allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

砂の惑星(1984)

DUNE

デューン/砂の惑星

メディア映画
上映時間137分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1985/03/21
ジャンルSF
地球でのドラマは終った。いま、世紀を超えた《エピック・ロマン》が世界を翔ける!

製作費120億、史上空前のS・F超大作。
デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 6,738
USED価格:¥ 6,558
amazon.co.jpへ

【解説】
 かつて「エル・トポ」の監督アレハンドロ・ホドロフスキーも映像化を試み失敗した、フランク・ハーバートの大河SF『デューン/砂の惑星』をディノ・デ・ラウレンティスが遂に映画化。“デューン”と呼ばれる砂漠の惑星アラキスを舞台に、覇権をめぐって繰り広げられる勢力争いを描く。元が大長編なだけに、ダイジェスト的、あるいは駆け足的な展開になるのは致し方ないが、それでも予備知識無しで鑑賞できるほどのバランスは保たれている。「エレファント・マン」でヒットを飛ばしたD・リンチの初の大作で、作家性を残しつつ陰性の娯楽作に仕上げているのは立派と言えよう(本人は失敗作と言っているが)。サンドワームをはじめとするSFXは今一つという感じもあるが、この種のジャンルでありながら特撮よりも人物の方が見応えあるというのが面白い。奇々怪々なキャラクター、それを喜々と演じる役者たち。後のリンチ作品の顔となるK・マクラクランはこれがデビュー作となる。米TV放映用に、ナレーションと未使用シーンを追加したバージョンがあり、それは「デューン/スーパープレミアム[砂の惑星・特別篇]」としてビデオ化された。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
641 6.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sayakamizu投稿日:2017-09-13 14:01:06
ドゥニ・ベルヌーヴ監督を、次の007の監督に。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-09-13 04:08:31
「フラッシュ・ゴードン」よりずっとイイ。総集編みたいな展開だけど、後半は盛り上がった。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2017-08-31 00:41:14
【ネタバレ注意】

中学生の時に初めて観た印象は、つまんねー!だった。「スターウォーズ」みたいなデコレーションケーキを期待していたら、豚キムチが出てきたぐらいのギャップにやられた。以降は食わず嫌い。
最近、「ホドロフスキーのデューン」にいたく感銘を受け、モーレツに「砂の惑星」観たくなり、ホドロフスキーがやりたかったキャストなんかを思い返しながら再チャレンジ!
最初はホドロフスキーを意識しながら観ていたけど、途中からはそんなこと忘れて、“デビッド・リンチ”ワールドに没入。
リンチの作風を知ったうえで、今観ると、とても納得して楽しめた。
ホドロフスキーも、リンチも映画界を代表する“変態”監督!この二人が「デューン」を巡ってニアミスした事実にどうしようもなくワクワクしてしまうのだ!

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-27 21:29:31
なぜ、デヴィッド・リンチは監督を引き受けたのでしょうか? 本人も失敗作って言ってるし。
投稿者:sachi823投稿日:2013-10-19 08:41:41
テレビの洋画劇場で1度見たきりです。
大長編の原作は未読で、どのような世界観なのか
よくわかりませんが、そのほんの一部を
垣間見た思いがします。
ストーリー的には中世ヨーロッパの権力闘争のような
感じですが、超能力や巨大なワームなどSF作品では
おなじみの材料が色色出てきて、楽しめます。
投稿者:namurisu投稿日:2012-04-20 10:02:06
TSUTAYAで借りた「ニュープリント・スクイーズ」版の画質音質の悪さ。DVDじゃねぇぞありゃ。ったく。
投稿者:こじか投稿日:2010-08-24 00:27:54
【ネタバレ注意】

思い返すと、この作品が"テレビ"で放映された
80〜90年代(正確な年号は不明)って
ずっとずっと映画に熱い時代だったんだなって思います。
21時からは週4〜5本のペースで茶の間を沸かせ、
国民は淀川さんや高嶋さん、水野さん(晴郎は週2!)等の姿を見て
翌日の曜日を認識する―。
観終えて余韻に浸るとき、そう、来週の予告は
いつも「ヒドゥン」か「レッドブル(再来週)」。
(※「コマンドー」と「ヒドゥン」でも可)。

「猿の惑星」に夢中だった小学生当時のわたしも、
「〜の惑星」と言うだけで、この「砂の惑星」を録画していました。
予告とタイトルをみて、猿の惑星:砂漠版を期待した子どもには、
暗く鋭く毒々しい、解らない部類の映画体験。
解るのは、"巨大ミミズ"の異様さと、
鼻から気持ち悪い管を垂らし続ける無表情の主役。
ジメった空気の中で、表情の硬い連中が繰り広げる不明な戦い。
それでもなぜか、懲りずに2〜3度リピートしたものです。

物心ついてリンチ作品と知ったとき、妙に納得できたのと
ヤバイ作品だったのだと嬉しくなりました。
それからまた10数年。
満を持して、遂に「デューン/砂の惑星」との再遭遇―。

ヤバイ。
解らない。
いや解るんだけど消化しきれていない。

驚いたことに、小学生で観た記憶と大差ない感覚。
子どもだった自分には、ミミズに乗ったポールが、
ファルコンにのったバスチアンと重なったのか?
やすい言葉だが、リンチの不条理が世代・時代を超えて愛されることが
少しわかった気がします。

しかし、現年齢でコメントしておくと…、
まさかこんなダイジェストの様な作品だったとは。
もっともっとこの作品は面白いはず。
大好きではありません。とても魅力的です。
4時間半の"本物"が日の目を見ることを陰ながら祈ります。

投稿者:江戸宇土投稿日:2009-11-02 12:56:02
ディノ・デ・ラウレンティス・・・フラッシュ・ゴードン、キングコング(72年版)、ハンニバル、そう映画台無し男!!
もちろんこの映画もこいつさえいなければイイ映画になっていた。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2009-08-22 16:02:15
 かつて雑誌のアンケートで好きなSF映画3つを問われ、SF作家の荒巻義雄氏は次の作品を挙げていた。
  『砂の惑星』
  『バーバレラ』
  『フラッシュ・ゴードン』

 他のSF作家や翻訳家が『2001年宇宙の旅』や『スター・ウォーズ』等を挙げる中で、異彩を放つ回答だった。
 この1点をもって、私は荒巻義雄ファンである。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-23.html
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 15:52:07
演出:9
演技:9
脚本:9
音響:10
投稿者:まくらK投稿日:2008-07-24 12:00:41
わけわからんかったんで続けてもう1回みたけど
結局わけわからんかった。
あとでいろいろ読んで納得。
フリークス好きなリンチがそれしか真剣に撮らんかったんやな。

STINGもそのあとからミュージシャンとして好きになったんで
その前ならおもろかったんやろうな。

完全版(?)はあまりのダサい紙芝居にオオコケした。
投稿者:ミ☆ゲ〜ル投稿日:2007-10-06 03:05:00
各デザイン、特に砂虫、スティルスーツ(だったか)、オーニソプター、ハルコネン等々は映画版の方がかっこいい。原作的なストーリーを楽しむにはTV版が最高。両方混ぜて欲しい。
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-03-21 12:15:44
キャストの良さに後から気付いた
投稿者:まらそんマン投稿日:2007-03-04 18:50:17
スティングがなんとなくべジータに似てる。異様で残酷趣味な世界観も初期のドラゴンボールZそのもの。カメハメ波みたいなのも出すし。シールドモードはカイオウ拳?
投稿者:hymitecs投稿日:2007-01-13 22:58:59
【ネタバレ注意】

原作はおもしろいんだけどなあ。
褒めたいんだけどなあ。

ジュースにされる虫とか、培養する皮膚炎のような原作にない所に見るべきものがある。

しかし、ムアドディブのマクラクランは、いくらなんでも線が細すぎるし、ワームの特撮下手過ぎ。(年代的にしようがないという意見は的外れ。この頃にも迫力のある特撮は沢山あった)

SFファンに批判されるために存在するような映画。
「これがあるから、デューンは再映画化されないんじゃないか」という疑いさえわいてくる。
でも、個人的には評価は高いぞ。TV版はどうなんだろ?

SF度的評価は9点。映画的評価は、残念ながら4点くらいか(泣)

投稿者:フェニックス投稿日:2006-10-31 22:38:37
それなりに物語は壮大だし、キャストも一流で金もかかっているようだが、とにかく迫力がなくとてもSF大作ってイメージじゃない。人の心の声をやたらセリフ化してるが、ボソボソだし。主人公の周辺で敵なのか、味方なのかよくわからない存在も見られる。
でも全体としてその異様さが好きです。却って正統的SF的大作を作ろうとして失敗するよりも(これも興業的に成功したとはいえないんだろうが)徹底してマニアックさを全面に出してるから。
投稿者:call_me_snake投稿日:2006-04-08 10:21:43
ぶっちゃけ原作は世界観を描く事に主眼を置いているみたいなので、出てくるガジェットはともかく話はベタベタですな。
それがまたイイんですけど。

ナウシカ指摘ありますけど、原作はこっちが全然古いしエコロジー視点もテーマや設定に内在してるので、ナウシカの元ネタの一つといっていいと思いますよ。

映画としても、スティルスーツ他衣装もセットも小道具もデザインは素晴らしいし、妙に湿った質感の映像とか、かなりイイ感じだと思います。
リンチが失敗作と言っているのは、自分がファイナルカット権を持てなかったので、納得できる形で公開できなかったからでしょ。
面白いけどね、リンチくん。
投稿者:bond投稿日:2005-10-28 12:59:54
が良かったと思う、原作は知らないが、ちょっとカルトなSF映画としては、良いのでは。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-01-03 14:11:30
奇妙な小道具(心臓栓/ヴォイスガンetc.)、異常なキャラクター(皮膚病のハルコネンetc.)で非常にシンプル(だが装飾は過剰)なストーリーを語る奇怪な“スターウォーズ”。
SF的おとぎ話。本当は怖いグリム童話。俗世間を逸脱した本当のSF。1万年後(?)の世界。
寓意はあるのだろうが…惑星の位置関係とか。超人の成り立ちとか…ガスを歯に仕込む?
が、おとぎ話は“話”として楽しむべきかとも思う。
テーマ曲の雰囲気も良い。4時間完全版希望。…だが、海外のTVドラマは凄いね(何でもあり?どこがカットされたのかは未見だが、ゴールデンタイムの放送なのか?)
投稿者:じょー投稿日:2004-02-14 04:04:10
イスラム革命だよね。
帝国主義が牛耳ろうとするスパイスはもちろん石油だし、帝国を操るギルドって7シスターズ(石油資本)。
台詞から小道具までイスラム文化圏のニオイ。
美術なんかが見事だし、出演陣もすごいし結構好きな映画なんだけど、昨今の状況の中で見るといささか複雑・・・。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-12 16:20:48
リンチらしさは正直どうでもいいな。この世界観を充分堪能しちゃえばそれでいいでしょう。笑われるかもしれないけれど、「風の谷のナウシカ」に似てる。でっかい蟲も出てくるし。

 【My Cult Film】
投稿者:エース若田部投稿日:2003-01-02 14:45:23
いきなりバージニアのアップとナレーションから始まり期待したが、
残念な映画だった。駄作ではないが、なにせつまらんからなーーー。
投稿者:トリガー投稿日:2002-12-27 02:09:17
コミカルな内容でありながらも描きは極シリアス。
壮大な砂漠や砂虫をバックに捕らえるカットはいいのだが
いささか世界観の背景を語る無駄な会話シーンが多すぎて堅苦しい。
なんとか二時間以内に詰め込んでもらいたかった。
全体を通してスペクタクルにしてくれると良かったんだけどなぁ。
リンチにしては随分とスペクタクルなんだけれども。
投稿者:4531731投稿日:2001-11-04 03:10:03
 その昔、「スピッティング・イメージ」で、多分イギリスでは有名と思われる映画評論家(似てるんだろうな)の人形が出て来て「砂の惑星」をネタにコントをイッパツかましました。
 「えーと、先週のクイズの問題は映画『砂の惑星』をわかりやすく説明しろ、でしたね」「1位は誰々さんです、ちなみに監督のデビッド・リンチは8位でした」。当時、よく言われてましたもんね、ワケわからんて。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音響賞Nelson Stoll 
  Kevin O'Connell 
  Bill Varney 
  Steve Maslow 
【レンタル】
 【DVD】デューン/砂の惑星 劇場公開版 <ニュープリント・スクイーズ>レンタル有り
 【VIDEO】砂の惑星レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION