allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

白い恐怖(1945)

SPELLBOUND

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA=東宝洋画部)
初公開年月1951/11/23
リバイバル→IP-83.5
ジャンルサスペンス
白い恐怖 [DVD]
参考価格:¥ 1,620
価格:¥ 1,421
USED価格:¥ 787
amazon.co.jpへ

 Photos
白い恐怖

【解説】
 新しく病院にやってきたバランタインという医師は、白地に縞の模様を見ると発作を起こすという奇癖を持っていた。やがて、彼の代わりに来るはずだったエドワーズ博士が、行方不明になるという事件が起こる。バランタインが疑惑の渦中に立たされる中、病院の女医コンスタンスだけは彼の無罪を信じ、発作の原因を追究するが……。ニューロティックなサイコ・スリラー。主人公が垣間見る幻想シーンのビジュアルにはサルヴァドール・ダリが協力している。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16131 8.19
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2018-05-12 23:24:52
【ネタバレ注意】

何年も前に、何の予備知識もなく見た。「白い恐怖」という邦題からてっきり「麻薬中毒患者」の話かと思っていたら全然違った。原題は「SPELLBOUND」で意味は「魅せられて」。堅物の女性精神科医コンスタンスを演じるイングリッド・バーグマンが謎の美男子を演じるグレゴリー・ペックに一目惚れするところからとったと思う。
「白い恐怖」は、おそらく謎の男が「白地に縞の模様」に「異常な恐怖心」を示すところからつけたのだろう。確かに直訳の「魅せられて」よりは、映画の内容をよく現している。

この映画でよく分からないのは、謎の男が「自分はアンソニー・エドワーズ博士だ」と思い込んだ理由だ。確かに真犯人にとってはその方が都合がよい。彼がアンソニー・エドワーズ博士を殺してなりすましていると罪を被せることができる。

謎の男が「白地に縞の模様」に「異常な恐怖心」を示す訳は、幼少の頃にゲレンデ?で弟を殺したという「トラウマ」からきている。実際は事故だった!
そのことを真犯人が利用して、アンソニー・エドワーズ博士殺しの犯人と思わせたのだが、こんなにうまく事が運ぶのだろうか?
ラストも、コンスタンスの追求に対して「白を切れば」逃げられたと思うが・・・
ヒッチコックにしては、ずいぶん詰めの甘い映画だと思うのは、わたしだけか?

投稿者:ルーテツ投稿日:2018-02-02 19:30:53
映画にいちいち突っ込みを入れながら観るのは嫌い、特にヒッチコック作品に関しては

ただ「探さないでくれ」という男が、手紙で宿泊先のホテルを明かしていたり、真犯人が観念するまでの速さなど、無理やりな展開が多く感じた
スーツ姿のままでスキーするか?

主演のグレゴリー・ペックとイングリッド・バーグマンは良いコンビだと思う
ペックが長身なので、バーグマンのガタイの良さが目立たない
ペックの静かな感じと、抑え目なバーグマンの演技はハマっていたと思う
バーグマンは常に悲劇のヒロインを演じたがっていたそうだが、配役が男女別だったらどうなっていただろうと考えると、嬉々として記憶喪失者を熱演するバーグマンに対し、分析医をボーっと演じるペックの熱量の差が出過ぎて、極めてくどい作品になったのではないか
助演はヒゲの無いレオ・G・キャロル、ロシアの名優マイケル・チェホフが良い味を出している

ニューロティックなテーマを扱った初期の作品ということで、いろいろ実験的な映像も見られる
頭の中の扉が開く映像、そのタイミングの見事さは素晴らしく、成功しているかはともかくダリの美術を映画に取り込んでいるのも見どころ
ミクロス・ローザの音楽も美しい

投稿者:ameniutaeba投稿日:2017-02-05 00:32:18
精神分析という難しい要素を取り入れているが、映画としての完成度は高い。ダリの美術の取捨選択は優れているし、バーグマンの眼鏡の使い方は感動的。ヒッチコックの演出がいきとどいている。
投稿者:sachi823投稿日:2016-06-26 09:32:23
バーグマンとペックの美男美女による
古典的ロマンのムードを感じさせる作風で、
ヒッチの作品の中でも好きな一篇です。
バーグマンは美しさの絶頂で見とれてしまいます。
ダリが提供したアイデアは映像化が不可能なものが多く
あまり使われなかったようですが、
夢の場面などはなかなか面白く
当時流行していた精神分析とシュールリアリズムの
影響が感じられ興味深いです。
投稿者:こじか投稿日:2013-12-07 21:48:38
【ネタバレ注意】

まさしくヒッチコックっぽい作品。なかなかおもしろかった。

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2013-05-25 23:36:54
ミステリーゾーンみたいな感じだった。
投稿者:gapper投稿日:2012-09-06 23:25:56
 推定予算170万ドル、総収益約700万ドル(米)、レンタル約500万ドル(米)。

 タイトルで木枯らしが枯葉を散らす木を写し、バックにはテルミンの音が流れる。
 この作品が初めてではないかも知れないが、この作品でテルミンが使用されたことで後のSFやホラーにおいてテルミンが不気味や不安を表す楽器として定着した思われる。
 レトロSFの傑作「地球の静止する日(1951)」でもテルミンは、使用されている。

 原題は魅了された、魔法にかかったと言う意味でテルミンの不気味な曲からタイトルの後半が甘いメロディの音楽に変わる。
 このメロディがしばしば登場する様子と原題から、この作品がメロドラマでもあることが分かる。
 フィルム・ノワールの時代でこの作品もノワールと分類されたりするが、美男美女の盲目の愛を描き典型的なメロドラマの形式の作品は他に無いよう思う。

 ヒッチコックの音楽は、効果音的というかメロディアスでないことが多い。
 映画音楽はインシデンタル(付随)であり、独立して表立つものではないと考えていたからだろう。
 しかし、この作品においては当てはまらない。

 また、第二次世界大戦終了直後でアメリカの心理分析の流行りも始まったばかりでニューロティック作品としても奔りと思われる。
 このようにさまざまな分野での先駆的な特徴を持つこの作品は、映画ファンなら押さえておきたい作品。

 ”過ちを招くのは、運命ではない。 自分自身だ”というシェークスピアの言葉が最初に引用されるが、これはヒッチコック的。
 ここでの過ちと言うのは”恋”のことだ。

 64分過ぎにジョン(グレゴリー・ペック)の”私はソファーに寝る”に対し”患者はベッド医者はソファー”と言うコンスタンス(イングリッド・バーグマン)だが、ジョンが起きるとちゃっかりと逆になっていた。
 こういったのもヒッチらしい皮肉。 お気に入りのバーグマンにさせることを含めて。

【映画の薀蓄】
 最初この映画は、精神異常者の部分のみカラーで撮られる予定だった。
 パートカラーは断念されたが、終盤の銃の発射部分のみは真っ赤に染まる。

【どうでもいい話】
 78分頃"I'll make you coffee with an egg in it.(卵入りコーヒーを作るわ。)"と言う台詞がある。
 カフェ・ウフと言う物らしいが、私には想像し得ない代物だ。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:アキ投稿日:2010-12-04 22:15:45
この映画の見所は、互いに一目ぼれしたヒロインとヒーローの会話に尽きる。Because something has happened to us.(私たちの間に何かが起きた)
But it doesn\'t happen like that...in a day.(あってまだ一日よ)
It happens in a moment sometimes.(刹那に起きる事も)
I felt it this afternoon. It was like lightning striking. It strikes rarely.(私は感じたよ 雷に打たれたように 珍しい事だ)。
男は言葉で愛を告白し、女は眼で告白する。その違いだけだ。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-16 12:59:17
イングリッド・バーグマン&グレゴリー・ペック
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-07-08 23:26:18
【ネタバレ注意】

バーグマンは綺麗だが作品自体は最初から最後まで古典的。ペックのトラウマと博士殺しがきちんと繋がっていないし、バーグマンが夢分析で真犯人の行動を全て読み解き、真犯人も論理的に自分の行く末を悟って自殺とはねえ。星一つ半。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-08-30 19:12:15
精神科医でカタブツ、感情に支配されないクールで知的な筈のバーグマンが、感情が抑えられなく思い込みで突っ走るバカで世話焼きで人懐っこくて可愛い…って性格も併せ持つのが凄い。
はっきり彼女のアクティングを観るだけでも価値あり、なのだが、そこにヒッチコックらしい謎が深まってラストに解け…って所でどんでん返し。そしてある男の一言から彼の見た夢(車輪が溶けてる?〜ダリですか)の出来事が現実の真実に収束する〜ラストカットもお洒落です。

勿論バーグマンは超絶に素晴らしいのだが、元師匠な老精神科医が好ましく実に魅力的ですね。
白いテーブルクロスの筋に錯乱する男の謎は、2人の魅力的な精神分析医によって明らかになってゆく…

恋する女にはマトモな判断は不能〜文句なく名作。まさに「魅了される」一品。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-21 15:15:56
演出:10
演技:10
脚本:9
音響:10
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-12-21 21:27:21
イングリッド・バーグマンとグレゴリー・ペックの共演作だったのでネットで鑑賞しました。なかなか面白かったです。サスペンスとしてよく出来ているのでラストまで目が離せません!それにバーグマンもやっぱり美しいし、ペックとのロマンスも綺麗でした〜!
記憶喪失で白いものやウネウネの模様などに脅えるペックの演技は言うまでもなく素晴らしいし、そんなペックを信じ続け、何とか助けようとするバーグマンの姿も素敵でした。それから幻想シーンも印象的で忘れられません!
何にしてもとても見応えのある作品だったのでやはり鑑賞して良かったし、また機会があれば是非とも見たい映画です。
投稿者:Ikeda投稿日:2004-10-17 14:56:59
この映画は「スペルバウンド」と言った方が私には解りやすい位、戦後の映画雑誌では評価されていた作品です。それでも見る機会がなく最近初めて見ました。そして、数多くある記憶喪失を扱った映画の中で、最もスリルある作品だと思いました。私はこの頃のイングリッド・バーグマンが絶頂期だと思っていますが、素晴らしい演技です。グレゴリー・ペックもこの役にはピッタリで、「心の旅路」のロナルド・コールマンと同じ様な立場ですが、このペックの方が上の感じがします。
最初からスムースな進行で、二人の間の感情を描きながらサスペンスを盛り上げて行くあたりにアルフレッド・ヒッチコックらしさが出ています。この映画のスチールでは、駅で切符を買う所をよく見ましたが、その辺あたりからの展開が良くて、バーグマンが前に助手をしていた医師マイケル・チェコフの世話になるあたりはイギリス映画的です。心理学のことは良く知りませんが、命がけのスキーはショック療法なのでしょうか。それは別にして、恋の心情と記憶喪失に伴う異常とをうまく組み合わせた名作です。
投稿者:ムタト投稿日:2004-07-03 21:21:34
当時、自らも精神医にかかっていたセルズニックは、精神療法による可能性をめぐる映画を製作した がっていた。そのころロンドンに帰っていたヒッチコックはそれを知って適当な作品を物色し、フランシ ス・ビーディングによる『ドクター・エドワーズの家』という、気狂いが精神病院を占領してしまうという打っ てつけの小説を見つけてその映画化権を買い取り、それをセルズニックが買い取って本作は製作が始 まった。はじめは、イギリスでのヒッチコックの二本の短編作品(『ボン・ヴォヤーズジュ』と『マダガスカ ルの冒険』)の脚本を手がけたアンガス・マクフェイルと一緒に脚本に取り組み、その後ロンドンからニ ューヨークに帰ったヒッチコックは、やはり精神医にかかっていてセルズニックとその経験を話し合った りしていたベン・ヘクトと組んで、いくつかの精神病院を訪れながら最終的な脚本を完成させた。(以下、↓)
http://www11.plala.or.jp/kunihiro/cinema/page223.html
投稿者:アリョーシャ投稿日:2002-10-13 21:32:36
この作品の魅力は、まさにバーグマンにつきます。
「カサブランカ」よりも「汚名」よりも、この「白い恐怖」のバーグマンが好きです。特に高まる気持ちを抑えきれずに、深夜G・ペックの部屋を訪れるシーンの彼女はバックに流れる音楽と共に実に魅力的です。何とも言えぬ知的なムードの中に官能的な魅力も漂わせていて、やはりヒッチコック好みの女優ですね。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 助演男優賞マイケル・チェコフ 
 □ 監督賞アルフレッド・ヒッチコック 
 □ 撮影賞(白黒)ジョージ・バーンズ<撮影> 
 ■ 劇・喜劇映画音楽賞ミクロス・ローザ 
 □ 特殊効果賞※No Credit Listed音響
  Jack Cosgrove撮影
■ 女優賞イングリッド・バーグマン 
【ニュース】
名優グレゴリー・ペック逝く2003/06/13
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】白い恐怖2013/11/28\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】白い恐怖2008/04/24\934amazon.co.jpへ
 【DVD】白い恐怖2008/03/28\1,000amazon.co.jpへ
 【DVD】世界名作映画全集 55 白い恐怖2005/07/25\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】白い恐怖2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】白い恐怖レンタル有り
 【DVD】世界名作映画全集 55 白い恐怖レンタル有り
 【VIDEO】白い恐怖レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION