allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

知りすぎていた男(1956)

THE MAN WHO KNEW TOO MUCH

メディア映画
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(PAR)
初公開年月1956/07/12
リバイバル→CIC-84.2
ジャンルサスペンス
ヒッチコック アルティメイト フィルムメーカー コレクション ブルーレイBOX [Blu-ray]
参考価格:¥ 31,104
価格:¥ 20,000
USED価格:¥ 12,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 ヒッチコックが、イギリス時代の自作「暗殺者の家」をリメイク。あるフランス人の死に立ち会ったベンは、断末魔の男の口から某国の首相暗殺計画を知らされる。やがてベンの口を封じるため、彼の息子が誘拐されてしまう。ベンと妻のジョーは、暗殺者がひそむ教会へと乗り込んでいく……。D・デイの歌う“ケ・セラ・セラ”が非常に効果的に使われるサスペンス・スリラーの傑作。
<allcinema>
評価
【関連作品】
暗殺者の家(1934)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1073 7.30
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2016-04-09 16:53:34
辛口になる。ヒッチコックは生涯に何作か再評価されるべき作品を残したが、やはりムラがあるのはいた仕方ないところ。この作品でいえばサスペンス自体はテレビドラマ並で物足りない。ヒット曲をちりばめ手慣れているものの人物像に絡む謎解きはどうにもキレがない。この当時として驚くのはヒッチコック映画の大半に言えるカラー撮影の見事さで1956年製作と思えぬくらいだ。
投稿者:nedved投稿日:2012-03-11 00:59:10
ジェームズ・スチュワート
投稿者:bond投稿日:2011-08-24 08:42:20
品格のある正統派サスペンス、さすがドリスデイ、歌も一流。
投稿者:こじか投稿日:2010-12-25 01:12:59
とても観やすい。映画っぽい遊びのある撮り方も面白く、ヒッチコックのサスペンスモノでは好きな作品です。
投稿者:gapper投稿日:2010-07-04 23:36:43
 DVDのためか、ヒッチコックではいつも気になるスクリーン・プロセスがさほど気にならない程度だった。
 といっても、相変わらず必要と思うない部分でも使用されていて、やはりそこは疑問だ。

 作品としては、犯人が失敗をしてから子供を助け出すという2段階の仕組みになっているのが珍しい。
 首相の暗殺という犯罪がメインテーマで終わっていしまうのが通常であるが、この映画ではそれを損なうことなく、子供への愛情が真のテーマと成っている。

 また、ドリス・デイが結構好演でラストは目頭を熱くさせる。
 ただ、導入時にマラケシュで会った老夫婦が何者なのかはっきりしないのが少々問題。
 情報を残した男と仲間のように勘違いしてしまう。

 こういった説明不足以外は良い出来で、一般的な評価より良いと感じた。
 一般的な評価では、ヒッチコックらしさが薄いため、トーンダウンしているのだと思われる。
 サスペンスと考えて見てしまうと、少しすかされてしまう。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-21 16:01:29
演出:10
演技:10
脚本:10
音響:10
投稿者:paris1895投稿日:2008-01-27 23:58:39
映像に素晴らしい導きをもたらし続けたヒッチコックが、この作品で、音の世界への追求を始めているという事実に、一体どれほどの人が、正確な驚きを持って接しれているのだろうか。

 下手すれば、チャップリン級に美女が好きだったヒッチコックは、サスペンス映画を撮り続けなければいけなかった。
 でなければ、好きな美女を好きなだけ、見る事など出来ないから。
 さらに、サスペンス映画に、そこまでの編集の自由もないからだ。
 ここぞ、というカットが二つあれば、それはつなげるしかないのだから、ヒッチコックは大部分の自分の思う形の映画を、劇場に届ける事が出来たのだ。

 そして、それは、つまりなにかと言えば、プロデューサーまでをも兼ねるという暴挙だった訳だが、そのせいかやはりアカデミー賞には嫌われ、同じ事を長年し続けているスピルバーグも、基本的にはアカデミー賞には嫌われている。
 そして、若き天才にもプロデューサー能力に長けたものがいる。
 ウェス・アンダーソンが、その一人である。
 彼のプロデュースした『イカとクジラ』の見事なできばえを見た時に、ひとは、ここにまたアカデミー賞如きに、好かれる必要もない男が現れた事を確信する。

投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2007-03-24 00:34:59
【ネタバレ注意】

ヒッチコック作品は、子供の頃観たテレビの洋画劇場以来でした。

なるほど、光る演出の玉手箱ですね。中でも、ドリス・デイの奥さんが、
誘拐された子供に自分の存在を知らせようと、声高にピアノで
「ケ・セラ・セラ」を唱ってるところへ、坊やの口笛が重なってくるところは、サスペンスというのとは違ったゾクッとする感動でした。

アルバート・ホールのあわや殺人事件!の下りも音楽だけで、台詞が一切聞こえないのが緊迫感を高めてました。イギリス時代のオリジナル「殺人者の家」も見ましたが、この同じ下り(曲も同じですね)は、こちらの方がドキドキして、これだけのための作品かも!?とも思えるくらいシンボリックなシーンになってます。

ほかの一連の作品も勉強してみたくなりました。

投稿者:映画オタク投稿日:2006-09-03 15:30:24
【ネタバレ注意】

いや〜、良かったな〜。ヒッチ先生の作品はどれも好きだけど、これはその中でも結構↑の方ですよ。
ベンがなんとかチャペルっていう人の所で「息子を返せ!」みたいなことを言うシーン。あの時置いてあった動物の剥製がいい味出してますねー。さすがヒッチ先生。小道具遣いも完璧!
首相暗殺未遂の一連のシーンは迫力満点で、手に汗かいちゃいました。あの時の歌がシーンとよくマッチしてました。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-01-13 08:21:19
【ネタバレ注意】

いや名曲ですね。
あの、人に知られたらまずい電話の最中に友達連中が入ってくるのが、何とも精神をかき乱す。オープニングのオーケストレーション(シンバルはタイムリミットをカウントダウンする…)、バスの出会い〜レストラン、そしてケ・セラ・セラ…全てが絡み合ってラストの眠りこける友達連中で幕を閉じる。
企みは彼女の何も考えられなくなった悲鳴のせいで…が、結局は…行動は選択の連続、それ故地獄に墜ちる事もあれば切り抜けられる事もある〜基本コミカルなサスペンスかもだが、底に流れるもの(感情)は結構熱い…

投稿者:Ikeda投稿日:2005-02-07 12:08:58
「暗殺者の家」のリメイクと言っても、シテュエイションが全然違うので、別の映画と言っても良い位です。オリジナルのサスペンス色が強いのに対して、こちらはかなりユーモアを交えた作り方です。アルバート・ホールでの暗殺計画だけは同じですが、前作が少々、あっけない感じに対し、こちらは逆に演奏場面が長すぎて冗長な感じもしました。この辺はイギリス映画とハリウッド映画の差かなと思います。
それは冒頭からのシーケンスにも表れていて、この作品は気楽さがあります。ラストの作り方にしても、前作のピーター・ローレが出てくるあたりに迫力があり、射撃がテーマになっているのに対し、こちらはドリス・デイのご存じ「ケ・セラ・セラ」が出てくるのが全く違います。この歌はストーリーに、あまりマッチしていませんが、意識して選んだのかも知れません。
ジェームズ・スチュワートについては、いつも通りで問題ありませんし、彼がモロッコで低い椅子に座り、長い足を持て余すシーンが愉快でした。ドリスの、このような主役も珍しいですが、演技は上々です。
ちょっと顔を出すのが好きなヒッチコックですが、モロッコで大道芸を見ているシーンで、画面の左端にちらっと後ろ姿が見える禿頭が彼のようです。
投稿者:J.T.投稿日:2004-02-01 23:55:24
ヒッチの名人芸の数々がもっとも自然な形で溶け合い、エキセントリックにならない、という意味で一番何度も観る作品です。ともすれば彼の映画は「ああ、面白かった。本当によくできている」で終わってしまうのですが(もちろんそれはそれですごいことですが)この映画は心に残るものがあります。まず親子の情愛がテーマということ。さらに最後に悪役が子供を助けるところ。こうした内容はヒッチさんのほかの映画ではあった試しがないですね。悪役は終盤になればなるほど冷酷だし、ラブロマンス以外に登場人物の感情の揺れ動きは登場しないし・・・。やっぱりアルバートホールの場面と最後の「ケ・セラ・セラ」の場面は最高!
投稿者:アリョーシャ投稿日:2003-07-13 11:56:28
まさに油ののりきったヒッチコック全盛期の快作。自身の旧作「暗殺者の家」のリメイクであり、前作を見ている人からする結末は分かっているので、そうなるとそこへ至る展開がどうなるのかが興味の焦点になる。そこのところを流石に、この巨匠はよく分かっていて、抜群のユーモアとセンスで観客をぐいぐいと画面に引きつけてしまい、最後まで飽かずに見せてくれる。まさに名人芸である。
それと女優を美しく撮ることも相変わらずで、特にこの「知りすぎていた男」のドリス・デイは、あのそばかすだらけのアメリカン・ガールがヒッチコックの手にかかるとこんなにも美しくなるのかと、本当に脱帽ものである。
投稿者:すちゃらかポン太郎投稿日:2003-02-11 05:02:47
教会で誘拐犯と目が合う所やコンサートホールのシーンにみなぎる緊張感はスゴイ!!
登場人物それぞれの表情を絶妙のカット割でバシッ、バシッ、と群集場面も交えた映像で見せる。観客もドキドキ!!

それでも、見終わった後、優しい気持ちになれるのは根底に家族愛があるからでしょうか。
ラストで「ケ・セラ・セラ」が母と子を結びつけるというのも、前半に複線が張られていてお見事。D・デイは他のヒッチ映画のヒロインと比べると決して際立った美人じゃないけど、このママさんの役は親しみやすさという点でも彼女しかいないでしょう。
子供に情が移って悪党になりきれない、誘拐犯の一人の婦人のキャラクターも良い。
投稿者:5G31投稿日:2003-01-23 20:36:50
セリフにもあるように、「アメリカ人が最も憎む子供の誘拐」が話の中心なのね。「北北西に進路を取れ!」のようには、主人公達は頭を使わないし、何もしないし。
投稿者:映子投稿日:2002-11-18 21:12:21
どれにしようか迷うけど私的にはやっぱりこの作品をヒッチコック作品のベスト1にしたい。役者、ストーリーの面白さ、音楽。3拍子揃ってる。
投稿者:ヒッチはまり道投稿日:2001-10-18 12:27:52
ヒッチコック映画を今月に入って7本連続で観て、ついに最高傑作を見つけた.他にもたくさんあるんだろうけど、最初に観た「サイコ」を超える衝撃があるとは思ってなかったからたぶん最高なんだろう.思わず初投稿。
僕もサスペンス・スリラー一辺倒ではなく、プラスαがあるものが好きで、その点、ヒッチコック作品はどれも好きだが、中でもこれはプラスαがありすぎた.やっぱり映画の魅力は音楽でしょう!本当に心の芯から揺り動かしてくれ、おまけに幸せな気分ににさせてくれる映画というのは、常に最高のシナリオと最高の音楽を兼ね備えているものだ.バーナード・ハーマンの音楽はいつでも彼の作品を盛り上げてくれるが、それにあの大好きな「ケセラセラ」の歌がついてくるなんて!個人的にはジェームス・スチュアートも巻き込まれスリラーも家族愛的プロットもみーんな好きなので、お気に入りの作品になったのでした.
投稿者:パラマウント投稿日:2001-02-28 16:53:30
面白かったです。
最後のシーンは「どひゃっ、これでいいの?」って
思ってしまいました。。。でも、この終り方が肩に
入った力を抜いてくれました。
投稿者:フジモト T投稿日:2000-10-22 14:23:34
何度見ても新鮮な傑作。特に“the storm clouds cantata”に重なる終盤の30分は圧巻。多分野村芳太郎監督もこれを何度も見たはずで、「砂の器」が邦画の最高傑作の一つとなったのは、この手法を取り入れたことによる(と思われる)。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 歌曲賞ジェイ・リヴィングストーン作詞・作曲『ケ・セラ・セラ』 Whatever Will Be,Will Be(Que Sera,Sera)
  レイ・エヴァンス作詞・作曲
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ヒッチコック アルティメイト フィルムメーカー コレクション ブルーレイBOX2013/12/20\28,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】知りすぎていた男2013/09/04\1,886amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ヒッチコック・ブルーレイ・コレクション Vol.12013/05/10\11,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ヒッチコック・プレミアム・コレクション <初回限定生産>2012/11/02\28,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ヒッチコック アルティメイト フィルムメーカー コレクション DVD-BOX2013/12/20\25,000amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男2012/09/26\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男 <初回限定生産>2009/06/05\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ヒッチコック・コレクション DVD-BOX2008/12/19\11,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ジェームズ・スチュワート 生誕100周年記念 クラシック・コレクション2008/12/04\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男 <初回限定生産>2008/05/15\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男 <初回限定生産>2007/06/14\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男 <期間限定生産>2005/12/23\933amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男 <期間限定生産>2005/07/22\1,490amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男 <【UPJ】1枚買って1枚もらえる!キャンペーン第4弾商品>2004/11/26\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男2003/04/25\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】ヒッチコック・コレクション BOX 1 <限定5,000セット>2002/06/28\19,800amazon.co.jpへ
 【DVD】知りすぎていた男2002/06/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】知りすぎていた男レンタル有り
 【VIDEO】知りすぎていた男 <ワイド>レンタル有り
 【VIDEO】知りすぎていた男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION