストーリーに必要ありました?(爆)
・・・などなど、確立されていないキャラクター性に観ていて迷いを感じました。

キャスティングのほうは、まず主人公を演じたミッキー・ローク・・・序盤の醜い顔はもちろん特殊メイクですが、チョット前の崩れたミッキー・ロークの面影がどことなくあって観ているのが気まずいです。
ただ特殊メイクを取ればセクシー男ですから問題なし(笑)
彼の瞳は常に悲哀感を帯びていて何とも言えない色気がありますよね。
そして、品のない女を演じさせたらピカイチのエレン・バーキン(笑)
あの片側だけ口角を上げる下品で気持ちが悪い笑顔が何とも言えませんね。
ランス・ヘンリクセンはそんな悪女とつるむ悪い奴なんですが、残念ながらエレン・バーキンのような悪っぷりオーラが放たれていませんでした。
どちらかと言うと小ぶりな男って感じでしたね(爆)
不必要な役どころではありましたが刑事を演じたモーガン・フリーマンや整形外科医のフォレスト・ウィテカー、エリザベス・マクガバンやスコット・ウィルソンなど役者陣は個性派揃いで見応えアリでした。

全盛期の頃のミッキー・ロークが好きだった方はたっぷり堪能できるので満足できますが、特にファンでもない方にはゲップが出るほどミッキー・ロークな映画なので面白みを感じられないと思います。
投稿者:barkin投稿日:2007-10-20 15:54:16
B級スターオール出演w
誰も知らないが最高傑作アクション映画
ジョン ゴーディの退屈な小説をここまでスタイリッシュな作品にした
ウオルター・ヒルの手腕には感心する
バックに流れるライ・クーダーの蕩けるような音楽も素敵だし
リベンジあり恋ありラストも悲哀に満ちてる
ミッキー・ロークの最高傑作だと思う
エレン・バーキンとエリザベス・マクバガンもいい味出してる
スピード感があるし、今まで何回も見ている
投稿者:モーグリーン投稿日:2007-04-12 23:29:07
どこのサイトでも評価は低いですね。
でも、タタキ(強盗)のシーンのシーケンスは、ウォルター・ヒル節全開。
テンポの速いカット割りでなかなかカッコよいと思います。
あと、ライ・クーダーの音楽は最高。
でもミッキー・ロークがねぇ・・・・・・

投稿者:ASH投稿日:2002-01-18 01:02:43
ミッキー・ロークって人気あったよね。こんなくだらない主演作が作られる
くらいだから。豪華キャストも無駄遣い。ミッキーのファンだけ観れば。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ジョニー・ハンサム2014/10/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ジョニー・ハンサムレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 ジョニー・ハンサム
新品:¥ 1,080
6新品:¥ 989より   4中古品¥ 658より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION