allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

横溝正史シリーズ/犬神家の一族(1977)

メディアTVM
放映局毎日放送
製作国日本
ジャンルミステリー
犬神家の一族 上巻 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,884
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hayate9投稿日:2015-09-04 21:11:41
【ネタバレ注意】

始まりのテーマが怖くてたまらなかった。
再見すると、古谷一行が若くて(舌を出してベーッとやったりする)びっくり。
下のコメントの方も書かれていますが、菊乃と静馬の写真を燃やすシーンが印象的。ここから松子の存在感も増していくような気が・・・。
でも、美女設定の珠世さん。歴代の女優さんの中で一番ミスキャストだと思います。

投稿者:scissors投稿日:2011-07-06 14:45:38
5話4時間はさすがに長いなあ。
京マチ子の圧倒的な存在と古谷一行の魅力で見れてしまうけれども。

手形を押すシーンは田村亮本人の手なんだろうか?
とてもキレイな手で、戦争帰りにしては違和感があった。
投稿者:sflover投稿日:2008-11-28 17:14:09
市川昆の映画版が有名すぎてこちらはやや影が薄い存在ですが、
TVドラマにしては実に良くできた作品になっております。
横溝正史自身この作品を鑑賞し、映画版に負けず劣らずと絶賛しております。
原作に忠実、美術も素晴らしく、キャストも豪華。僕もそう思います。
珠世役は映画版島田陽子の方が断然綺麗ですが。

映子さんもおっしゃるこの作品自体に納得できない云々ですが、
僕自身納得できないのは静馬が犬神家に潜り込んでたとしても
なぜ佐清はまっすぐ家に戻らなかったのかということ。
彼の不可解な行動によって悲惨な事件の幕は切って落とされるのです。

ところで、この横溝正史シリーズはこの作品を皮切りに始まるのですが、
このシリーズを通し僕が素晴らしいと思うのは、タイトルバックのオープニングテーマと映像。
作品ごとにそのドラマの世界をうまく表現しています。ホント素晴らしい。
投稿者:映子投稿日:2007-03-13 21:56:36
【ネタバレ注意】

このシリーズはリアルタイムで見ていたのですが、初期のこの作品は映画のイメージがあまりにも強すぎて、ドラマはあんまり覚えていませんでした。映画版でのショックが大きかった事もあり、死体発見の場面のショックが少ないです。
全体的におどろおどろした恐怖感が薄く、菊畑の生首や、スケキヨ(静馬)の死体発見の場面が人形を使っているのがはっきりわかるのも興覚めでした。
原作に忠実な為、スケトモの死体は屋根に上げることもないのですが、やっぱり映画版のあの恐怖感はすごいものがありました。

作品の要となる人物の一人、珠世さんも有名な女優さんではなく、存在感が薄いし
立花警部補(ハナ肇さん)は頑張ってましたが、日和警部がいないのもちょっとさびしかったかな。あとのキャストはまあまあでした。小夜子を演じた女優さんは無名ですが、映画版の川口晶さんの感じより私は好きでしたね。
でもとにかく私的には「犬神家の一族」自体が冷静に考えると納得のいかないストーリー展開の物語です。

追記 納得いかないというのは思いっきりネタバレですが、静馬とスケキヨを松子夫人が最初間違えてた事、顔がつぶれたからと自分の息子をまちがえるか〜?
間違えてたのかよくわからないのは、最初手形を押す事を拒んでいた事。もし自分の息子じゃないと疑いがあるなら、逆に押して真実を知った方がいいと思うのです。まあ知るのが恐いという事も考えられますが、珠世さんはスケキヨが好きだったわけだから、スケタケを殺すのがあまりにも早すぎるというか、それも納得いかない。

【サウンド】
『まぼろしの人』(主題歌)
作曲 :茶木みやこ
歌 :茶木みやこ
作詞 :阿久悠
【レンタル】
 【DVD】古谷一行主演 金田一耕助TVシリーズ 犬神家の一族 下巻レンタル有り
 【DVD】古谷一行主演 金田一耕助TVシリーズ 犬神家の一族 上巻レンタル有り
 【VIDEO】横溝正史シリーズ/犬神家の一族 下巻レンタル有り
 【VIDEO】横溝正史シリーズ/犬神家の一族 上巻レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION