allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

雨のエトランゼ(1970)

UN BEAU MONSTRE

メディア映画
上映時間105分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1971/09/11
ジャンルドラマ
愛の傷口から真紅のため息が流れる…… ベニスの雨に誘われてふたりはかえらぬ世界へ!

【解説】
 ドミニック・ファーブルの原作『美しき野獣』の映画化。ある日酒におぼれた女がテラスから落ちて死亡する。そしてそこには彼女の夫アランの姿が。彼はすぐさま警察の取り調べを受けるが、事件の目撃者である向かい部屋の住人ナタリーの証言により直ちに釈放される。その後、彼は彼女に接近、やがて2人は結婚することになるが……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2011-12-07 14:14:20
アラン(ヘルムート・バーガー)の新妻が薬を探し廻っていたが、見つからないのでアパートの窓から投身自殺した。それを目撃したナタリー(ヴィルナ・リージ)は刑事ルロワ(シャルル・アズナヴール)に状況を話すが、その時すれ違ったアランは彼女が気にいって近づく。彼の沈鬱な態度に惹かれた彼女は結婚するが、彼は愛撫はするものの夫婦関係はなく、その内に彼がホモであることが解り・・・。

アランの変態的な性格が強調された映画で、麻薬まで登場するので、ある意味ではホラーとも言える作品です。刑事がそれに気づいて影で調査を進め、ナタリーを助けようとするが、悲劇的な結果になるという所は、この映画の評価に関係すると思いますが、私には好きになれない作品でした。
バーガーとヴィルナは、それぞれの役を適切に演じていると思いますが、それより見せ場は少ないけれども、久しぶりに見たアズナヴールが好演だと思いました。
【レンタル】
 【VIDEO】雨のエトランゼレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION