allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

白い記憶の女<未>(1988)

THE GIRL IN A SWING

メディア映画
上映時間114分
製作国イギリス
公開情報劇場未公開
ジャンルサスペンス
参考価格:¥ 1,825
価格:¥ 1,428
amazon.co.jpへ

【解説】
 出会った瞬間から運命の愛欲地獄に墜ちてゆく男と女。女の悲しい秘密が明かされるまで独特のけだるいムードが支配するエロチック・ミステリーの佳作。なんと言っても見どころは主演のM・ティリーの熱演である。オール・ヌードも辞さない彼女の存在感が、この作品のすべてと言っても過言ではない。そういう意味ではM・ティリーのファンは必見の代表作である。監督のG・ヘスラーは「シンドバッド黄金の航海」など特撮畑の職人といったイメージが強いようだが、ここではキチンとドラマも撮れることを証明している。なお、原作『ブランコの少女』は『ウォーターシップダウンのうさぎたち』のR・アダムスによる。
<allcinema>
評価
【関連作品】
シンドバッド黄金の航海(1973)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2017-04-15 00:35:38
なんだかなー、引っ張る割にはありきたりだなー。オカルトも交じってんのか?
投稿者:新・映画の都投稿日:2008-02-10 08:52:56
なるほど。そういう事だったのですな。途中で恐らくそうではないかと思ったのだが、物語が進むにつれて、カリンの官能的な魅力、エキセントリックな行動も重なり、幻想の世界に引きずり込まれ、見ていて混乱して分からなくなってしまいました。メグ様のお体を含め、彼女の魅力を堪能させていただきました。でも、ボカシはいらなかったよなあ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-12-31 01:31:31
【ネタバレ注意】

最後まで真相は引っ張ります。

もうメグ・ティリーの神がかり的な「美」と悪戯っ娘の様な「魅力」の前に、冷静さを失った僕等は彼女が何者であるのか?全く解りません。この世の者じゃないんじゃないか?ってのが、この「ミステリー・ホラー」がファンタジーに思えてしまうわけ。彼もミステリアスな彼女の前に実際「命」でも投げ出しそうな勢いなのだが、彼女は正に「人間」以外の何者でもなく。もっと早く気付いておればね…

が「謎」は全て提示されており、実の所もっと早い段階で解ってても不思議はない筈。
何故、彼女はバタバタと忙しいのか?
何故、彼女はバスで帰ってしまうのか?
彼が帰国を引き延ばしたのは何故?〜デートの後、彼が言った言葉は?
結婚の前に片付けないといけない何があったのか?
どうして彼女は空港で疲れてたのか?
何故、暗闇を恐れるのか?
何故、教会で式を挙げれないのか?
何故、子供の泣き声が聴こえるのか?
何故、グリーン・トータスがそこにある訳がないのか?
何故、彼女が病院に担ぎ込まれるのか?〜この段階では、殆どの人が解ってる筈だね。

アフィントンの白馬(古代ケルトの地上絵)によるご利益(ブランコの少女)すらミステリアスな怖さ倍増。
この地上絵は見たことがある…ってか、English Settlement(XTC)のジャケットだね……And I've got one, two, three, four, five〜Senses working overtime〜http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:White_horse_from_air.jpg

投稿者:インベラー投稿日:2005-11-06 17:18:32
途中迄は非常に興味を持って観られましたが、ラストシークエンスがばたばたになっており残念です。しかしメグのヌードだけでも、メグファンには幸せになれる事請け合いでございます。観れ!!
投稿者:ファルド投稿日:2004-10-02 20:08:53
鏡の前、川、ブランコ、海辺などでのM・テイリーのオールヌードシーンが印象的。特に鏡の前のシーンが表情と共に結構色っぽかったですね。
【レンタル】
 【DVD】白い記憶の女 〜ヘア解禁版〜レンタル有り
 【VIDEO】白い記憶の女レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION