allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スタア誕生(1954)

A STAR IS BORN

メディア映画
上映時間154分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1955/05/27
ジャンルドラマ/音楽
スタア誕生 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,390
USED価格:¥ 549
amazon.co.jpへ

【解説】
 「スタア誕生」のオリジナルとでも言うべき「栄光のハリウッド」の監督G・キューカーが手掛けた再映画化版。コーラス・ガールのエスターが、ハリウッドの大スター、ノーマンに素質を見いだされた。ノーマンの口利きによって、エスターは次第にスターの階段を登っていく。そしてエスターは、ノーマンに対する深い愛情を覚える。だが、彼女がオスカーを手にするまでに至ったとき、ノーマンは落ちぶれて自殺をしてしまう。エスターは、一度は引退を決意するが……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
スタア誕生(1937)
栄光のハリウッド(1932)
スタア誕生(1954)
スター誕生(1976)
アリー/ スター誕生(2018)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
648 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2014-01-02 17:50:37
ジュディ・ガーランド
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-11-12 16:37:15
客のいない夜のクラブで自分たちの楽しみのために演奏をするジャズメンたちとのセッションで歌うガ−ランドのジャズナンバ−が素晴らしい。これほどのジャズ歌手をミュ−ジカル映画に起用して単なるスタ−にしてしまうアメリカ映画の資本主義的貪欲さが、どれほどの才能を消費してきたことだろうか。このシ−ン以後のヴィッキー・レスタ−の出世物語には何の感銘も受けなかった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:uptail投稿日:2012-01-04 09:41:33
ジュディ・ガーランド
投稿者:さち投稿日:2009-03-12 13:09:56
普通
投稿者:gapper投稿日:2008-12-26 19:43:36
 よくあるスターの誕生と没落を描いた映画。
 主演のガーランドとメイソンはかなりの熱演です。
 しかし、ドラマとミュージカルと両方をとった為長くなっている。
 ガーランドのナンバーはいいのだが、映画の中の映画としてかなりの数歌っていて、どのような映画かもわからず必然性を感じないもので、ここは削るべきだった。

 ドラマとしては、結構良いように思うが、ミュージカルとしてはテンポがなく乗りもない。
 そもそも歌うのは、ガーランドだけでメイソンは歌わないので、ドラマとして仕立てるべきだった。
 練習着で家に帰り、現在撮っている映画を歌って踊りながら説明するシーンは、ガーランドの良さも出ているし流れとしても問題なく、これを押し通すべきだった思う。

 残念なことに、中途半端なサービスが質を落としてしまっている。
 家での上映で、ワーナーブラザーズのマークの中に鶏がいるというジョークシーンがあり面白いが、これも必要性を感じない。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-04 22:57:46
ジュディ・ガーランドのファンなので見ました。ジュディの一世一代の演技とまで言われていたわりには楽しめませんでした。私はやはりMGM時代の楽しいミュージカルで輝くジュディの方が好きです!この映画は精神を病んだジュディがやっとの思いで復帰した記念すべき作品でもあるのですが、ジュディの顔に暗さをどうしても感じてしまいます。そして大人になってもキュートなジュディにはこの役は合わないようにも感じました。でもミュージカル・シーンは楽しませてくれるのでまぁ良いとします。特に♪「スワニー」は良かったな!ただ本作でアカデミー賞にノミネートされているジュディは受賞する気満々だったそうですがオスカーは『喝采』のグレイス・ケリーの手に・・・。ジュディ・ファンが言う事ではないですが『喝采』のケリーの演技を見れば残念ながら納得です。なのでジュディのショックは相当のものだったようです。この後も順調に活躍してくれれば良かったのですがどんどん、どん底へと突き進んでしまった姿は悲しすぎます!!
投稿者:Ikeda投稿日:2005-11-03 16:02:39
オリジナルの「栄光のハリウッド」は見ていないので解りませんが、1937年の「スタア誕生」と比べると、ジュディ・ガーランドが主役でミュージカルの要素が強いため雰囲気が大分、違います。ミュージカルが初めてのジョージ・キューカーにしては、それなりの演出で、ジュディの唄と踊りは見応えがあります。ただ、それを除くと映画としては前作のウエルマン物の方が遙かに面白いです。本作は前半に単色のストップ・モーションを使ったりして趣向をこらしているのは解りますが、あまり成功しているとも思えません。アカデミー受賞式以降はキューカーの本領が発揮されていますが、全体的に冗長な感じがしました。
このノーマン役は酔いどれで落ちぶれた俳優なので、ゲイリー・クーパーなど多くの人に断られ、結局ジェームズ・メイソンが引き受けたそうです。しかし好演とは言え、イメージから言って、適役の感じがしませんでした。それにしても、実生活ではジュディの方が当時、既に薬物中毒に近く、アル中でもあったようですから皮肉なものです
投稿者:Naka.d投稿日:2004-11-27 21:25:25
前半の予想を裏切り、しだいにノーマンが優しい夫に、エスターも夫を必死に支える良き妻に見えてくる。妻の幸せのために自らの命を絶つノーマンを見ていて切なかった。はじめの「君の顔が見たかった」にはちょっといやらしさを感じたが、最後のは全然違ったね。彼の生涯の唯一の宝物として、この世に彼がいた証としてもう一度立ち上がるエスターの姿が感動的。死ぬ夫、生きる妻、形は違えどお互いの幸せを祈り続けた、この夫婦愛に感動した。

ミュージカルシーンの鮮やかさは言うまでもない。
投稿者:ムタト投稿日:2004-07-04 16:39:03
巡業バンドの無名歌手エスターは、有名スターが集まるチャリティーショーに出演しているところをア ルコール付けで落ち目になりつつある大スターノーマンにその才能を見出され、映画スターへの夢を持 っていたエスターは、ノーマンの力添えでやがて彼の所属する撮影所の看板スターへと成功していく。 そして、愛し合っていた二人は幸せな結婚したかのようだったが、妻の人気上昇とは反対に人気を失 い遂には撮影所から解雇されてしまったノーマンは、ますます酒に溺れ重症のアルコール中毒になっ てしまう。そんな夫のためにエスターは、仕事を捨てて夫のために生きることを決意する。ところがそれ を知ったノーマンは・・・・。(以下、↓)
http://www11.plala.or.jp/kunihiro/cinema/page190.html
投稿者:milmon投稿日:2003-03-01 12:23:07
別に僕がファンだからという訳ではなく、やはり、この映画の全てはジュディじゃないでしょうか。今となっては古くさいともいえる演出に非凡な力と熱気を与え、長丁場をもたせています。(でも、ちょっと長すぎる)。彼女のキャリアに山場は何度もあります。少女時代の溌剌とした唄いっぷり。MGM時代後半のナイーブな歌声。舞台のカムバックで新記録を達成した頃のボードビルの歌声。神話扱いされているカーネギーでのライブ。などなど。でも、この映画の彼女の歌声は「神さんが降りてきはった」状態だと思います。その前の頃の「ナイーブさ故に線の細さ(神経質さ)を感じさせる歌声」とその後の「ディーバそのものの歌声」の間の素晴らしい歌声です。彼女の録音で、この映画の歌声と同じものはありません。まさに一瞬の歌声だったのです。この唄声と共に、この映画には素晴らしい美術と踊り、演出、共演者があるのですから、必見です。(でもやっぱり、ちょっと長いけど。)
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-03-18 01:55:56
 There are chills ran up and down my spine.
 ああジュディ!この歌声!私はノーマン・メイン(ジェームズ・メイソン)の死
に殆ど心動かされることはない。しかし、全編を通じて、ジュディ・ガーランド
のこの素晴らしきエンターティメントが失われてしまったことに心震えずにはい
られない。「The Man that got away」のこの歌唱力!映画史上最高の歌声だろう。

 キューカーの演出は矢張りもの凄い。画面にこんな空気が流れている映画は他
に知らない。全カットがまるで初めて映画に定着した所作(演出)のように感じら
れる新鮮さなのだ。バックステージ物の大傑作。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演男優賞ジェームズ・メイソン 
 □ 主演女優賞ジュディ・ガーランド 
 □ ミュージカル映画音楽賞レイ・ハインドーフ 
 □ 歌曲賞アイラ・ガーシュウィン作詞『去って行った彼』 The Man That Got Away
  ハロルド・アーレン作曲
 □ 美術監督・装置賞(カラー)Irene Sharaff美術
  Malcolm Bert美術
  Gene Allen美術
  George James Hopkins装置
 □ 衣装デザイン賞(カラー)Irene Sharaff 
  Jean Louis 
  Mary Ann Nyberg 
■ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ジェームズ・メイソン 
 ■ 女優賞(コメディ/ミュージカル)ジュディ・ガーランド 
□ 女優賞(国外)ジュディ・ガーランド 
■ 新規登録作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】スタア誕生2015/12/16\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】スタア誕生 <期間限定生産>2002/10/04\1,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】スタア誕生 デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】スタア誕生レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION