allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

白い恋人たち/グルノーブルの13日(1968)

13 JOURS EN FRANCE

グルノーブル 雪と氷の祭典(TV・別)

メディア映画
上映時間109分
製作国フランス
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1968/11/09
ジャンルドキュメンタリー
白い恋人たち Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 8,480
USED価格:¥ 10,199
amazon.co.jpへ

【解説】
 1968年の仏グルノーブル冬季オリンピックを克明に追った、C・ルルーシュ監督のドキュメント作品。「男と女」等で卓越した演出力を見せた同監督だけに、意表を突いた視点でオリンピックという舞台そのものを多角的に捉える事に成功している。開会式のリハーサル中、てんでバラバラの演技者達に業を煮やした指導員の女性がマイクで怒りの演説を始めるシーンや、夜の選手村でのひたすら華麗なパーティ・シーン等、演技の合間の空間に徹底的にこだわった演出が光る。無論、アルペン種目を追った豪快な撮影や、アイス・ホッケーの凄まじいバトルといったダイナミズムも素晴らしい。冒頭、聖火リレーの映像にF・レイの有名なテーマ曲がインしてくるシーンは、今観ても鳥肌が立つ程素晴らしい。
<allcinema>
評価
【関連作品】
男と女(1966)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
654 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-17 22:24:01
以前はオリンピックが開催される毎に記録映画がつくられ
当然のように劇場公開されておりました。
記録のための作品ではなく、監督の個性がつよく感じられる
作風でそのあたりが人気の理由かと思います。
そしてやはり音楽の効果が大きいです。
変な日本人は偶偶いた人物なのかエキストラなのか
よくわかりませんが不愉快で恥ずかしいです。
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2008-05-24 13:21:10
「東京オリンピック」のパクリといえばそれまでだけど、音楽がいいからね、救われています。昔のオリンピックってのどかったんだなあ。邦題ひどすぎ。
投稿者:Tom投稿日:2005-08-07 23:41:28
体制派とフランス人の同胞から批判されまくってた時期のルルーシユ。だかたこそこの映画は素晴らしい。素晴らしい映像の前ではイデオロギー映画も頭から忘れ去られてただ酔いしれるのみ。この作品の冒頭のシークエンスのように。
投稿者:ノリオ投稿日:2003-01-16 03:04:32
何も言いたいことはないが映像のセンスだけは類い稀なルルーシュの神髄の一本。思えば彼がヌーヴェルバーグの残り火が残る時期に出発したのは大いなる不幸だった。思想性なぞ糞食らえ!フランシスレイのスコアも古今あらゆる映画音楽の白眉であると信じる。
投稿者:OMF投稿日:2000-08-21 17:40:39
 冒頭の聖火ランナー達のショットから始まり、ランダムに映し出される人々。即興的な映像はいかにもルルーシュらしい。市川昆の東京オリンピックの乾いた映像とは明らかに違う。脈絡のない映像は退屈さも誘うが、見終わった印象は悪くなく妙に心に残る映画だ。フランシス・レイの音楽もいい。ちなみに映画の封切り後、かなり長い間、どこのスキー場へ行っても必ずこのテーマ曲が流れていた。
 一昔前の黒いキルティングのヤッケを着た日本人の中年男性が、執拗に選手達にカメラを向けるシーンが印象的。
 
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】白い恋人たち2013/03/30\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】白い恋人たち2013/03/30\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】白い恋人たち/グルノーブルの13日1998/01/29\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】白い恋人たち/グルノーブルの13日レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 ザ・ベスト 永遠の映画音楽 白い恋人たち
新品:¥ 1,944
1新品:¥ 1,504より   3中古品¥ 747より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION