allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

雨に唄えば(1952)

SINGIN' IN THE RAIN

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1953/04/01
リバイバル→CIC-84.6→ヘラルド-2000.11
ジャンルミュージカル/コメディ/ロマンス
映倫G
雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版(初回限定生産) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 3,380
amazon.co.jpへ

 Photos
雨に唄えば

【解説】
 トーキーの出現でハリウッドは大騒動。それまでスターだったリナ(ヘイゲン)もその悪声から将来が危ぶまれる。パートナーのドン(ケリー)はリーナの吹き替えに採用されたキャシー(レイノルズ)に目をつけ、親友のコズモ(オコナー)と一緒に、彼女を次代のスターに担ぎ出そうとする。サイレントから新たなる時代に突入した映画界の楽屋裏を軸に、ケリーとレイノルズのロマンスを描いた名作ミュージカル。どしゃ降りの雨の中、『雨に唄えば』をケリーが歌い踊るシーンは今さら説明のないほどの名シーンだが、それ以外にもケリー、オコナー、レイノルズの3人が陽気に歌う『グッドモーニング』など数々のナンバーが楽しめる。D・レイノルズのナンバー『君は幸運の星』を加えた特別版(118分)も有り。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aローマの休日 (1953)
[002]Aサウンド・オブ・ミュージック (1965)
[003]Aウエスト・サイド物語 (1961)
[004]A踊る大紐育(ニューヨーク) (1949)
[005]A北北西に進路を取れ (1959)
[006]A裏窓 (1954)
[007]Aチョコレート (2001)
[008]Bシカゴ (2002)
[009]B十二人の怒れる男 (1957)
[010]Bグリース (1978)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
34308 9.06
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2015-05-30 11:10:47
何度観ても素晴らしい。何もかも素晴らしい。

“Thank You Thank You”xoxo
投稿者:ピースケ投稿日:2014-05-13 00:36:47
ミュージカルが苦手なのに、心の底から楽しめた。
こんなにも幸せな気分にさせてくれる映画はなかなかない。
投稿者:bond投稿日:2014-04-05 10:27:16
皆、陽気に楽しく映画作ってるなー。色鮮やかなカラーと斬新なダンス。これぞミュージカル。
投稿者:sachi823投稿日:2013-12-04 13:26:51
最初に見たのは、遥か昔のことですが、
映画って何と面白いのだろうと感動しました。
ミュージカルをちゃんとした形で
見たのはおそらく初めてでしたが、とても楽しかったです。
サイレントからトーキーに移る時代設定も面白いですが、
やはりミュージカル場面が優秀で、
雨の中で唄うシーンは名場面ですね。
投稿者:こじか投稿日:2010-09-27 00:53:17
コズモ(ドナルド・オコナー)のアクロバティック…(笑!!!)
もう超おもしろかった。傑作、名作です。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-06-20 15:47:47
確かに多少ユルイ箇所もあるけれど、あのあまりにも有名な雨の中で踊るシーンなどで全て帳消しになってしまう(笑)MGMミュージカルの代名詞的作品。
物語の骨子はバックステージものであり、トーキー導入にアタフタするハリウッドをドタバタで描いて面白かった。
演技陣。ケリーとオコナーはさすがにうまいが、レイノルズはちょっと地味で印象薄い。やっぱり儲け役はヘイゲンでしょう。コメディリリーフであり悪役である彼女が事実上ストーリーを引っ張っている。そしてチャリシーのセクシーなこと!
投稿者:コメット投稿日:2010-02-04 11:42:22
「ナバロンの要塞」などと同様、これぞ映画!って感じ。「グッドモーニング」を聴いていると、対象も覚えずにとにかく希望のようなものがニョキニョキと出てくる。その歌の余韻がまだ残る中で「雨に唄えば」が踊り歌われるのだから、もうたまりませーん。
投稿者:ringoringo投稿日:2010-01-18 02:55:37
ジーン・ヘイゲンの大根役者を演じる様は面白かった。(●´艸`)フ゛ハッ

デビー・レイノズはとってもキュート。ドキ!(\'O\'(ー^*)chu♪

ジーン・ケリーとドナルド・オコナーのダンスはシンクロ率100%。

\|*≧Д≦|>ダンシング♪\|*≧Д≦|>ダンシング♪
投稿者:inres9投稿日:2009-07-12 15:46:28
ドナルド・オコナーがよかった。彼が出てるミュージカルをもっと観てみたいと思ったのですが、そんなにないんですね。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-23 05:35:25
ミュージカルの金字塔。歌も踊りもいい!
主役のジーン・ケリーより助演のドナルド・オコナーが素晴らしい。
あとデビー・レイノルズカワユス♪
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-09-14 09:46:40
記憶にしっかり残る音楽と映像、楽しかった。
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2008-06-13 12:26:42
雨の中でのダンスシーンを初めて見たときは泣けました。感動的ってわけじゃなくて、「これがあの」っていうかね。映画の記憶って、その映画を見ていないうちから形づくられていくもんですね。映画史上最も有名な場面じゃないでしょうか? 
投稿者:o.o投稿日:2008-06-02 00:28:46
今まで見た、と言ってもこれが 3 作目ですが、体育のお兄さん風のジーン・ケリーの映画では一番満足できました。有名な『Singin' in the Rain』のシーンももちろん良かったですが、可笑しい『Make 'Em Laugh 』、楽しげなる『Good Morning』、そしてそして、華やかな『Broadway Melody Ballet 』と、他の場面も大いに楽しめました。

サイレントからトーキーへの移り変わりが一つのテーマとなっていて、初めてトーキーを見た映画関係者が「悪趣味だ」とか何とか口々に馬鹿にするという場面がありましたが、現在、否定的に言う人が結構多い気がする (正直自分もあまり好きではないのですが) CG も、あまり馬鹿にしていると、まずいのかもしれません。

願わくば楽しいことだけ考えて生きていきたい、この映画のように、という感想です。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-10-12 23:22:01
映画が娯楽の王様だった時代だからこそ成り立った作品。前半のテンポの良さは引き込まれるが、演技とダンスシーンは正直古い。ジーン・ケリーがミュージカルに戸惑う映画スターという設定も余り生かされて無かった。タイトル曲のシーンはやはり別格。個人的にはギャングの娼婦役の美脚ダンスも好き。
ラストのネタばれシーンで改めて観てよかったという気になったので、星一つ追加。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-22 16:55:59
大好きなMGMミュージカルの一つです。主演のジーン・ケリーが大雨の中を軽やかに踊る姿はあまりにも有名だし、映画史にも残る名シーンです!この映画はサイレントからトーキーへと映画が大きく変化していき、俳優も監督も誰もがトーキーという未知の世界にアタフタする姿を面白おかしく描いています。
主演だけでなく振り付けや監督も努めたジーン。共同監督は『踊る大紐育』でもジーンと組んだスタンリー・ドーネン。キャストは主演のジーンに加え、子役からのキャリアを持つドナルド・オコナーや新人も同然だったがジーンの相手役に抜擢されたデビー・レイノルズ。そしてジーンとその後も何度か映画で共演する事になるシド・チャリシーなどなどミュージカル映画には欠かせない俳優群が集結したのだ!
もちろんミュージカル映画の金字塔なだけに劇中唄われる曲も見逃せない!題名にも使われている♪『Singin' in the Rain』はもちろん♪『Moses』ではオコナーとジーンがため息が出るほど素晴らしいタップを披露してくれる。そして『Good Morning』ではジーン、デビー、オコナーの3人が楽しそうに歌い、踊る。そして『Broadway Melody Ballet』でのジーンはバレエを生かしたダンスに加えシドとの素晴らしいダンスを見せてくれる。
DVDの2枚組みのディスク2に収録されているドキュメンタリー『What a Glorious Feeling』での最後にデビーの言う言葉には涙が溢れます。
 
見れば必ず楽しくてハッピーな気持ちになれる映画!50年以上たった今見ても新鮮だし、これからも永遠に“弾む心 よみがえる幸せ”を私達に贈ってくれることでしょう。
 
投稿者:hendrix投稿日:2006-10-01 04:09:08
MGMミュージカルの最高傑作ではある。しかし完璧ではなく・・・
映画として評価するならば7.5点・ミュージカルとしてならば9点
非常に評価するのが難しいジャンルだ。確かにこの作品はキャメラも冴えてるし(特に長回し)・セットを活かした踊りもいいし、プレスコを使ったヘイゲンのシークエンスも面白かったと思う。しかしキャラが濃いだけの人物描写と、唄わない所の会話が急いでる気がした。その理由付けも軽いし。
例えば彼らが初のトーキーに挑戦した映画が公開された時、観客に失笑を勝った劇場でのシーンなんかも変だった。観客が怒って帰ってくフロアーのシーンでスターであるドンとリーナが平然と喋っている。しかもドンは変装もしないで・・・例え観客に反応が悪くても普通気付かれるのではないか?
それでもスピード感あふれる演出は今見ても新鮮だし、全然退屈しない。
所々変な箇所もあるしちょっと頑張りすぎな踊りもあるけど「雨に唄えば」のシーンで帳消しになってしまう。この映画にはそんな魔法がある。8.5点
投稿者:たまきち投稿日:2006-08-15 19:13:56
ミュ−ジカルが苦手な私も楽しめました。
落ち込んでいるときに見ると見事に復活できます。
投稿者:拓也投稿日:2006-07-07 11:29:11
f91f91
投稿者:ameniutaeba投稿日:2006-06-04 01:12:16
玄人うけする作品です。現在の業界人でこの映画を認められない人は駄目でしょう。反論はあれど事実だと思います。古典の凄み。
投稿者:forgive投稿日:2005-10-07 14:25:41
ジーン・ヘイゲンの歌の吹き替え、デビーの声ではなかったですね。
そのため、「この場面は二重で吹き替えしているのだ」と思っていたところ・・・
それが、まさかのジーン・ヘイゲン本人による吹き替えと知り驚きました。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-07-16 23:25:54
唄あり、踊りあり、軽いギャグあり…そしてタップの至芸も楽しい名作コメディー。(ブレイク・ダンスって当時から?)
僕もケーキから飛び出て唄い踊るシーンは好きだな。
“SINGIN' IN THE RAIN”も名曲だし、雨シーンも悪くないが、全編エンターテインメントするダンシング・コメディアンの芸が何とも素晴らしい。
あたかも劇場で楽しませて貰っているかのようだ。
最後のオチまでコメディー〜これもオシャレだ。
投稿者:tomason投稿日:2005-06-28 07:42:32
ジーン・ケリーは「才人」「達人」と言われ続けてきたわけだけど、本当は本人は不満だったんだろうな。でも、これは言い当て妙だ。"名人"フレッド・アステアほど優雅ではなく、ジョージ・ラフトの粋さには及ばない。ちょっと神経質、かんしゃく持ちっぽい所が見え隠れする。多分、御本人は「巴里のアメリカ人」あたりの方がお気に入りなんじゃないかな。スペシャル版で色々な人たちが「当時はこんなに愛される映画になるとは思わなかった」と証言しているとおり、当時のMGM名作群の中では「平均作」だったのかも知れない。でもね、大好きなんですね。何回見たことか!!ケリーとレイノルズの組み合わせの良さ、とりまくオコーナー、シド・チャリシーの芸の素晴らしさ。このバランスと分かりやすさは不滅の面白さ。そして皆さんと同じく、ジーン・ヘイゲンに10点。この人がいなければこの映画の魅力は半減したはず。いやな女なんだけど、本当にキュート。いいですね。死ぬまで観続ける映画です。VHSからDVDまで新しい版が出ると全部買ってしまいました。(馬鹿)
投稿者:Tom投稿日:2005-05-10 18:23:29
『アスファルト・ジャングル』の娼婦とこれが同じ役者なのか!!!!!
きずかなかった。凄すぎる。恐るべしジーン・ヘイゲン。
もっと評価されいい女優だった。
雨の中でジーン・ケリーが歌うシーンのパロディは個人的に『パンチライン』のトム・ハンクスが一番。
投稿者:pianoforte投稿日:2005-01-24 12:17:54
素晴らしい!とても幸せな気持ちになりました。
『夜霧のマンハッタン』でもR.レッドフォードがジーン・ケリーの真似をして唄うシーンがありますよ〜。
投稿者:かっこう投稿日:2004-10-24 18:41:44
サイレントからトーキーへ移り変わり、いかに撮影するか試行錯誤するという設定が非常に興味深かったです。

物を知らない僕は、時計じかけのオレンジのあの歌の基ネタを知りませんでしたが、そうか、こんな素敵な映画からとった歌だったのか。ま、正直長くて退屈なミュージカルシーンもありましたが。
投稿者:ドラえもん投稿日:2004-09-13 18:23:05
 この映画は最初から最後まで愉快で楽しいミュージカル映画である。そしてジーン・ケリーの歌とダンスには驚かされること間違いなし。 
 私はこの作品でジーン・ケリーが大好きになりました。テレビでこの映画を録画して、最初はあまり期待していなかったのですが、録画して正解でした。DVDも買ってしまいました。私にとってのジーン・ケリーの魅力は歌とダンスはもちろんのこと、親しみがもてる存在感があるからです。まさに庶民的スター!大好きです!
投稿者:さち投稿日:2004-08-10 05:20:38
良かった
投稿者:Ikeda投稿日:2004-04-19 13:34:23
MGMの音楽映画は1940年代から50年代半ばにかけて多く作られているようなので、この映画はその後半の作品になると思います。それだけに、カラーになっただけでなく、全体的に華やかになっています。逆にストーリーの方は単純になっていて、あまり面白くなくて、トーキー時代になって俳優が引退してしまう主題に興味をもっただけです。この辺は、ジーン・ケリーが演出に参加している事が関係あるかも知れません。ジーンやドナルド・オコナーの踊りについて言えば、基本的振り付けが、これまでと変わらないのに、あまりに派手な動きなので、悪く言えばドタバタ的にも見えました。最初にケリーがスタントマン的な役で就職するシーケンスがありますが、それが踊りの中にも出てくるのには驚きました。但し個人的には、戦後にアメリカの音楽映画を色々見て感動した後だったので、綺麗だなと思った以上の感動はありませんでした。
投稿者:J.T.投稿日:2004-04-04 02:16:15
昔、12チャンネルの放送でこの映画と出会いました。最高のミュージカルだと思いました。どのナンバーも楽しくて!(もちろんどの曲も空で歌えます) しかししばらくしてビデオで完全版を観て評価ががくっと下がりました。12チャンネルの放送には最後のあの長ったらしいバレエがばっさりカットされていたのです。テレビで放送されたものの方が好きという、珍しい体験をしました。チャリシーさんは好きですが、ケリーさんのカメラ目線でにんまり笑ったあの長いバレエはやっぱり好きになれません。クレーンカメラにポーズを決めた、にんまりケリーさんがどんどんアップになるなんて、まさに悪夢です。作品自体を観るのが嫌になりました。ほかは大好きなのに。おかげで最近ではこの映画への見方自体が変わってしまって、あの変な声の女優がかわいそう、なんて思ったりもしてしまいます。うーん、困ったものです。
投稿者:AUTUMN投稿日:2004-02-22 18:02:18
MGさん、「雨に唄えば」がもう一つ「フルスロットル」内で使われてる場面ご存知?最後の方でプレミアナイトの場面があるでしょう。あそこで誰かが”Oh,XXX!Oh,XXX!”で叫ぶ場面がそうなんです。オマージュされたのもあって「フルスロットル」も好きな作品です。
投稿者:島岡投稿日:2004-02-21 03:57:44
オコナーのダンスレベルの高さには脱帽しました。雨のシーンもいいのですが仙台に旅行へ行った時地下鉄の駅から地上に出ていきなり傘を上に投げ捨てて雨の中道路で踊りだして警官にマジで怒られていたおじさんのことを思い出してしまいました。
投稿者:MG投稿日:2004-01-04 21:49:46
【ネタバレ注意】

非常に完成度の高い作品ではないでしょうか?
やっぱりタップシーンになってしまいますが、
「Good Morning」を唄いながら3人でのダンスシーンは
本当に度肝を抜かれた。とにかく素晴しい!
生のタップダンスは、今までに「クレイジー・フォー・ユウ」
「リバーダンス」等をみてひどく感動したが
映画でこれだけ感動できるのはやっぱりこの作品しかないだろう。
ちなみに3人で踊った後、最後にソファーを倒すシーンは
「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」の中で
使われているそうです。

投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-09-20 10:29:22
やや薄っぺらな人物描写に何のどんでん返しも無いストーリー。
なのに何故これほど面白いんでしょうか・・・・
何と言うか、「魔法」がかかった映画だと思います。
雨のシーンはまさに鳥肌もので、
見た後、「SINGIN IN THE RAIN」の曲が頭から離れません。
同曲は別の映画の主題歌で、元々はラストシーンのみだったのが、
時間の都合で仕方無く雨のシーンで使いまわしたのだとか。

ともかく映画史に永遠に語り継がれて欲しい名作です。
投稿者:ワンダフルピヨひこ投稿日:2003-08-13 22:12:59
オレ的には、ドナルド・オコナーがやばかったです。すごいのなんのって・・・この頃のスターたちは芸達者ですね。まさしくスター!最高に陽気な映画!!
投稿者:マンシン投稿日:2003-01-05 22:50:17
何でしょうね、こんなにも人々の心を引き付ける魅力って。
この映画の素晴らしさは言葉になりません。きっと何年経っても、何十年経っても『雨に唄えば』は私の、そしてみんなの宝物であると思います。
まだ観てない人、本当に、心からおすすめの一作です。
投稿者:ゆういち投稿日:2002-07-22 06:28:26
ジ−ン・ケリ−のアクロバティックなダンス(ほとんど
サ−カスの様なシ−ンもあり)、ドナルド・オコナ−の
滅茶苦茶技術レベルの高いダンス(これまたサ−カスみたいな
シ−ンがあるしタップはジ−ン・ケリ−より巧い)、最初は
そうでもないけど役柄上の格が上がって来るにしたがって
どんどんかわいくなるデビ−・レイノルズ(タップもしっかり
したものだし歌がとても上手くて感心した)、おもいっきり
アホなジ−ン・ヘイゲン、色っぽいしダンスがこれまた巧い
シド・チャリシ−(チャリシ−!)。ダンスばかりでなく
みんな演技が巧いし、セリフも面白くてまさしく芸づくしと
いった感じだけど気になるところも若干あった。

まずジ−ン・ケリ−とデビ−・レイノルズというどちらかというと
野暮ったい二人が主演なのでいまいちお洒落な雰囲気がないこと。
衣装や美術も色使いは鮮やかだけどなんか洗練されてない気が
した。あと、やはりジ−ン・ヘイゲンのバカにされ方。あまりにも
ひどいと思った。ラスト直前のシ−ンなど本当に残酷でこうやって
消えていったスタ−がかなりいたんだろうなと思うと胸が詰まった。
投稿者:ramlosa投稿日:2002-04-21 22:53:43
何回見ても「すごいなー、よくできてるなー」と感心できます。もちろん、ミュージカル映画として歌と踊りが素晴らしいのは言うまでもありませんが、ストーリー自体も冗長だったり難解だったりする部分がなくて、非常に説得力があるため、最後まで気持ちよく見ていることができるところが良いです。
とりあえず「何か面白い映画ある?」って言われたら、これですかね。
投稿者:dra42投稿日:2002-01-20 23:45:33
大好きな一本!
無条件に楽しい映画
サイレントからトーキーへの変わり目をドタバタで見せる上手さに
映画ファンなら大喜びです
雨の中で唄い踊るジーン・ケリーは名シーンですね
デビー・レィノルズの可愛い
投稿者:seiji投稿日:2001-09-06 15:45:22
ラストは不覚にも落涙いたしました(^^;
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2001-08-26 18:52:39
面白く観さしてもらいました。
でも、物凄く陽気すぎて
タイミング悪いと、気持ち悪くなるかも。
使用前に注意が必要です。

二十歳前位の時、途中で観るのやめたこの映画。
マジで。あの頃は、浜田省吾でした。
投稿者:okiko投稿日:2001-04-04 02:54:04
凄い面白かったですね。
MGMミュージカルの威力はすごいです。
どのナンバーも最高!
主役の3人はとても魅力的な俳優でした。。。
キャシー役のデビー・レイノルズは可愛らしい。。。http://www.cc.rim.or.jp/~okiko/cinema/top.html
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-02-02 07:40:05
 そう、この映画はジーン・ヘイゲンが支えていると言っても過言ではない。

 MGM映画の最高作。人によっては『バンド・ワゴン』や『巴里のアメリカ人』
を選ぶ人もいるだろうし、『若草の頃』が最高作だという揺るぎない主張があっ
てもおかしくないと思うが、私にはこの『雨に唄えば』が最高作だ。

 「Singin’IN The Rain」の開放感や「Make Em Laugh」の名人芸や「The
Broadway Melody」という大プロダクションナンバーも素晴らしいのだが、この
映画の現代性(今でも決して古びない尋常でない荒唐無稽な映画らしさ)を如実
に表しているのが、「All Do Is Dream Of You」のシーンだろう。この大きな
ケーキの中から飛び出したデビー・レイノルズが唄い踊りまくるシーンの常軌を
逸した可愛らしさといったら!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞ジーン・ヘイゲン 
 □ ミュージカル映画音楽賞レニー・ヘイトン 
■ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ドナルド・オコナー 
□ 作品賞(総合) 
■ 新規登録作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 <初回限定生産>2015/12/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版2013/12/04\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 <初回限定生産>2012/09/19\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば2011/07/20\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2009/09/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2008/12/10\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】【ワーナー・プラチナ・コレクション】 雨に唄えば 50周年記念版2008/06/11\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば2008/04/24\934amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2007/12/07\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション <期間限定生産>2007/08/10\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】オズの魔法使/雨に唄えば2006/10/27\2,800
 【DVD】雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション <期間限定生産>2006/09/08\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば2006/02/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2006/02/03\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2005/11/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション <期間限定生産>2005/09/02\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば2005/08/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2005/07/29\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <期間限定生産>2004/09/23\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば <WHV101タイトル/期間限定生産>2003/10/03\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション2002/11/08\2,980amazon.co.jpへ
 【DVD】雨に唄えば2000/04/21\2,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】雨に唄えばレンタル有り
 【DVD】オズの魔法使/雨に唄えばレンタル有り
 【VIDEO】雨に唄えばレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「雨に唄えば」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,890
8新品:¥ 1,644より   7中古品¥ 943より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION