allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

世紀の女王(1944)

BATHING BEAUTY

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1952/01/03
ジャンルミュージカル
世紀の女王 [DVD]
USED価格:¥ 9,500
amazon.co.jpへ

【解説】
 美貌の水泳選手ウィリアムズがその才能を遺憾なく発揮した楽天的ミュージカル。相手役はコメディアンのスケルトンで、引退を考えている作曲家に扮する彼と婚約者のウィリアムズの仲を、B・ラスボーンの音楽主版社主が引き裂こうとする。そんな筋より、とにかく華麗な水中ショウを楽しんでくれー、という娯楽作。本作の成功で、以後10年近く、ウィリアムズは水中に描かれる美女の様々な幾何模様の、常に中心で舞い続けることになる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2012-10-31 11:17:18
5年後に作られた「水着の女王」と同じレッド・スケルトンと組んだミュージカルですが、戦争末期に作られた映画なのに日本公開は両方とも1952年で、私は自由が丘武蔵野館で見ました。
最近見直してみて感じたのはエスター・ウィリアムスがデビューしてまもなくなのに意外と演技がしっかりしていることでした。それにベイジル・ラスボーンが出ていますが、このようなミュージカルに出るのが珍しいので、すっかり忘れていました。
最後にエスターを中心とした水着ショーは別として、同年の「姉妹と水兵」と同様、ザヴィエル・クガートとハリー・ジェームスが入れ替わり立ち替わり出て来て、カルロス・ラミレス、リナ・ロメイ、ヘレン・フォレスト達が唄うのが楽しい映画です。
それに珍しくエセル・スミスが出ていて、派手な手さばきでオルガンを弾きますが、「ミネトンカの湖畔にて」や「チコ・チコ」などは忘れかけていた曲なので懐かしく思い出しました。
投稿者:gapper投稿日:2012-04-28 21:44:19
 エスター・ウィリアムズの初主演作品。

 この作品を見る人の殆どは、エスター・ウィリアムズ目当てだろう。
 しかし、実態としてはレッド・スケルトンのミュージカル仕立てのコメディだ。
 これは、エスターがアスリートで人気があるものの女優と見ていなかったからだろう。
 あくまで”華を添える綺麗所”と言うのが、作り手の意識から離れていなかったと思う。

 スケルトンのギャグは面白いが、今では取り立ててと言う感じには思えない。
 むしろ、ハリー・ジェイムス楽団の演奏が見て聴けるところなどがうれしい。
 73分頃にヤッシャ・ハイフェッツのホラ・スタッカートと紹介され楽団が演奏するが、難曲をトランペットで演奏するジェイムスはなかなか。
 ちなみにホラ・スタッカートをハイフェッツが作曲したかの様に説明しているが、実際はグリゴラシュ・ディニクでハイフェッツは難曲の演奏で人気を博した。
 スケルトンが好きならコメディとして面白いだろうし、音楽映画としても楽しめる。

 水中レビューは、最後にしかない物のエスターの独壇場でまともな作品は彼女の物しかないので評価の必要は無いだろう。
 今回は、余り高さは強調しておらず緑とピンクで半々の水着の女性達のシンクロナイズド・スイミングでエスターを盛り上げる。
http://gapper.web.fc2.com/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】世紀の女王2008/09/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】世紀の女王レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION