allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

西部に来た花嫁<未>(1973)

ZANDY'S BRIDE
FOR BETTER, FOR WORSE

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンル西部劇

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-06-20 22:22:55
 リブ・ウルマンの珍しい西部劇。

 西部劇といっても、人里はなれた山に住む男が新聞広告で妻を娶が、余りのもの違いに意地を張ったり喧嘩をしたりという話で、ドンパチはない。
 小品の佳作といった感じだが、いくらなんでもここまでの勘違いは個人的にないだろう。

 リヴ・ウルマンとジーン・ハックマンという異例のキャスティングで渋く出来上がってる。
 監督がヤン・トロエルで瑞米折衷的な感じがあるが西部劇と言うより時代物として見れば問題ない。
 ただ、地味ではある。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-10-27 23:12:20
【ネタバレ注意】

<あらすじ>カリフォルニアに住む農場主ザンディ(ジーン・ハックマン)は、新聞広告を頼りにスウェーデン人のハンナ(リヴ・ウルマン)と結婚する。東部育ちのハンナは自己中心的なザンディに怒り、ザンディもまた浮気を責められ家を飛び出してしまう…。

19世紀半ば頃が舞台だろうか。開拓地で牧畜を営み、外の世界から断絶された場所で生活する男はなかなか結婚する機会もなかっただろう。そもそも「結婚」について考えようにも、両親の結婚生活くらいしか参考になるものはなかっただろう。で、その両親と来たら粗暴夫に耐える妻。自らの結婚でも同じように振舞おうとするのも無理からぬ話。
で、舞台は西部だが、物語は見ず知らずだった男女が、夫婦として絆を深めるまでのお話。乱暴だがどこか憎めない大男ジーン・ハックマンに、芯も気も強い妻リヴ・ウルマン。いずれも好演。
まあなんだかんだいって、結婚生活の主導権はやはり女性にある、というお話のようで(笑)。
なんだ、西部の「夫婦善哉」かいっ(苦笑)。

投稿者:Ikeda投稿日:2006-10-17 14:06:34
カリフォルニアの牧場で一人暮らしのジーン・ハックマンが新聞広告でリヴ・ウルマンを妻として呼び寄せるが、彼女を自分の所有物といてしか考えず、自分の流儀を押しつける。リブは、その生活に慣れようとするが、浮気の問題が起きたり自分の庭を牛に荒らされたりして、ついにはハックマンはサンフランシスコへ出ていってしまう事まで起きる。お互いに意地の張り合いが続くが、という話です。
西部劇といってもホーム・ドラマ風で、波乱はあっても淡々とした展開がそれに合わせた音楽と共に、しみじみとした味があります。ハックマンは別としてリヴがなかなかの好演で、あまりインパクトはないけれども、西部の生活が滲みでている作品です。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION