allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スイング・ホテル(1942)

HOLIDAY INN

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1947/06/10
ジャンルミュージカル/ロマンス/コメディ
スイング・ホテル [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 3,898
USED価格:¥ 892
amazon.co.jpへ

【解説】
 54年に製作されたミュージカル「ホワイト・クリスマス」のオリジナルで、本作でビング・クロスビーが歌う『ホワイト・クリスマス』は、ご存じの通りクリスマス・ソングを代表する一大スタンダード・ナンバーとなった。
<allcinema>
【関連作品】
ホワイト・クリスマス(1954)リメイク
ホリデイ・イン(2017)ブロードウェイ舞台版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-11-19 02:13:06
大好きなフレッド・アステアとビング・クロスビーの共演作だったので500円DVDを買って鑑賞しました。こんな素敵な2人の共演作なので期待して見たのですが、チョイと私もイマイチです。一度目の鑑賞では眠ってしまいましたからね(汗)。でも今回は気合を入れて再鑑賞しました。今度はラストまでちゃんと見れましたが、やはり眠くはなってしまいました。1954年の『ホワイト・クリスマス』は大好きな映画ですが、オリジナルの本作は盛り上がりがそれ程ないので、素晴らしい歌やダンスが披露されても、あまりにも淡々なストーリー展開のせいでパッとしない気がします。
とは言え、やはりアステアとクロスビーの共演作!ストーリーは別にして2人が唄ったり踊ったりするのですから、ミュージカル・ファンとしては幸せです。中でも2人が最初にステージでヴァージニア・デイルと共に唄い踊る♪「I’ll Capture Your Heart」は本当に見事だし、名曲♪「White Christmas」は言うまでもなく素晴らしく、やはりこの曲を歌う人はビング以外にありえない!と思いました。後、1948年のアステアとジュディ・ガーランドが共演した最高のミュージカル『イースター・パレード』のラストでジュディとアステアが幸せそうに歌っていた♪「Easter Parade」をビングが今回本作で歌ってくれたのも嬉しかったです。
楽しい恋模様やアステアとの見事なダンス、ビングとのデュエットなどマージョリー・レイノルズもなかなか頑張ってて素敵だったし、ビングもアステアもやっぱり素晴らしいから、何だかんだ言っても私は好きな作品なのです。
投稿者:くろーにん投稿日:2007-03-03 13:09:06
【ネタバレ注意】

戦後の「ホワイト・クリスマス」の屈託ない戦争賛美には反吐が出たが、この戦前の「ホリディ・イン」は退屈で欠伸が出た。途中で空母や戦闘機が続々と映写され、厳しい表情のフランクリン・ローズヴェルトが星条旗の大きな星形の中に映った瞬間は爆笑。日本と戦争中だもんね。リメンバー・パールハーバーと題字が出ていればもっとよかったのに。噂の爆竹と踊るアステア、マージョリー・レイノルズとハート型を突き破るアステアが素晴らしかったが、それだけ。あと、最後はメタシアターとなる幕切れなのだが、同じセットをその前に使っているため「メタメタシアター」化が起こっている。別に深い意味を持たせてはいないのだが……気づいたから書いてみる。

投稿者:J.T.投稿日:2004-02-21 00:01:20
アステアとクロスビー、とくれば泣く子も黙る顔合わせで、おまけにバーリンの歌曲が満載とくれば絶対文句なんかいっちゃいけない。いけない。いけない、はずなんだけど。どうもこのストーリーが嫌い。大体、アステアがあんな軽薄な女たらしってどういうことだ?クロスビーも辛気臭い。どっちの踊りも歌もいいけれど、どっちも好きなだけにこの役柄とストーリーはなんか違和感が・・・徹頭徹尾、クロスビーの引き立て役(最後は女を結婚式直前でとられてしまう!)のアステアを見るとなさけなくなる。クレジットは両者並んでいるけど、アステアの方が軽く見られていたのかな。まあ、それぞれの歌と踊りのシーンは最高です!
投稿者:Ikeda投稿日:2002-11-19 10:06:41
世評はあまり良くなかったのですが、昭和22年6月、初めて見たアメリカの音楽映画だっただけに非常に感激しました。ビング・クロスビーのボリュームのあるうまい唄、アステアの素晴らしいタップ。映画の良し悪しは別として、絶対的に楽しい映画でした。映画スタジオでクロスビーとマージョリー・レイノルズが、だき合ってしまうラスト・シーンも良かったと思いました。M・レイノルズも好演だったと思います。
クロスビーが唄う「ホワイト・クリスマス」は、アービング・バーリンがこの映画のために作曲したものですが、この歌のレコードは4ヶ月で100万枚、総計500万枚売れたそうで、当時としては驚異的な売り上げだったと思います。後にクロスビー主演で同名の映画が作られています。また、もっと前の作曲の「イースター・パレード」も唄っていますが、これもアステア主演で映画化されています。
余談ですが、大分あとになって、アメリカへ行ってホリデイ・インに泊まりましたが、それ以来この映画の原名「Holiday Inn」は、このホテル名を借用したのだと思っていました。ところが最近、Web で調べてみたら、ホリデイ・インは1952年にスタートしているので逆なことが解りました。インターネットが無ければ、こんな事は調べなかったでしょうが。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 原案賞アーヴィング・バーリン 
 □ ミュージカル映画音楽賞ロバート・エメット・ドーラン 
 ■ 歌曲賞アーヴィング・バーリン作詞・作曲『ホワイトクリスマス』 White Christmas
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】スイング・ホテル2003/06/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】スイング・ホテルレンタル有り
 【VIDEO】スイング・ホテルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION