allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アメリカ(1984)

KLASSENVERHHULTNISSE

メディア映画
上映時間126分
製作国西ドイツ
公開情報劇場公開(ユーロスペース)
初公開年月1986/01/18
ジャンルドラマ
ストローブ=ユイレ コレクション 2 (階級関係) カフカ「アメリカ」より [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,035
USED価格:¥ 3,582
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
330 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:4531731投稿日:2005-12-29 00:11:40
 五分で眠ります。でも最後まで鑑賞したくて一本足で立ちながら見ました。すると最後まで鑑賞することが出来ました。いや。そこまでして見る必要はないのですが、どうしてもこの映画に負けたくなかったんですね。
 まあ最後の方はけっこう、と言ってもストローブとユイレの映画ですからおとなしいもんですが盛り上がります。しかし何でかわからないけど、というか。多分、淡々としすぎていて途中で吐き気がしたりで、ホントにこの手の映画は鑑賞するのが大変です。理解する以前に寝ないようにしないといけないですから。
投稿者:parole投稿日:2004-12-10 16:57:42
 本作は、サスペンスやスペクタクルを徹底的に排した厳密かつ非妥協的な作品スタイル
からとかく難解と言われるストローブ=ユイレの作品の中では、例外的と言って良いほど
馴染みやすいものと言える。もちろん、ストローブ=ユイレの作品としてはという前提が
付くので、一般的な意味におけるわかりやすさとは全く異なっているが、それでも他の多
くの作品がそうであるようにどこからどう手を付けて良いのやら皆目見当が付かず途方に
暮れてしまうようなものではない。
 本作について一言で言い表すなら、カフカの(マックス・ブロート版の)原作を極めて忠
実に映画化した作品だ。と言っても原作『アメリカ』は単行本で300ページ以上の長編な
ので全てを収録しているわけではなく、映画化されているのは短編として発表されている
『火夫』の部分を含めた冒頭の一部分に過ぎない。しかし、『妥協せざる人々』に代表さ
れるような極度の圧縮(割愛や短縮)が成されているわけではなく、台詞回しはもちろんナ
レーションに至るまで発刊されている小説の文言をそのまま使われているので比較的容易
に物語の筋道を辿ることはできる。もっとも、原作自体が単純な物語の運びを主眼とした
小説ではないので、その内容を把握、咀嚼できるかどうかは別な話なのだが。
 本作は最も映画化に成功したカフカ原作の作品と評されることが多いが、それは台詞や
物語の運び等が原作に忠実であることよりも、ストローブ=ユイレの制作スタイルに依る
ところが大きい。前衛と言われることが多いストローブ=ユイレだが、実はフレーミング
やカメラワーク等の映画を構成する基本要素には、いわゆる前衛的なものは極めて少ない。
人物配置を始めとする画面構成は正統極まりないものだし、カメラワークもカメラを止め
る部分では微動だにしないフィックス・ショットを積み重ね、必要かつ不可欠な箇所にお
いてはパンやズームを慎ましやかに(時には大胆に)利用する。視線の交差も厳密に定めら
れ、切り返しショットで二人(複数)の人間が言葉を交わすシーンにおいては、フレームア
ウトしている人物を本来いるべき位置に置いて演技や撮影が行われると言う。つまり、逆
な言い方をするなら、視聴者に対して特定の印象や恣意的な効果をもたらすカットやシー
ンは周到に避けられており、この突き放した様がカフカの作品そのものと近しい関係にあ
るのだ。
 このような即物的な制作姿勢とそこから生み出されるものは、ストローブ=ユイレ作品
の特徴であると同時にその本質と言い得るものであり、彼ら自身一般的な映画を自然主義
(的)と定義づけこれらと対比する意味合いで自らの作品を実存主義(的)と定義づけている。
実存主義とはなんぞやといった「神学論争」はさておくとしても、彼らの作品が一般的な
映画とは位置付けを異にしているのは明かであり、両者を隔てるその分岐点にこそ映画の
限界点と可能性とがせめぎ合う極点があるのだ。

 惜しむらくは、本来は何度も繰り返し観ることによって初めてその真価を享受できるは
ずのストローブ=ユイレの作品が一般的な劇場で公開されることは非常にまれであり、DV
Dすら一作品しか発売されていないと言うことだ。確かにストローブ=ユイレの作品は誰
もが気軽に楽しめるものではないかもしれないが、そんな中にあっても『アメリカ』は例
外的に普通の映画として愉しみ得る要素を持った作品だし、映画の教科書としても充分以
上に通用する端正で正統的な映画なのでDVD化されることを望んで止まない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】階級関係 -カフカ「アメリカ」より-2005/03/26\4,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION