allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

甘い抱擁<未>(1968)

THE KILLING OF SISTER GEORGE

メディア映画
上映時間138分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルドラマ
甘い抱擁 [DVD]
amazon.co.jpへ

【解説】
 テーマだけでなく描写においてもかなり妥協のない、アルドリッチがレズビアン愛を扱った問題作。彼は同年にやはり「何がジェーンに起ったか?」系列の「女の香り」という相当病的な女性映画をものにしている。初老の女優ジョージ(リード)は、TVの人気長寿ドラマの主要キャラクターを演じてきたが、番組を降ろされる噂がチラホラ立って神経質になり、自ら墓穴を掘るように酒に溺れては失態を繰り返す。同棲している愛人のアリス(ヨーク)はまだ小娘の時分から彼女に厄介になっていて、人を偏愛する、幼児性の抜けきらない女。ジョージの抑圧を嫌っているが、そこから逃れる勇気もない。歪つな関係の中で、アリスをののしりながらも最後にはすがっていたジョージだが、いよいよ、局の女性重役クロフトに降板を告げられ、おまけにアリスも彼女に奪われて、精神的に完全に壊れてしまう。野卑な言葉を感情の赴くままに吐くジョージは、ドラマ中で演じる、物わかりのいいおばさんとは好対照の激烈な人物。それをまたリードが、何かに憑かれたかのような演技で圧倒的にみせる。対するヨークも、彼女にしては難役だが繊細な芝居でうけて立ち、二人のからみは見応え充分。ただ、クロフトの描き込み方が足りず、役者(C・ブラウン)も平凡。面白いのは、舞台がイギリスで、TV界の裏面を描くと言っても、全く華やかでないこと。制作現場もお茶の間の延長上という感じで、アメリカ内のバック・ステージものにあるスターダムへの固執とは違う、猥少さが作品の冷え冷えとした雰囲気をよけい湿らせ、実感がこもった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2012-07-16 08:06:54
シーンが強烈! 英国を舞台のこの種の性描写は珍しい。フランスや北欧ならわかるが。(ベルイマンより刺激的だ。)
リードとスザンナヨークの白熱演技が映画の大半。ところどころ、これはアドリブではないかとも思わせるのがすごい。そして(非常にいいこの作品解説では評価が低いが)コーラルブラウンという女優が非常に魅力的だ。声といい物腰がいかにも重役を思わせるし、前述のレズシーンの表情も圧倒的だ。リードが最後にMoon! Moon! Moon! と叫ぶのは何の意味だろう?
あらゆるジャンルで傑作を作ったアルドリッジの、もう一つの傑作だ。
スザンナヨークも可愛い!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】甘い抱擁2004/08/27\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】甘い抱擁レンタル有り
 【VIDEO】甘い抱擁レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION