allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スター・ウォーズ(1977)

STAR WARS

メディア映画
上映時間121分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1978/06/30
ジャンルSF/ファンタジー/アドベンチャー
A long time ago in a galaxy far,faraway…


MAY THE FORCE BE WITH YOU
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]
参考価格:¥ 3,076
価格:¥ 8,200
USED価格:¥ 3,750
amazon.co.jpへ

【解説】
 遠い昔、遥かな銀河系で繰り広げられる帝国と反乱軍の戦いを描いた“スター・ウォーズ”サーガの記念すべき第一作。帝国に捕らえられた反乱軍のリーダー、レイア姫の命を受けた二体のロボット、C-3POとR2-D2と関わりあった少年ルーク・スカイウォーカー。彼はかつての勇者ジェダイの騎士のベン・ケノービと宇宙海賊のハン・ソロらと共にレイアの救出、そして攻撃要塞デス・スターの破壊へと旅立つ。シンプルだが力強いストーリーと魅力的な登場人物、それ以降の作品に多大な影響を与えたSFX(アカデミー受賞)で連続する見せ場をつないだ冒険映画の傑作。今でこそ、この種の映画は珍しく無くなったが、初公開当時劇場で体験した興奮を忘れる訳には行かない。全世界で大ヒットした後、ルーカスは9部構成の構想をぶち上げ、本作はエピソードIV“A NEW HOPE”ということになった。97年に「スター・ウォーズ 特別篇」としてリニューアルされた。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

水曜ロードショー(監修:野田昌宏/翻訳:大野隆一/演出:田島荘三/音響効果:南部満治/大橋勝次/河合直/調整:近藤勝之/川崎宗利/制作協力:コスモプロモーション)
※このデータは放送当時の情報です。
渡辺徹マーク・ハミルルーク・スカイウォーカー
大場久美子キャリー・フィッシャーレイア
松崎しげるハリソン・フォードハン・ソロ
野沢那智アンソニー・ダニエルズC-3PO
久米明アレック・ギネスオビ=ワン・ケノービ
鈴木瑞穂ジェームズ・アール・ジョーンズダース・ベイダー
川辺久造ピーター・カッシングモフ・ターキン
小瀬格
本山可久子
寺島幹夫
渡部猛
神谷和夫
安田隆
湯川元敬
佐藤政通
稲葉実
田村勝彦
飯塚昭三
広瀬正志
藤城裕士
立沢雅人
千田光男
及川智靖
大木民夫
安原義人
池田勝
金内吉男
【関連作品】
隠し砦の三悪人(1958)
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999)シリーズ第1作
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)シリーズ第2作
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)シリーズ第3作
スター・ウォーズ(1977)シリーズ第4作
スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980)シリーズ第5作
スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(1983)シリーズ第6作
スター・ウォーズ 特別篇(1997)シリーズ第4作特別篇
スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇(1997)シリーズ第5作特別篇
スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇(1997)シリーズ第6作特別篇
STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D(2012)シリーズ第1作 3D版
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008)劇場版アニメ
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ (シーズン1)(2008〜2009)TVシリーズ 第1期
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ (シーズン2)(2009〜2010)TVシリーズ 第2期
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ (シーズン3)(2010〜2011)TVシリーズ 第3期
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ (シーズン4)(2011〜2012)TVシリーズ 第4期
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ (シーズン5)(2012〜2013)TVシリーズ 第5期
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)シリーズ第7作
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
33269 8.15
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nedved投稿日:2016-12-29 01:13:48
アンソニー・ダニエルズ
投稿者:レッド・キング投稿日:2016-11-10 15:07:37
関係ないが横浜高校が甲子園で優勝した次の日に(旧)日劇で鑑賞。
大学生の先輩方が絶賛するので、見に行きました。
素晴らしいSF冒険映画でした。始まってアッという間に時間が過ぎて、デススター破壊後「よし!ここから新たな展開が始まるんだな!ダースベイダーを追いかけろ!」と思っていたら、映画が終わりました。30分位にしか感じません、この様な経験は初めてでした、あまりの面白さにあれよあれよといううちに終わった感じです。当時よく言われた、要因の一つにテンポの良さが上げられました。特撮シーン等、もーちょっとよく見たいな〜と思う直前で早めのカット!これが良いと評判でしたが、後日、ジョージ・ルーカスの談話では「本当はじっくりと見せたかったが、満足のいく特撮シーンではなく(技術が追い付いてなく)早めにカットした」との事。
実は怪我の功名に近いものだったみたいです。
それにしても、その後の映画業界に与えた影響はすごく、SFブームがおきましたね!映画業界に刺激を与えた歴史的作品でした。
それまでは、「SF映画だけは見ない」と言うひとが多数でしたから・・・。
ジョージ・ルーカスって凄い人だなって思います。
ちなみに、TV放送時の吹き替えって酷いメンバーですねぇ・・・ 


投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2016-01-03 17:50:23
シリーズ化できるかどうか判らない中でつくった本作が、単体の映画としてはもっとも面白くて完成度が高いと思う。

今あたりまえと思われていることの多くがスターウォーズ以前はそうじゃなかった。
それまでの映画やテレビ番組の宇宙は青かった(ひどいときは星が瞬いたりした)が、黒い宇宙を普及させたのは本作の功績。
光線銃で撃った光が弾のように飛んで行くのも、スター・ウォーズで驚いたところ。それまでの光線は画面の端から端まで線が引かれて、ピーとか音がしてるだけで、動きがなかった。
映像も音響もスター・ウォーズ以前と以後とで大きく変わった。

しかも内容は、SF小説ではお馴染みの、しかし映像化されないだろうと誰もが諦めていたことばかり。この作品が突破口にならなければ、後に続く諸作は存在しなかった。
その楽しさ面白さはもちろんだが、エポックメーキングとしての意義も末永く語り継ぐべき作品だろう。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-560.html
投稿者:カール犬投稿日:2015-12-23 21:13:00
辺境の地の果てで広い世界に出てみたいと思っている男の子。

ワケありなポンコツロボットがもたらす冒険への糸口。

気が強いけど気取りもない隣の女の子的な姫君。

ワイルドでならず者な宇宙パイロット。ピンチには助けに戻るぜ!

子どもの落書きを形にしたような様々なクリーチャー。

自分を正しく導く老師。

よくわからないけど現れた敵は真っ黒けで師匠が倒された。

対する自分にはフォース(なんじゃそりゃ)という未知のパワーがある。。。


SF好きな男の子が星空を見上げ、自分を主人公に夢想するようなこと
すべてが詰まってる冒険ファンタジー。

自分にはこの初代シリーズに流れる稚気がとても微笑ましいな。
投稿者:うぼん投稿日:2015-11-18 11:36:53
中1の夏休みに祖父とふたりで観に行った。もちろん13歳男子大興奮の体験だった。映画の途中、ふと気になって隣をみたら、大正生まれのじいさんも目を細めて実に楽しそうな様子だったので、ああ退屈してくれなくて良かったわと、嬉しくてちょっと誇らしい気持ちになったのを憶えている。いまの時代の62歳なら若いので普通かもしれないが、当時のコワイ年寄りを喜ばせるほど、贅沢なエンタメパワーを持ったSFファンタジー映画だと思う。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 02:13:11
キャラクターデザインが良い。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-11-01 23:19:14
TVで放映してたのを初めて観たのが10歳ぐらい。 鼻血出るくらい興奮。
レンタルビデオ屋ができ始め、中学生ぐらいで借りてまたまた大興奮。
投稿者:緑茶投稿日:2013-02-21 10:53:41
シリーズはジェダイの復讐までしか見てないが、やはり1作目が一番いい。
CGに頼らない手作り感が楽しい。魑魅魍魎が集ってジャズなんかを演奏している酒場のシーンが何気に一番好きだ。ジョン・ウィリアムズのテーマ曲も20世紀の古典音楽という風格でよくぞ作ってくれましたという感じ。ルーカスは現場仕事にウンザリしたのか早々と監督業から身を引いたのは残念。最近のCGだらけの映画と比べると「特撮」と「CG」は根本的に違うものだというのがよくわかる。まあ当たり前のことか。
投稿者:とむ@香港投稿日:2013-02-15 01:47:13
何度か挫折している映画。全巻まとめて買った上で再挑戦。

さくさく物語は進むが、何故主人公がこうした戦いに身を投じたかについては強引過ぎる気もする。

それにしても世界で一番有名な映画だからか、いろんなパロディがここから生まれたことに改めて驚かされる。

最後の場面は、リズム天国ゴールドの音楽が頭に浮んで笑ってしまった。
投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2012-07-25 09:56:46
宇宙戦艦ヤマトは74年となると
R2−D2のデザインはアナライザーのパクリだと言う
松本零二の主張も
あながち戯言とはいえないかもね
投稿者:こじか投稿日:2010-12-26 17:50:21
これを突然にやってのけたんですから、ジョージ・ルーカスってほんと凄すぎますね。シリーズ通しての重要な要素であるフォースやダークサイドなど、ジェダイが侍の様な武士道に通ずるところも日本人としては感心してしまいます。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 01:37:58
マーク・ハミル&ハリソン・フォード
投稿者:QUNIO投稿日:2010-06-11 17:44:56
このようなド派手なハリウッド映画にあまり呼応しない自分としてはそれほど思い入れはないのだが、たしかに『ロード・オブ・ザ・リング』みたいな映画はこういった超大作の影響下にあると思うし、ルーカスにはこれからも独創的な大作をまた作ってほしい。

『ハムナプトラ』とか『トランスフォーマー』を見て感じるのはどうしてこれだけの資金があるのにこんなロクでもない映画を作るのだろうという憤りなんだけど、要はアイディアや工夫の面で追いつかなくなって来てる現状があるからかも知れない。盗作にリメイク、粗製濫造もいいとこである。
投稿者:JES投稿日:2010-03-22 17:38:25
 夢の映画。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-01-01 16:16:03
小5の時からずっと好きだけど、劇場で体験してたら満星だったかも。ルーカスのヴィジョンは当時としては本当に型破りで、のちにキャメロンやエメリッヒ、ピーター・ジャクソンなど、本作に影響された特殊効果大好きクリエイターの企画が通りやすくなったのは、彼のお陰と言える。反対にコッポラのようなタイプの監督が活躍しにくくなったのは彼のせいと言える部分もあり、スピルバーグとルーカスの大成功はハリウッド史の中で功罪半ばしてるな。特別編の化粧直しは全面的に支持するけど、唯一要らなかったのがCGジャバ。ノロノロしか動けない闇商売の帝王がハンに直接会いに来るなんてあり得ない。
投稿者:ジェームス投稿日:2009-10-12 03:36:26
久々にDVDで観たが、やっぱり楽しめた。現実逃避には持って来いの映画。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2009-09-06 17:10:26
これで映画に目覚めたようなもんだからね、評価が甘くなるのはしょうがない(笑)

投稿者:クリモフ投稿日:2009-06-08 17:01:11
テレビ放送とかで観た気になってたけど、よく考えたらちゃんと観たことないことに気づき鑑賞。恥ずかしい。いやいやこんな話だったのね。SFの体裁をとった戦争活劇。「大脱走」「ナバロン」とかああいう感じがなんとなくします。
自分の生まれれる前の映画なので、2009年にまじめに見ると荒唐無稽なところもあるし、突っ込みどころもあるけど、なかなか楽しく見ることができました。まぁオリジネイターで金字塔に対して細かいことをあれこれいうのもねぇ。あ、ただライトセイバーの立ち回りは思っていたよりドン臭くて残念。ちょっと失笑。
映像は今見ても悪くない。戦闘機による強襲場面はなかなかの迫力。宇宙船の造詣もかっこいい。あとSFの兵器観みたいなものってスター・ウォーズが完成させたのかな。未来なのに白兵戦やらドッグファイトやら、戦術的には第二次大戦期のやり方ね。ガンダムとか銀河英雄伝説とかもそうだし。
マーク・ハミルはイケメンで良い感じの好青年なのでその後のキャリアが残念。キャリー・フィッシャーはヒロインとしては魅力不足かな。ハリソン君はかっこいい。  
うーん、もっと子供のころに観てたら大興奮だったんだろうな。鑑賞時期を逸してしまっていたのが無念。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 09:44:56
演出:9
演技:9
脚本:9
音響:9
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-10-18 23:07:38
久しぶりに観てもやっぱりおもしろかった
投稿者:歌王投稿日:2007-09-06 17:14:15
【ネタバレ注意】

すでに劇場版も特別編も揃えていたので、去年発売のリミテッドエディションはスルーしていました。しかし先日、それが特製缶入りで旧トリロジーBOXとして再発。さすがに我慢できずに買ってしまったと。我ながら馬鹿な所業ですが、もうあきらめてます。
そして久々に劇場版を再見したわけですが、やっぱ我々のSWは特別編でなく、こっちなんだなと実感しました。


「アイズレー宇宙港」にジャバがいなくても、デス・スターの計器類が英語表示でも、「光線剣」戦で棒が丸見えになっても、Xウィングの羽根の開閉がギクシャクしてても、祝宴シーンの兵士たちが書き割り丸出しでも、やっぱりこの初回バージョンこそがSWなんですよ。特別編よりも全体的にエキサイティングなのは、決してノスタルジーだけのせいではないと思いました。


とはいえ、特別編は特別編で楽しめてしまうのが、また困ったところなんですが…

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-11-18 15:55:57
【ネタバレ注意】

…そして、一機、また一機と爆破されて果てる仲間。

あの戦闘機に乗りたがるベイダーが、EP1〜3を観た目には如何にもだね。
そして霊体となるベン・ケノービ(「ビッグフィッシュ」のユアンは、年を取ったら彼になるのじゃないのか?)
ヘイ!ルーク。フォースが付いてるぜ。
そして生意気で強気なレイアが悪戯っ子のように彼らを表彰する…

いや、STAR WARS IV〜VIを貸してくれる人がいたので…本編は、トリロジーと同じだね。いや、まぁ中途半端な特別編は必要ないとは思うのだが。

※このページの「クレジット」の前に書かれた英文がナイス。

投稿者:bond投稿日:2006-08-17 09:25:28
公開当時は映画館で観たが、なんかよくわからんが子供向けSFだなーと思った。今回エピソード1,2,3観てから再度観ると、なかなかの大作と実感。
投稿者:たにし投稿日:2006-08-01 22:21:44
おもちゃ扱いだったSFにまた一つ新しい価値を投じた作品ですね。
NHKがあと20年くらいしたら大河ドラマとかしそうです。な、わけねーか。

最初みたときのスペクタクル感はいまだに座れられないです。
またアレック・ギネスの倒され方に、人間とは消えてしまうのか!

と哲学的な意味合いがあったことも小さいころ確認させられた映画でした。

投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2006-03-19 13:03:55
しかしなんだな、「スター・ウォーズ」って1977年の映画なんだよね。超大作の走り…っていうのは後付で、僕的にはいわゆる「アメリカン・ニュー・シネマ」のラインとしてとらえるべき作品だと思うな。「イージー・ライダー」とかね、「明日にむかって撃て」とか、そーゆー感じの流れ。
だから、エピソード3と4、つまりこの作品と次の「帝国の逆襲」まではオッケー。アウトサイダーたちの映画だった。
でも、エピソード5でイウォークを見たとき、なんか頭の悪いベトナム戦争映画っていうか、偽善的な匂いがぷんぷん漂ってきて、気持ち悪くなってきましたね。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-03-18 19:58:42
全く飽きさせない作りは見事。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-07-31 06:56:58
初公開時、渋谷東宝で観たんですけど、途中入場する奴らのせいで
外光がスクリーンに当たり、漆黒の宇宙空間が台無しになったのが記憶に残ってます。
そんな鑑賞条件の悪さを差し引いても、そんなに面白い映画か?って思ってました。

ファルコン号内での小さなモンスターをコマ代わりにしたゲームの場面、
ストップ・モーション・アニメ好きには、心躍りました。
おそらくこれは、フィル・ティペット先生の仕事なのでしょう。
『帝国の逆襲』以降、この種の場面がないのが非常に残念です。(『シスの復讐』は未見)

コンティニューってゲーム誌の『スター・ウォーズ』ゲーム特集を読むかぎり、
モンスター・チェスがゲームとして商品化されてはいないようです。ちぇっ。
シロート考えで、元がそもそもゲームなんだから、ゲーム化し易いんじゃないかと・・・。

ルーカスお墨付きの“純正商品”以外のところで、ゲームのコマ同士が文字通り争うって発想は
みなさんお好きなようでして、いろいろなゲームやアニメに“移植”されているようですが。
(よく知らんけど、「遊戯王」とかもそのクチ?)



投稿者:セルヴィー投稿日:2005-06-27 15:30:55
はずかしながら、いまごろになってようやく一作目をみました(^−^;A
ふつうに、おもしろいし、ふつうに、はまりますね・・・新作公開の度に巻き起こるフィーバーぶりがなるほど納得できました。
EP靴公開されるまでに、残りを一気にみてしまおうと思っています。
投稿者:jyonji投稿日:2005-06-13 00:25:47
【ネタバレ注意】

子供の頃に買ってもらったスター・ウォーズ大百科を読み興味を持ちましたが、いざ見てみるとかなりがっかりした事を覚えています。
剣道の型練習の様な盛り上らないライトセイバー戦。
学芸会ですか?と思える役者の演技。
宇宙戦もスピード感に乏しく、なんじゃこりゃってな感じでした。
大百科で紹介されていた写真のシーンも無く、だまされた感じを受けました。
実はこの映画を初めて見たのが『ジャダイの復讐(現在はジェダイの帰還)』を公開していた年でシリーズ映画だという事に気が付いていませんでした(子供でしたから)。
後にテレビ放送で『帝国の逆襲』を見て評価が一気に上がり、今ではスター・ウォーズの大ファンと成っています。
それでも『新たなる希望』が面白いと思えるようになったのは、特別篇になってからです。
そういえば昔の字幕はフォースを『理力』って訳したりして気に入りませんでしたがダースベイダーのセリフに関しては昔の字幕の方が好きでした。http://saltsaltsalt.hp.infoseek.co.jp/

投稿者:型作投稿日:2005-06-02 18:49:19
多分、小学校高学年の男子でこれをみてハマらないひとは3割くらいしかいないと思います。そのぐらいすごい興奮してハマります。それで特にこの第1作はハマります。他のスターウォーズもおもしろいんですが、いつみても新鮮でいつみても興奮できるのはやっぱりこの第1作です。
 この映画の大ヒットによってSFというのがそれまではB級扱いであったのに対し一気に最も儲けられるジャンルになってしまいました。きっとこれの大ヒットがなかったらスピルバーグの未知との遭遇が大ヒットしたかどうかはわからないしそう考えるとE.Tやジュラシックパークといった大ヒット作がつくられたかどうかもわかりません。そういう点でもこのスターウォーズという映画は「すごい」映画だとおもいます。http://katasaku.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:J.T.投稿日:2004-11-03 03:05:27
当時、マーチなんて流行らなかったのにジョン・ウィリアムズのあのテーマ曲がオーケストラサウンドで鳴って(当時はシンセが多かった!)宇宙の彼方に文字が消えていき(あの文字の出し方も珍しかった!)そして極めつけは帝国軍のでかい戦艦の登場!!当時は劇場でのけぞりました。あのあと、多くのテレビ番組があの戦艦の登場の仕方をこぞってパロディにしたものです。思うに、あのオープニングがこの映画を決定づけたのでは。「風とともに去りぬ」のタイトルがあの名曲に乗って、全面でスクロールしていくのを映画ファンが誰でも知っているのと同様、やはりあのインパクトは強烈でした。それからフォースとかぶんぶんいうライトセーバーやら。でも、内容は、結局、昔ながらの古い映画なんだよね。映画史に残る映画なのだろうけど、あのときの衝撃は2作目でもう過去のものとなりました。
投稿者:sven投稿日:2004-11-03 02:50:01
始めて見たのは小学生の頃だったけど、エライはまった。
すでにEP4〜6まで出ていて、繰り返し何度も見た。

そんなワケで思い入れ強すぎ。冷静に考えると突っ込みどころ満載で、格別面白いというワケでもない。
けど、今見返しても面白く見れちゃうし関連グッズなどにも目が行ってしまったり。当然新作も期待している。
幼い頃の衝撃って大人になっても忘れない物だ。

どうでもいいけど中学くらいになってからテレビ(だったと思う)でたまたまやっていたので見たら"May the Force be with you"を「理力あれ」って訳されててゲンナリだった。そこは「フォースと共にあらんことを」だろ!って激しく思った。公開当時はどう訳されてたんだろ?

というワケでスターウォーズ好きの皆さん。
一緒に銀河へ旅立たないか?↓
http://www.japan.ea.com/swg/
投稿者:さち投稿日:2004-06-14 04:34:25
ハンソロのための映画
投稿者:右心室投稿日:2004-04-14 13:56:48
普通に面白い。

当時世界中の度肝を抜いた映像技術。
体の芯が熱くなってくるテーマソング。

宇宙船に乗って、光線銃でドンパチやって、ロボットと対等にお話して、光の剣を振り回し。
もうワクワク要素てんこもり。

SF映画の、金字塔であり、代名詞。
投稿者:hide0921投稿日:2003-12-05 06:20:11
この映画は素直に面白かったけど、これ以降の映画が二番煎じっぽいの映画が増えた。無駄なCG映画やモンスターもの!SF映画は好きじゃないけど、この映画と「2001年宇宙の旅」だけは好き。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-11-16 10:12:04
単純明快、小学生でも分かりやすいストーリーで、俳優の演技が上手くなくても、
キャラクター描写をしっかり描けばこれほどまで面白くなるという、まさに映画の鏡だと思います。
この映画を侮辱しまくる人の中に、『こんな映画で熱狂してる日本人は低脳』
とかいう人が稀にいますけど、もっと大らかになれないんでしょうか。自分も同じ日本人なのに。
投稿者:ドナテロ投稿日:2003-07-15 04:54:48
クリスマスプレゼントにくれと12月毎晩寝る前に祈った幼少の頃の思いも考慮に入れて10点。
映画好きになったきっかけだしね。
投稿者:ご飯投稿日:2003-04-07 08:29:07
幼い頃、「ウルトラマン」や「ゴジラ」で育ったのでSF物が今だに好き。怪獣物やこの「スター・ウォーズ」は、固いSFファンからはかつては嫌う人もいた。でも、俺はこれらの作品でSF好きになったのだから、怪獣物や「スター・ウォーズ」のようなスペース・オペラをけなす文章を見ると、そんなに嫌わなくてもいいじゃないかと思った。しかし、ジョージ・ルーカスとスピルバーグがSF物を大ヒットさせてからは、SF物がごく一部の好きものの好みから一般的になったのはよかったと思っている。さて、このシリーズ第一作はアメリカで記録的なヒットをとばしてからは、日本で充分に気をもたせたらもっとヒットするのではないかと思ったのかアメリカ公開から一年後に公開するという方法をとった。おかげでこちらは雑誌に載ったスチル写真をみながら、早く観たいとイライラさせられた。写真をみているとこれは俺好みの映画、俺のために作った映画だと感じた。期待が大きすぎると、実際にみるとがっくりということはよくあるが、これは期待以上だったからもう最初から最後まで興奮しっぱなしだったのだ。こんな映画はめったに無い。もっともこれを観たのは高校一年生。そんなに映画を観ていたわけでないから、今みたいにたいがいは批判的に観るということをしなかったからも知れない。映画ファンとしては純情だったなあ。でも、技術の進歩が面白く見せる映画だと、今観るとジョージ・ルーカスって監督の腕はあまりよくないと感じさせる。初めて観たときは新鮮な特殊視覚効果にまぎれて気が気がつかなかったんだよなあ。でも、今でもレーザーディスクで何度も観ています。kad26278@biglobe.ne.Jp.
投稿者:ASH投稿日:2003-03-09 00:14:05
【ネタバレ注意】

当時小学校5年生の僕にとって最初の洋画初体験がコレだから、人生誤る訳だよ。
その当時の世間の熱狂がいかほどのものかは知らないが、充分に堪能出来た映画だた。この映画のお陰でSF映画が大好きになり、中子真治や北島明弘の論評までいったクチなもんでね。勿論、作品の持つ世界観にも圧倒されたが、何よりも驚いたのはその特殊効果技術の素晴らしさ。特にX-WINGがデス・スターの溝の中を飛ぶドッグファイト・シーンの興奮は今でも覚えている。そして、登場するキャラクターもそれぞれ魅力的でSF映画としてのお手本のような映画だったと思う。何回も観返して気付いたのは重厚なドラマがあり、ただの子供向け映画ではなかったということだ(これを書くと反論する人もいるけど…)。まぁ、今この映画を褒めると旗色が悪くなるけれど、映画の原体験がコレだった人もいるちゅーことで多目に見て下さい。

余談だけど、僕はキャラクターで一番好きなのはダース・ベイダーなので「EP掘廚今から楽しみ!

 【My All Time Favorite Movie!】

投稿者:kuro投稿日:2003-01-31 10:00:54
私は、この映画を公開当時に映画館で観ました。当時、SF小説にはまっていたために、ものすごい期待に胸を膨らませて入館しました。出てきた時は「これはSFでは無い!」と、がっかりしたのを覚えています。

特撮は、当時の水準をはるかに越えていて圧倒されましたが、現在評価するとたいした点はあげられません。

特撮に頼った安直な映画が以後増えることになった先駆けの映画といえます。
投稿者:dadada投稿日:2003-01-18 23:50:46
思えばコノ映画の公開当時、私は中学生。周りの友人には熱狂してる奴らもいて、そいつらと一緒に文化祭で「スターウォーズ」をモチーフにした寸劇なんてのを演った懐かしい思い出もあったりする。しかし、私自身、円谷プロの空想科学シリーズを愛して育って来ていたので、この映画はストーリーも映像もカラッとし過ぎていて熱狂するまでには到らず。もう少し湿り気が欲しいと思ったものです。このサジ加減は、非常に微妙な相性の問題なんすけども...。
年齢と共にコノ手の映画は守備範囲ではなくなりつつあるんだけども、「スターウォーズ」のブランドには惹かれるモノがあって最新作を含めて観続けています。
投稿者:土曜日生まれ投稿日:2002-10-16 23:44:25
いつも「今度こそ最後まで見るぞ」って思うんだけど、必ず途中で眠くなって寝てしまうのはナゼ?テンポが遅いせいか?
投稿者:ヨッシー投稿日:2002-09-04 08:57:28
最高。70年代にもこんなすごいCGが使われたいたなんてびっくり!この作品は他のSF映画に負けない何か不思議な力をもっていますね。
投稿者:トリガー投稿日:2002-07-18 23:38:38
これほどまでに圧倒された映画はない。
「銀河全体の平和」。
聞いただけでも果てしない感じが伝わってくる。
ジェダイ、帝国軍、ライトセーバー、ミレニアム・ファルコン。
ありあまるほどの魅力を詰めた
あまりに精巧すぎる確立した世界観にも拍手。
子供の映画?確かにそう。
でも大人が子供の映画を観てワクワクして何が悪い?
自分にとってこれを超える娯楽作は未だ存在しない。
3部作全て合わせて1つの作品として見たい。

中学生としてはあまりに生意気な意見ですが・・・(笑
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-02-13 23:03:23
最強に凄いと思う。カスキャラにまでそれぞれ名前がついてるのも凄い。
内容はどーでもいいけど。
投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-10 02:51:05
なんのかんの言っても、子供の頃にハマりまくってたので思い入れ強し。
そんなにそんなに傑作扱いする気にもならんのだが、やっぱクライマックスにおけるデス・スターの攻防をみると条件反射で萌えてしまう!
今みると、かなりトロくさいんだけど・・・
ただ、「水曜ロードショー」でテレビ初放送の時・・・
日テレは、正味2時間の映画に3時間枠を使い、”ジョージ・ルーカスからフィルムを預かったR2−D2とC3−POが日テレの中で迷子になってしまい、タモリや研ナオ子に絡まれてコントをする”をダラダラ見せつけられて悶絶・・・
そして、気になる声優さんは

ルーク・・・・渡辺徹
レイア・・・・大場久美子
ハンソロ・・・松崎しげる

この日、初めて「月夜の晩ばかりじゃないんやで!コラッ!!」
という言葉を覚えまちた。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 助演男優賞アレック・ギネス 
 □ 監督賞ジョージ・ルーカス 
 □ 脚本賞ジョージ・ルーカス 
 ■ 作曲賞ジョン・ウィリアムズ 
 ■ 美術監督・装置Roger Christian装置
  Leslie Dilley美術
  Norman Ryenodl美術
  Jonathan Barry美術
 ■ 衣装デザイン賞John Mollo 
 ■ 視覚効果賞John Stears 
  Robert Blalack 
  Grant McCune 
  リチャード・エドランド 
  ジョン・ダイクストラ 
 ■ 音響賞Derek Ball 
  Bob Minkler 
  Ray West 
  Don MacDougall 
 ■ 編集賞Marcia Lucas 
  Richard Chew 
  Paul Hirsch 
 ■ 特別業績賞Frank E.Warner 
■ 作品賞 
 ■ 音楽賞ジョン・ウィリアムズ 
■ 音楽賞ジョン・ウィリアムズ 
□ 作品賞 
 ■ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)ジョン・ウィリアムズ 
 ■ 音響賞 
■ 功労賞ピーター・メイヒュー “スター・ウォーズ”シリーズのチューバッカに対して
■ 新規登録作品 
【ニュース】
全米興行成績、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」がメガヒット・デビュー2016/12/19
全米興行成績、ディズニー・アニメ「モアナと伝説の海」が新作コメディとの接戦を制してV32016/12/12
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」、最新予告編2016/10/14
「スター・ウォーズ」スピンオフ「ローグ・ワン」、予告編2016/08/12
「スター・ウォーズ」スピンオフ「ローグ・ワン」、ティーザー・トレーラー2016/04/08
全米興行成績、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が記録更新デビュー2015/12/21
米興行成績、「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」がV42015/12/14
J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、最新予告編2015/10/20
リチャード・リンクレイター、ジェニファー・ローレンス主演ラブコメを監督か2015/07/28
J・J・エイブラムス監督「Star Wars: The Force Awakens」、特報第1弾2014/12/01
人気ゲーム『ワンダと巨像』映画化企画、大ヒット・ホラー「MAMA」の新鋭監督を抜擢へ2014/09/05
J・J・エイブラムスの新たなシークレット・プロジェクト「Stranger」、特報2013/08/20
全米興行成績、「アベンジャーズ」がV3、史上最速ペースで4億5000万ドル超え2012/05/21
DVDリリース情報:「パピヨン【Blu-ray】」「ピープルVSジョージ・ルーカス」etc.2012/04/13
全米興行成績、3D版「ライオン・キング」が大ヒット・スタート2011/09/19
DVDリリース情報:「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX [Blu-ray]」etc.2011/01/07
「スター・ウォーズ」オタク映画「Fanboys」、最新予告編2008/11/04
全米興行成績、戦争映画パロディ「トロピック・サンダー」が初登場首位2008/08/18
全米興行成績、「ダークナイト」がV4達成、歴代成績2位も目前に2008/08/11
全米興行成績、「ダークナイト」が「ハムナプトラ3」を抑えV3達成2008/08/04
全米興行成績、「ダークナイト」が驚異のハイペースで首位をばく進2008/07/28
AFI発表、ジャンル別トップ102008/06/19
「スター・ウォーズ」関連コメディ「5-25-77」、予告編2007/06/07
全米興行成績、「デッドマンズ・チェスト」の快進撃続く2006/07/24
AFI選定“映画音楽トップ25”発表2005/09/27
全米興行成績、「EP3」が激戦を制しV2達成2005/05/31
SF映画史上最もセクシーなキャラクターは?2004/08/11
「スター・ウォーズ エピソード3」、タイトル決定2004/07/26
全米興行成績、「スパイダーマン2」が記録更新デビュー2004/07/06
「サイコ」のシャワーシーンが“ベスト・ムービー・デス”に2004/05/21
「スター・ウォーズ」オリジナル三部作、北米でのDVD発売日決定2004/02/10
「スターウォーズ」旧三部作DVD、来年9月に北米で発売?2003/11/10
「エピソード3」、ワーキングタイトル決定か?2003/06/23
AFI選定“最も偉大なヒーロー&悪役”発表2003/06/04
チュー、バック!!! 「スター・ウォーズ エピソード3」2003/04/25
過去25年のベストワン映画は?2002/11/08
Re:映画史上最も偉大な悪役は…2002/10/11
映画史上最も偉大な悪役は…2002/10/09
「エピソード3」、ダース・ベイダーの声は…2002/10/04
【レンタル】
 【VIDEO】スター・ウォーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION