allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

人類SOS!(1962)

THE DAY OF THE TRIFFIDS

トリフィドの日〜人類SOS!〜(DVD)

メディア映画
上映時間94分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(AA)
初公開年月1963/09/04
ジャンルSF/サスペンス/ホラー
地球最後の男/人類SOS!(2in1) [DVD]
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 ジョン・ウィンダムの『トリフィド時代』の映画化。突然地球に降り注いだ流星雨を目撃した人間は全て失明。そして世界が混乱に陥る中、食肉植物トリフィドはその勢力を確実に広げていた……。失明の難を逃れた一部の人々とトリフィドの闘いを通して、人類滅亡の危機を描いた秀作SF。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(演出:春日正伸/翻訳:高橋京子)
※このデータは放送当時の情報です。
小林修ハワード・キールビル・メイセン
羽佐間道夫キーロン・ムーアトム・グッドウィン
武藤礼子ジャネット・スコットカレン・グッドウィン
芝田清子ニコール・モーレイクリスティーン・デュラント
高木早苗
国坂伸
龍田直樹
峰あつ子
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-10-30 08:13:23
メイソンは両目を包帯で覆われ入院している。
9時になっても医師や看護師が現れないのを不審に思ったメイソンは、包帯を取って病院内をうろつくが中は滅茶苦茶だった。
医師と出会うが流星を見た為に両目をやられたと言う。
街は眼が見えなくなった者たちで溢れかえっていた。
そこに人喰い植物が現れ・・・。

劇場公開もされた作品。
古い作品ながら今見ても良く出来ていて、中盤から終盤にかけて冗長になるシーンもあるが、ラスト付近の人喰い植物の大群のシーンが素晴らしい。
ビデオはフジビデオからリリースされていたみたいだが未見。
10年程前にDVDが発売されるがちゃんとシネスコサイズで収録なのが嬉しく画
質もまあ良し。
面白かったのが植物の鳴き声?で「呪怨」の清水崇監督のあ・あ・あぁ・・・に似ている(笑い)。

原作「トリフィド時代」(ジョン・ウィンダム・創元SF文庫・評価2・5)はウィンダムの最高傑作と呼ばれている長編。
投稿者:sachi823投稿日:2013-02-10 16:55:56
CG全盛時代の昨今、こういうレトロな作品はかえって
恐怖がじわじわと迫ってきて面白いです。
のろのろした植物が物量作戦で怖く感じるというのは、
新たな発見でありました。
ヒトを感動させるにはとにかくカネをつかって
リアルにすればいいんだ
というのは間違った考えかも知れません。
有名な原作もずいぶん昔に読みましたが、
映画の方もいい味で捨てがたいです。
投稿者:FFF投稿日:2008-02-19 23:59:58
筋肉少女帯の復活アルバムで歌われてまんがな。なんか感激。映画も好きよ。
投稿者:tomovsky投稿日:2005-04-04 03:52:16
【ネタバレ注意】

トリフィドのデザインが良い。ただ、流れ星(?)の何が主人公以外をめくらにしたのかいまだに疑問に思う。

投稿者:yone投稿日:2005-02-24 23:21:12
今回の日本版DVD化は、快挙です。
キチンとレターボックスで収録されており、古い作品でありますがマニアにとっては必携のソフトです。
うーむ、感慨深いです。
投稿者:ひまなし投稿日:2005-02-15 19:32:44
ビンセントプライスのほう。もちろん「オメガマン」のオリジナルというか、リチャードマシスンの「吸血鬼」の初映画化のやつです。「人類SOS」とともに輸入DVDで持ってるんですが(ちなみに、「SOS」はむかーしTVで見たこともありますが・・)、今回の国内DVDはちゃんとシネスコサイズなんでしょうか?。情報を見てみるとどうも、スタンダートにトリミングされてるみたいですが・・・。そこが気になるところかなぁ。輸入盤だと(「SOS」の米盤はトリミングらしい、英盤は違う)ともにシネスコなんですが・・・。
けど、字幕入りってことでメリットはありますが。(字幕が無くても内容は大体理解できるモンですけどね)

以上、以前書いた文章ですが、実際にDVDを入手してみましたら二作とも16:9ワイド画面でした。4:3スタンダートトリミングではありませんでした!。まぁ、画質はほめられたモンではありませんでしたけど・・・。「人類SOS!」は予告編、ギャラリーがおまけでついてます。ちなみに2in1です。
投稿者:プリズム5投稿日:2005-01-22 23:40:57
日本語字幕版で観ましたが、思いのほかそう派手さがあるわけではなく、割かし渋めだったのが意外でした。とはいえ数人がトリフィドの群れに囲まれた家に居るというシーンは「NOTLD」の構図を髣髴させなかなか面白いです。
投稿者:けいぞう投稿日:2000-08-22 01:14:13
私、輸入版ビデオ(のコピー)を持っています。輸入版は比較的簡単に入手できます。トリフィドの造形って当時インパクトがあったらしく、マンガとかイラストでパクリまくってたような気がします。特に石ノ森章太郎の「リュウの道」に「出演」したトリフィドはかっこよかった。石ノ森版の印象があって、現物のトリフィドはなんかいかにも作り物という感じで(当たり前だが)いまいち・・・(芸術ですか。うーん・・・)ビデオでみてわかったのは最初の流星雨のシーンがきれいだったこと(子供のときみたのは白黒TVだった)、それを見て盲目になった人々のパニックが結構迫力があったということ(汽車が駅に突っ込むシーンがこわい)。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】「地球最後の男」+「人類SOS!」2005/02/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】人類SOS!レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION