allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミルドレッド・ピアース<未>(1945)

MILDRED PIERCE

深夜の銃声・偽りの結婚(TV・旧)
ミルドレッド・ピアース 深夜の銃声(WOWOW)

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルドラマ/犯罪/サスペンス

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:pumpkin投稿日:2018-04-06 20:55:05
アメリカには貴族はいないけれど、逆に独特の身分差があるようです(無用に身分を振り回す人がいる)。本作品はそういった意味の悲劇ととることも出来ます。たぶんその辺りは、ジェイムズ・M・ケインの原作にしっかりと描かれているのでしょう。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-12-28 14:13:36
モンティ(ザカリー・スコット)が射殺され、妻ミルドレッド(ジョーン・クロフォード)がウォーリー(ジャック・カーソン)を連れて家に戻って死体を発見する。彼女はウォーリーを家に置いたまま家を抜け出して彼が逮捕される。しかし警察は彼ではなく、彼女の元夫バート(ブルース・ベネット)を容疑者だと断定するがミルドレッドは彼は犯人ではないと主張する。その理由を警部に問いだ出されたミルドレッドは4年前からの経過を話し出す。
彼女の夫バートはウォーリーと不動産業を経営していたが、不況でやめてしまい、ミルドレッドが長女のヴィーダ(アン・ブライス)を溺愛していることなどに反対して別居生活を始めた。一人になったミルドレッドは生計のためにウエイトレスになってアイダ(イヴ・アーデン)の助けを借りて稼ぐが、高慢な娘に育ったヴィーダは、それを卑しい職業だと嫌うので、ウォーリーの仲介で富豪モンティの家を買ってレストランを始める。しかし、ヴィーダはモンティとつきあい始め・・・。

娘の教育の問題点を強調した点で、3年前の「情熱の航路」を思い出させますが、実際に、そのベティ・デイビスとポール・ヘンリードの関係を頭に入れて作られたそうです。ジョーンが名演でオスカーを取ったと言うのも頷けますが、アンが高慢になった娘を演じて中々の好演です。
後年になるとカット・バックを使って解りにくくさせているだけの映画を良く見ますが、ここでは、うまく使われていて、サスペンスを盛り上げる効果を出していて、その意味では同年に作られたデヴィッド・リーンの「逢びき」と好一対です。それを含めてマイケル・カーティスの作品の中でも最上位に入る映画だと思います。
投稿者:Normandie投稿日:2012-02-05 11:46:32
クロフォードを一言で言うならで、独壇場でした。
こんな母親は現代もいるだろうし、それよりもサスペンスとしての味付けの方がとても面白く満足。
昨年製作されたテレビ版のケイト・ウィンスレットは彼女に勝てるわけないと思った。
ヴィーダ役のアン・ブライス、甘やかされた典型だが自分は大人だと自覚したら親のせいにしたらだめだ。
今も健在だけど役と反対で2007年に夫が亡くなるまで連れ添ったようです。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-11-22 22:58:20
見応えあるんだけど、今観るとキャラ設定は類型的だし、後味も悪い。ビッチな長女は久し振りのムカつく映画キャラ。
投稿者:bond投稿日:2011-10-18 08:27:22
【ネタバレ注意】

冒頭はミステリーだが、だんだんいかに苦労したかの母親物語になる。あんなに猛愛して甘やかしちゃー、あーなるよ。いい妹が死んで、悪い姉が残る。

投稿者:さすらい2投稿日:2005-10-26 16:31:43
この時期、傑作ノワールが多数輩出している。ラングの「飾窓の女」、プレミンジャーの「ローラ殺人事件」、ワイルダーの「深夜の告白」等。そして、「深夜の告白」に触発されて製作されたといわれているのが、この「ミルドレッド・ピアース」。落ち目だったジョーン・クロフォードの起死回生の一撃となった作品で、彼女はこの作品でアカデミー主演女優賞を受賞する。触発されたといっても二番煎じ作などでは決してなく、同じジェームズ・M・ケインの原作を実に巧く料理している。

序盤、殺人事件→偽装工作→ときてミステリー臭というか、ノワール臭をぷんぷん漂わせるのだが、そこから意外にも一大大河ドラマの様相を呈してくる。監督が「カサブランカ」を撮ったマイケル・カーティスなので、もうそうなってくるとお手の物で、観ているうちにクロフォードの語る世界にどんどん引き込まれてゆく。が、実はこれはやっぱりミステリーであったということが終盤に判明する、という構成が実に巧みで、「なるほどねぇ〜」とラストは唸るしかなかった。 

飾窓と同じく、なんでDVD化しない!?の一作で、個人的には深夜の告白やローラを凌ぐ傑作だと思っている。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 ■ 主演女優賞ジョーン・クロフォード 
 □ 助演女優賞イヴ・アーデン 
  アン・ブライス 
 □ 脚色賞ロナルド・マクドゥガル 
 □ 撮影賞(白黒)アーネスト・ホーラー 
■ 新規登録作品 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION