allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スイング・シフト<未>(1984)

SWING SHIFT

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルロマンス/コメディ

スイング・シフト

Photo:AFLO

ゴールディ・ホーン (39才頃)


 Photos
スイング・シフト

【解説】
 G・ホーンとK・ラッセルというカップルを結びつけるきっかけとなった、J・デミ監督のロマンチック・コメディ。E・ハリスの旦那が召集され、ホーンは軍需工場にパートにでる。平凡な主婦が労働意欲に目覚め、職場内の女性の権利獲得のために立ち上がる……というストーリーが縦軸。それに臨時工のラッセルとのラブ・アフェアをからめ、第二次大戦下の銃後のアメリカの雰囲気作りに念を凝らした、スイング・ナンバー溢れる(それが題の由来)佳作。デミはオフ・ビート喜劇だけでなく、こういう正統派喜劇にも的確な腕を揮える、コーマン門下一の優等生。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ベッカー投稿日:2009-09-13 17:13:21
危険箇所の指摘を無視してデートの誘いを続けるような主任と、彼に流されてしまう寂しがりやのパート主婦。カート・ラッセルは単に波乱を起こす(お話を作るため)だけの役で、2人に共感は覚えません。
むしろ、個性的なクリスティーン・ラーチとフレッド・ウォードの関係の方がよほど興味を引くはずですが、主役たちとのバランス上、物足りない結果に終わってしまった。
チャールズ・ネイピア、リサ・ペリカン、ホリー・ハンターなども揃って絵に描いたような脇役扱いで、不満大。
風俗描写だけが監督の関心事だったらしい。

それにしても30代半ばのクリスティーン・ラーチ、超ヤナギ腰です。
投稿者:きのこきのこ投稿日:2004-09-07 01:43:47
見る前の予備知識は、カート・ラッセルとゴールディ・ホーンはこの映画で出会った、ってことだけ。
それほど期待せずに、でもレンタル開始日に、速攻でビデオ屋に借りに行って見ました。
つまり、見たのはもう10数年前か。
温かくてとてもいい話でした。戦時下のレトロっぽさや、ノスタルジックさがどこか可愛らしくて
当時のファッション(服装や髪型も)も楽しめる映画です。
小さなマイホームで妻と仲良く暮らす、普通の旦那役のエド・ハリスってのもなかなか良い感じです。
チョイ役でホリー・ハンターや、クリスティーン・ラーチが出てるのには気付きましたが
ベリンダ・カーライルなんて出てたっけ??何度も見た映画なのに、全然気付かなかった。

この映画は、オープニングテーマが実に良いんです。カーリー・サイモンが歌ってるんですが
曲名を控えて何年も探し回りましたが、彼女のどのCDにも入ってなかった・・・。
この映画の為だけの書き下ろし曲だったみたいです。う〜ん、残念。
気付くと今でも、無意識にこの歌をよく鼻歌で歌ってます。今度、輸入版DVD買おうっと。
【レンタル】
 【VIDEO】スイング・シフトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION