allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スリー・リバーズ(1993)

STRIKING DISTANCE

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Col=COLTRI)
初公開年月1993/10/30
ジャンルアクション/サスペンス
スリー・リバーズ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 696
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 3つの河川が合流するピッツバーグを舞台に、河岸警備隊員の刑事が連続殺人事件の裏に見え隠れする過去の因縁と自分の身に差し迫る陰謀に挑むサスペンス・アクション。
 刑事トムの家族は代々続く警察官一家で、親族もその職に就いている。だが、彼の父は連続殺人事件の捜査中、何者かに殺された。また、その犯人は逮捕されるものの、トムのいとこである警官ジミーが暴力捜査をしたとして訴えられ、トムの証言により有罪、挙げ句に河へ投身自殺した。数年後、トムは河川レスキュー隊に転属していた。そして彼はまた、父の事件に類似した連続殺人事件に遭遇する…。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ダイ・ハード(1988)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
744 6.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:UFO投稿日:2013-10-28 20:10:06
これといって。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2013-04-02 13:56:23
猫がとってもかわいい!ラストシーンがほんわかしていていい。それ以外はぐだぐだの残念な出来。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:jb投稿日:2012-07-30 18:54:51
サラ・ジェシカ・パーカーハマらず。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-02-05 03:53:42
ピッツバーグを舞台に、連続殺人事件と警官一族の身内モメを描いたサスペンスアクションです。

ポリスアクションとしてはそこそこ楽しめますが、サスペンスとしてはイマイチでした。
まず、キャスティングがストーリーを暗示しているようなものなので犯人探しを楽しむ事ができません。
だから、もう少し主人公がハメられていくような面白みがあっても良かったと思います。
せっかく過去の女たちが被害者になっているというのにそれが生かされているとは思えませんでしたね。
一人で真犯人を探すのは王道パターンなので構いませんが、そこに至るまでに追い詰められるような緊迫感が欲しかったです。
犯人のサイコぶりも中途半端なのでインパクトも無いんですよね。
終盤急ぎ足になってしまったのも残念でした。
スピーディなボートチェイスにカーチェイスに銃撃戦など程よくアクションの盛り込まれた作品なのですが、不思議と記憶に残らないんですよね(爆)

ブルース・ウィリスは十八番の刑事役なので新鮮味はないけど安定感抜群です。
ヒロインはSATCのサラ・ジェシカ・パーカー・・・今でこそ知名度も人気も高い女優さんですが、当時はなんて花のないヒロインなんだと思いました(爆)
デニス・ファリナにトム・サイズモアといった明らかにアブノーマルなキャスティングには違和感ありあり。
ここの役柄はもう少しクセのない役者さんが演じるべきだったと思いますよ。

テンポは悪くないので退屈はしませんでしたが、今観るとストーリー的にも映像的にも古臭さを感じると思います。
※刑事モノにもリアリティを求める方には不向きです。
投稿者:gapper投稿日:2010-03-22 22:32:14
 「ダイ・ハード」とは異なるブルース・ウィリスの刑事物。

 冒頭のカーアクションなどどこかで「ダイ・ハード」から離れようという感じのある作品で、「ダイ・ハード」期待して見るとがっかりする。
 さらに、あまりにも乱暴な運転で警官がやっていいのか疑問。
 犯人にでっち上げられる人物もそのままで、冤罪についてあまりにもいい加減。

 では面白くないというと、水上警察という珍しい題材だしラストにはサプライズもある。
 先入観さえなければ、それなりに十分楽しめるはずだ。
投稿者:william投稿日:2010-01-20 02:33:10
なんか地味。
良く有る身近な人が殺されるサスペンス。
取り立てて評価すべき点もなく、ブルース・ウィリスが出てた他、印象に残らない。
投稿者:namurisu投稿日:2010-01-19 12:59:16
ボートチェイスがしょぼい。女優がブス。ビスタサイズで撮るな。
投稿者:あくび★投稿日:2009-09-08 23:47:58
面白くもつまらなくもない。
なんだかんだ言ってアクションシーンは観ちゃうし・・。
一番びっくりしたのはサラ・ジェシカ・パーカーの芝居の下手さと
まだ短かった顔。
この人はTVの方がいいと思う。映画向きじゃない。
いろんな意味で(´・ω・`;)
ブルースの髪の毛には別に驚かなかったケド。
投稿者:scissors投稿日:2009-08-04 00:21:42
脚本も撮り方も、80〜90年代の刑事物や探偵物によくある感じ。
たとえ100円レンタルだだろうが、わざわざ選んで金を払ったのがコレだとガッカリするかも。
サラ・ジェシカ・パーカーの安っぽさも相まって、TVMっぽい雰囲気。
投稿者:irony投稿日:2006-09-04 17:40:49
髪の毛のあるブルース・ウィリス、なんかしっくり来ないな、無い方が精悍だな。ストーリーはまずまずだけど、この手をよく見てる人にはちょっとものたりないかも。カーアクションやボートアクションもあり中々楽しめた。
投稿者:spink投稿日:2005-10-13 00:42:21
ブルース主演ってだけでお客が入った頃の映画。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-10-17 06:52:17
アクションだけでなく、事件の真相を暴いていくストーリーはとてもおもしろかったです。
93年製作ということですが、作品の古さは全然感じなかったです。
投稿者:さち投稿日:2004-06-13 07:00:01
期待はずれ 別に主演は誰でも同じ
投稿者:ハポネス投稿日:2002-08-13 01:05:02
 ミステリー・アクションにドラマの要素を加味して頑張った感じの映画ですが、ちょっと人間関係の先が読めてしまうかな…アメリカでの興行が失敗したのは、それも原因だったのかもしれません。
 でも僕なりには楽しめました。トム(ウィリス)や相棒のジョー(パーカー)の設定が面白いですし、河川レスキュー隊が取り上げられるのも新鮮でした。指摘されてるようにボートチェイスも迫力あったと思います。それとヴィンセント(マホニー)はかわいそうだったな…確かに人間ドラマの部分はちょっと…って感じですが、そのドラマの側面が気に入って出演した、というウィリスのエピソードについて心情的にはわかる気がしています。
 日本でのカタカナ題名(原題は「攻撃距離」の意味らしい)は、事件の舞台になってしまう、ペンシルバニア州ピッツバーグを流れる三つの川を指しているようで、原題よりも映画の雰囲気がわかりやすく思えてよかったです。
【レンタル】
 【Blu-ray】スリー・リバーズレンタル有り
 【DVD】スリー・リバーズレンタル有り
 【VIDEO】スリー・リバーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION