allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スターマン/愛・宇宙はるかに(1984)

STARMAN
JOHN CARPENTER'S STARMAN

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1985/04/20
ジャンルSF/ドラマ/ロマンス
スターマン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,349
amazon.co.jpへ

【解説】
 地球からのメッセージに応えて飛来した異星人が、未亡人宅を訪れ夫の姿に変身する。二人は母船とのランデブー地点に急ぐが、政府の追跡も始まっていた。明らかに「E.T.」を思い出させるが、あちらが“友情”を描いていたのに対し、こちらは男女間の“愛情”を軸に話が進むという大人向けのSFとなっている。カルチャー・ギャップに戸惑う異星人役を、J・ブリッジスがアカデミー候補になるほどに好演。好評につきTVシリーズが製作された。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
326 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2016-03-05 16:12:01
逃避行の2人が最初は反駁しながら次第に心を通じ合わせていくという
ストーリーはロードムービーの定石で、ギャンブルの大勝ちや
荒くれ連中との喧嘩などもどこかで見たような内容ですが、
相手が宇宙人となるとひと味違った設定の面白さがありました。
時折導入されるコメディーリリーフも面白かったです。
2人が心を通わせていく過程がごく自然に描かれていて、
恐怖映画に特化されたイメージがつよかったこの監督が
こんなロマンティックな作品もつくるのかと嬉しくなりました。
ジェフ・ブリッジスとカレン・アレンが共に好演。
生まれてくる子どもに最後の玉を託すのも
余韻があるラストで宜しいです。
投稿者:タミー投稿日:2015-10-26 23:37:19
最後、スターマンを見送るヒロインの愛しそうな目にやられた。
投稿者:グレコ投稿日:2013-01-04 19:11:59
カレン・アレン!
投稿者:なちら投稿日:2011-07-27 15:19:42
スターマンがやって来た時に、スパーン!スパーン!音がするから、プレデターが来ちゃったかと思った。

赤ん坊の醜悪さや、逆さ吊りを撮影しました感丸出しの交信場面など、奇妙な出だしだけど、
アリゾナへ出発してからは雰囲気が変わるね。
彼が星へ帰れなければ、人格は違えど同じ人を二度失ってしまう事や、
寂しく暮らす彼女に子供をプレゼントするスターマンの優しさなど、中々の胸キュン具合だったよ。

特に、K・アレンの抑え目で喪に服してる感じが良かったねぇ。
投稿者:uptail投稿日:2010-09-21 01:05:28
カレン・アレン
投稿者:水ヒラ投稿日:2009-12-26 12:44:04
SF=アニメ、てな人には理解できない名作。
カレン・アレンの出演作中では最高の演技。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-12-03 22:05:42
を作りたかった気持ちは解るが、スピルバーグならもっと面白く作れただろう。ただわざわざ地球に来た目的がはっきりと描かれていないのは「未知との遭遇」や「アビス」などもそうだったね。カーペンターが大監督になれなかったのは単純にそこまでの才能が無かったからだな。星一つ半。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-25 01:07:00
【ネタバレ注意】

SFロマン+微妙なタイトルからしてバカにして観始めたのですが・・・思いがけず感動した(笑)
出来すぎってほどキレイにまとまった作品ではあるけれど、そこがまたホッコリしててGOOD
ちょっとしたユーモアにちょっとしたドラマ、ユニークな発想にベタな展開・・・と大コケするラインと隣り合わせのラインで見せてくれた作品でした。

ほいでまたジェフ・ブリッジスがイイんだわ〜
純真無垢なキャラクターを全く違和感無く演じている・・・ホント実力ある俳優さんですよね。
この人の凄さがいつかオスカー獲得という形で証明されることを信じています。

冒頭のとっかかりや赤ちゃんから大人に変化するシーン、命の再生など要所要所に見せ場を散りばめているのでダレずに鑑賞できました。
そのバランスがまた絶妙でしたね。

全体を通してジョン・カーペンターらしさはほとんどナイのでカーペンター作品が好きな方にはオススメしませんし、正直、、時代的な古臭さもあるのですが掘り出し物であることに間違いはないでしょう。

余談;最近のリメイク、続編ブームに乗っかって「続スターマン」の映画化なんてあり得ないかしら?(笑)

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-08-16 09:48:13
【ネタバレ注意】

〜招待状は騙しかよ!

酒びたりのカレン・アレンが、亡き夫の姿を借りた異星人が宇宙へ帰る道中に巻き込まれる訳だが、(彼の学習具合が楽しい…黄信号は突っ込め!とか…)段々に彼を理解し、地球を、人類を語り…そして彼に対する気持ちも変わってゆく。悪なるものが消えて、善なるものも共に姿を消した星……片や邪悪なものと美しいもの(強烈な意思)の混在する世界〜故に異星人にとっては魅力的でもあるような。

道中を切り抜けるファンタジックな能力〜拘りの映像…彼の優しさに触れて、彼の為に命まで差し出そうとする彼女(旦那のルックスなのは反則っぽいが)…実に素晴らしいです。
彼女の視線で僕らは彼が母船(?)に戻った事を知るラスト…
ファンタジーな幕切れも実に良いね。

投稿者:maldoror投稿日:2006-03-07 07:38:28
【ネタバレ注意】

続編でも貫かれてますが、このシリーズの基本はロードムービーであることなんでしょうね。南部の風景はいまどき珍しくもないですが、人柄ともども割と丁寧に描かれています。ただ今ひとつテンポには乗れず最後までたどり着くのがかなり長く感じます。

ジェフの演技は別段素晴らしいとは思えないけれど、ウルトラマンみたいな命の素?を鹿やカレンを助けるために躊躇なく消費しちゃうのがちょっと泣けましたね。これがなんでビー玉なの?と思ったらオチが壮大でサスガ!と唸ってしまいました。

『未知との遭遇』から『コクーン』『コンタクト』に至るまでをみて、「宇宙人と死後の世界の類似」がテーマの原点は実はこの作品じゃないでしょうか?

投稿者:vale投稿日:2006-01-03 20:47:21
公開から20年目で初見ですが、いいですね。どうして当時見なかったんだろ?遭遇モノSFが玉石混交で少々食傷気味だったんですね。ジョン・カーペンター監督作品とは知りませんでした。そういえばクリーチャー仕立ての赤ん坊やら暗がりの火なんかがそれらしいかな。カレン・アレンも懐かしい楽しいファンタジーで○。
投稿者:アリエアー投稿日:2003-12-08 02:28:03
副題はB級チックなのでいらない。ってB級なんですが。
ドキドキワクワクなエンターテイメント要素が薄く、常に不穏な空気が漂っているのはいかがなものかと。STARMANもはるばる地球にやって来たんだから、もっとハイにいってほしい。べガスで大儲け、というお決まりのパターンも、盛り上げるでもなくスルー。
彼らは一体いつ愛を育んだのだろうか…。
投稿者:ポポール投稿日:2003-05-31 18:37:23
 地球訪問中に宇宙船を撃墜された宇宙人が、カレン・アレンの亡夫のクローン人間と化し、救出に来た宇宙船で脱出するまでを、カレン・アレンとの恋物語を付け加えて描く。
 「ET」の大人版といったところで、宇宙人が見よう見まねで繰り広げる動作のおかしみや、これを捕らえて研究材料にしようとする政府の非人間性(非宇宙人性か)など、これまでたびたび描かれており、新味はない。しかし、これはこれで、まとまりのある映画ではあった。
投稿者:ASH投稿日:2002-06-02 01:37:36
【ネタバレ注意】

 もちろん、「E.T.」の大ヒットに触発されて企画された映画なのには間違いないが、かの映画とは違ったアプローチで地球圏外生物を描く。そうすることで、だいぶ大人びた味わいのSF映画へと仕上げた。それをやっているのがカーペンターという驚愕の事実。こんな甘美な映画も撮れるんだね、とびっくりしたもんだよ。この映画のちょっと前に「物体X」を撮ってるってのにね!!

投稿者:けいぞう投稿日:2001-09-02 20:40:02
え、これでアカデミー男優賞候補っすか?ただモタモタしてるだけにみえますけど。特殊効果にディック・スミス、スタン・ウィンストン、リック・ベイカーと大御所がズラリと並んでいるのが壮観(そんなスゴイ特撮あったか?)。
公開当時から評判が良くなかったので(あくまでカーペンターファンの間で)今まで見てなかったんですが、カーペンター流ロードムービーという感じでそんなに悪くなかった。
「E.T」の亜流として企画されたのかもしれないが、人質(?)もろとも始末しようとする政府の怖さ、それに疑問を呈するチャールズ・M・スミスのあまりの頼りなさ、あたりが監督の味か。ヘリコプターの編隊なんか「地獄の黙示録」のパロディかと思った。宇宙人が目指す場所は理科の教科書でおなじみアリゾナ隕石孔。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-06 18:24:23
ジェフブリッジスがかっこよくて
いい感じだった。
でも、お勧めはしない。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演男優賞ジェフ・ブリッジス 
□ 男優賞(ドラマ)ジェフ・ブリッジス 
 □ 音楽賞ジャック・ニッチェ 
【レンタル】
 【DVD】スターマンレンタル有り
 【VIDEO】スターマンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION