allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スペース・サタン(1980)

SATURN 3

メディア映画
上映時間89分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1980/10/10
ジャンルSF/ホラー
スペース・サタン -HDリマスター版- [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,888
USED価格:¥ 3,487
amazon.co.jpへ

【解説】
 「スター・ウォーズ」や「スーパーマン」の美術スタッフ、ジョン・バリー(作曲家とは別人)が原案・監督を兼ねた意欲作の予定であったが、プロダクション直前に他界、ミュージカルのベテラン監督S・ドーネンがその後を継いで完成させたSF映画。土星の第3衛星に存在する宇宙基地タイタンでは二人の男女が任務についていたが、そこへ一人の男がやって来る。男の目的は土星の食にまぎれてのタイタン基地制圧。だが、その尖兵として創り出したバイオノイドが意識を持ち始めた事から異常な事態が持ち上がる。言ってしまえば「エイリアン」のメカ版だが、そういったサスペンスや迫力は微塵もない。ただしこの作品でユニークなのは、宇宙に吸い出されて簡単に破壊される肉体、コンピュータと直結するため頭蓋に開いたジャックなど、宇宙(あるいは未来)という空間における肉体の存在を描写した箇所が多いところで、そういう意味では年齢の割に若々しいK・ダグラスの肉体や、乳首まで見せる割に今ひとつゴージャスさのないF・フォーセットのヌードといった要素も何らかの含みがあるのかもしれない。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:塚原新投稿日:2013-08-19 00:44:49
一番感じたのは、H・カイテルの役どころに脚本として大きな問題があるという点。他人を殺して入れ替わってまでサターン3に来たのに、なにが目的だったのかが最後まで不明なので、サスペンス自体が成立しない。女の取り合いと、ロボットが暴走して襲われるという即物的な演出だけで映画を支えられると思った製作陣の姿勢に疑問を感じる。
結局、F・フォーセットのバストだけがこの映画を支えることになった(笑)
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-25 10:24:33
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★
瞬間芸でありながら一世を風靡するとは、当時の彼女の人気の高さを察することができます(私も好きでした)。

ファラ・フォーセット
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-05-26 12:28:29
【ネタバレ注意】

 
なぜかこれ封切当時に劇場で観たな。
殺されたと思ったハーベイ・カイテルが本部からの通信に応答するのがモニターに映っている。実はストーカーロボ「ヘクター」が殺したカイテルの頭の皮
をかぶっていた…というショックシーンは小学校で話題になりましたよ。

ロボット「ヘクター」は人体を模した両脚・胴体と、機械むきだしの非人間的な上半身の対比が面白いデザイン。
あとファラ・フォーセットが鬼かわいい。しかも外の世界を全然知らない無垢な娘、という親父ゴロシな役どころ。

だけどそれ以外は見るところなし。緊張感ゼロでダラダラ。
特にK.ダグラスのノンビリぶりは、閉鎖空間での緊張感がキモの本作では致命的だ。「俺みたいな大御所がジャンル映画に出てやっているんだぞ?」ってとこなのか?

有名な乳首はゼロコンマ数秒です。

投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-07-08 15:52:00
 はっきり言って面白くない。
 SFというジャンル・ムービーなので、この世界観が好きとかこのメカ・デザインが良かったとかくらいしか誉める方法がない。
 宇宙服のヘルメットがまるでバイク用ヘルメットみたいに小さめなのが自分には妙に印象に残った。別に気に入ってはいないが。
 
 オープニングは「スターウォーズ」そのまんま。宇宙空間を映すカメラの頭上を巨大宇宙船が通り過ぎていくというあれ。まだまだ「スターウォーズ」の影響力全盛の頃のSF作品だったから、こんなシーンで始まったのだろうか? でもこの作品はスペース・オペラじゃなくSFサスペンスなんだけどなあ。

 宇宙基地内でたった二人きりでK・ダグラスとフォーセットがずっとイチャイチャしているところへ、H・カイテルがやって来て嫉妬してしまい、カイテルが作ったロボットにも彼の嫉妬心が伝達されてしまってそのロボットが主人公達を追い掛け回すという内容だが、それを説明するような心理描写は皆無。ただ行動のみを追いかけるストーリー展開。演出はまるで凡庸。緊迫感もゼロに近い。

 反乱を起こすロボットの造形が一言では説明出来ないくらいかなり変。「マトリックス」よりも前に既にこの作品で、首の後ろにジャック・イン用の穴が開いている人間が登場するのにはちょっと驚く。 
投稿者:ASH投稿日:2005-07-04 11:03:16
【ネタバレ注意】

悪魔は関係ないんだけど、ロボットの造型は好きだな。
ハーヴェイ・カイテルも、なんでこんな映画に出演したんだろう。
すでに落ち目だったカーク・ダグラスはともかく。
ファラのヌードが一瞬だけ見える、それだけでも買い。
監督にSFマインドがまるでない人を持ってくること自体が間違い。

投稿者:やすのり投稿日:2005-02-20 17:38:48
主要登場人物は3人だけだが3人とも結構有名な役者さん(このレベルの作品にしては)なのでそれだけで少し得をした気分。
ハーヴェイ・カイテルが何をしにあの基地へ人殺してまでやって来たのか?とかロボットを組み立てて何がしたかったのか?などカイテルの目的がよく分かりませんでしたがまあいいでしょう。このジャンルが好きな人ならそれなりには楽しめるB級作品です。
投稿者:freejacker投稿日:2004-12-26 01:02:58
すごく楽しめます。淡々と無感情に「May I use it?」が印象に残っています。
投稿者:ムーラン投稿日:2001-08-07 15:25:49
ファラ・フォーセットの胸チラで有名な作品。作品の評判はあまり芳しくないけど、こういう少人数で展開される室内劇というのは結構好きなので、とても面白く見られました。当時ファラが好きだったものであまり悪く思いたくない
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 □ ワースト主演男優賞カーク・ダグラス 
 □ ワースト主演女優賞ファラ・フォーセット 
【レンタル】
 【VIDEO】スペース・サタンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION