allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

西部悪人伝(1970)

EHI AMICO...C'E SABATA, HAI CHIUSO!
SABATA

メディア映画
上映時間107分
製作国イタリア/スペイン
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1970/12/19
ジャンル西部劇
お客さん 嬉しゅうござんす! ここまで悪事をやらせて貰えるなら
西部に揃った史上最大・七つの《悪》がどどっと音をたてて動き出した!

 Photos
西部悪人伝

【解説】
 「夕陽のガンマン」をはじめ数多くのマカロニ・ウエスタンでファンを魅了したリー・ヴァン・クリーフが、“西部の007”とでも呼ぶべきアクション・ヒーロー<サバタ>に扮した痛快娯楽大活劇。華麗なガンプレイとトリッキーなストーリーがあいまったユニークな作品で、以降の様々な作品に大きな影響を与えている。マルチェロ・ジョンビーニの軽快なテーマ曲に乗せて描かれるサバタの活躍には胸躍ること必至!
 西部の町ドハティに孤独な影を漂わせる男サバタがやって来た。時を同じくして、銀行強盗事件が発生、10万ドルの入った金庫が奪われてしまう。いち早く事件に気づいたサバタは直ちに悪党達を追跡。翌朝、サバタは多くの死体とともに無傷の金庫を持って戻ってきた。彼に賞金を渡した警備隊長は、強盗団の徹底捜査を宣言するが、証人達は何者かによって消されていってしまう。そんな中、サバタは犯行に使われた馬車を手に入れる。事件の首謀者であるスティンゲル男爵、オハラ判事、ファーガソンの三人は、証拠隠滅のためにサバタ暗殺に次々と刺客を差し向ける。
<allcinema>
評価
【関連作品】
西部悪人伝(1970)
大西部無頼列伝(1971)
西部決闘史(1972)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:DEVILWING投稿日:2016-05-10 21:30:06
【ネタバレ注意】

マカロニ・ウエスタン、ここにあり。

ギミックタップリのアクション、判りやすいストーリー、濃い曲。
勢いで、続編を見たくなります。(2作あり)

楽しめました。

投稿者:bond投稿日:2015-09-15 23:44:59
超ベタな展開、頭カラッポにして楽しむ娯楽西部劇
投稿者:TNO投稿日:2015-08-29 23:02:47
少々、歳を重ねすぎたリー・バン・クリーフが、渋い仕事をする。昔の日本歌謡曲のような音楽は耳に残る。バンジョーが銃に早変わりは、予想したのだが、クリーフの弾で弦を切られたところで、何も起こらず、すかされたと思いきや、結局はやっぱり銃に早変わりじゃないか。小出しにするなと思った。地上屋の銃口を差し込める人形とか小道具も面白かった。最後は、"黄金"風でした。
投稿者:gapper投稿日:2010-10-15 19:29:00
 強烈な音楽が記憶に残る、マカロニ・ウエスタン。

 エンニオ・モリコーネの基本のしっかりした音楽も良いが、マカロニ・ウエスタンにはこういったあくが強い音楽も良い。
 タイトルは、スピード感のある音楽にゆっくりした歩きとミスマッチだが、サバタのリー・ヴァン・クリーフを初めあくの強い面々で楽しめる。

 トランポリンを多用した”やせたネコ”(Bruno Ukmar)やデリンジャーのような連発銃など奇妙なアイテム多数。
 バンジョーも”いつものと違うやんけー”などとは、言ってはいけない。
 ステンゲル(フランコ・レッセル)の変体じみた容貌など、受け入れられない人も多いかも。

 イタリアらしいいい加減なアイデア勝負で楽しめた。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2009-08-01 20:31:52
序盤こそ主人公たちの謎めいた部分に魅かれるものの、
それ以降は最後までほとんど平坦に進む映画である。
ハラハラドキドキするわけでもなく、意外な展開があるわけでもない。
ただその華麗なガンプレイと主人公たちの妙な掛け合いを楽しむ映画である。

暑苦しいデブのナイフ使い、華麗な身のこなしを披露する通称“ネコ”、
バンジョーを弾きながら敵を一掃するお尋ね者、とその愛人、
そして謎めいた凄腕ガンマンの主人公。
そんな濃いステータスを持ったキャラクターたちがある組織の金をめぐって動き出す。
彼らのやりとりを見ているだけで飽きない。

最後まで気楽に見られる痛快娯楽作。
投稿者:なちら投稿日:2007-10-25 01:43:02
うぉー!クリーフ様!サバタの旦那ー!!カッコいいス!カッコよすぎるス!

もーさぁ、射撃シーンがめちゃくちゃイカスのね。銃を構えた眼光にメロメロ死するかと思った。
しかも、ウィンチェスターじゃ届かないからと敵が油断している所を
確実に射抜くからね、クリーフ様は。
ただの正義のヒーローじゃない所がまた良くて、悪人から金をゆすり取ったり、
小道具に銃を仕込んで敵を始末したりするわけ。
そんなダークヒーロー、クリーフ様。素敵過ぎ!

過去に何やら因縁があったらしい謎の色男バンジョーも、なかなか存在感があって、
バンジョー(楽器)に仕込んだ銃で戦う所は、R・ロドリゲスの映画みたいだった。

自分が生まれる前の作品だけど、今見てもかなり面白いです!
クリーフ様、熱いわwwww「拾うがいい」と言われたい!
投稿者:ノリス投稿日:2006-02-23 11:15:29
 これは、そこそこ面白い!ビデオも出てないし、DVDが廃盤なのがもったいないくらいに(自分は持っている)、でも決闘シーンとかの緊張感はないけど、さまざまな拳銃を駆使して戦うキャラクターに個々の特徴が見られ、アイディア満載だと思う。また特筆すべきことは、ラストのダイナマイトを駆使して戦う派手な銃撃戦だろう。自分の意見として今の映画では見られないアクション、アイディア、音楽がそれぞれ個々の魅力があり(アナログだが)やたらと派手に見せ過ぎて中身が空っぽというような、まるでゲームや漫画、アニメのような世界観をそのまま映像化ような(実際にもアニメやゲームを実写映画化した作品もあるが)した現代の娯楽映画よりも格段に迫力があり、リアリティがある。今の映画も、もう一度原点に戻るべきではないかとさえ考えてしまった。今の映画にこんなアナログな映画を作るにも限度があり、昔より金がかかって無理だろうけど。この頃は(60年代ぐらい)それぞれの国々に見られる作品の特徴があったからこそ、可能だったのだろうに・・。低予算でいいから偽物の迫力(デジタル)に極力頼りすぎなく、本物の迫力(アナログ)で面白い娯楽映画を作ってほしいと願う。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】西部悪人伝2016/12/21\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】西部悪人伝2013/08/07\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ユナイト・マカロニ傑作選 1 サバタBOX2002/08/17\14,400
【レンタル】
 【DVD】西部悪人伝レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION