allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

蜃気楼(1965)

MIRAGE

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UNI)
初公開年月1965/11/20
ジャンルサスペンス

【解説】
 記憶喪失になった科学者が、自分のことを調べるために私立探偵を雇った。探偵は科学者の過去を洗うが、何者かによって殺される。そして、彼の身辺に謎めいた美女が現れた……。放射能を中和する方法を発見した科学者が巻き込まれたスパイスリラー。「浴槽に消えた女」(68)は本作のリメイク。
<allcinema>
評価
【関連作品】
浴槽に消えた女(1968)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2011-04-30 23:36:36
、、、となれば悪かろうはずがない!  と思ったのだが、どうも結末はさえない。あれでは途中で死んでしまった人たち(誰かは言わないが)が可哀相ではないか。NYのロケ撮影とクインシージョーンズの音楽は見事だ。サントラ盤が欲しい。
投稿者:マジャール投稿日:2007-03-25 01:19:50
【ネタバレ注意】

グレゴリー・ペックの日常雑事を淡々と描く導入部から、なんか怪しいと思わせる滑り出しです。淡々とした出来事の中に、気がつくと・・・・アレッ!!
そう、彼はまんまと罠には嵌められていたのです。(この伏線がトンデモナイ!)
主人公が謎の解明に孤軍奮闘するサスペンス・スリラー。敵か味方か、ウォルター・マッソーが怪しい人物を演じて、『未知への飛行』のタカ派軍人を思わせる迫力!!!白黒の、一見地味なサスペンス映画ですが、これは面白かった。是非また観たい!

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION