allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

浪人街 第一話 美しき獲物(1928)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1928/10/20
ジャンル時代劇

【クレジット】
監督:マキノ正博
原作:山上伊太郎
脚本:山上伊太郎
撮影:三木稔
総指揮:マキノ省三
助監督:滝沢憲
並木鏡太郎
出演:南光明母衣権兵衛
谷崎十郎荒牧源内
根岸東一郎赤牛弥五右衛門
河津清三郎土居孫左衛門
岡島艶子おぶん
大林梅子お新
市原義夫佐吉
住乃江田鶴子およう
川田弘道小幡伝太夫
東條猛小幡七郎右衛門
五味国男金之助
都賀清司酒屋の親父
加藤光枝
三島洋子お仙
若松文男お新の義父
三保松子お新の義母
【解説】
 山上伊太郎のオリジナル脚本をマキノ正博(雅弘)が監督し大ヒットした無声チャンバラ映画。シリーズ化され全3話、4作品が製作された。またマキノ自身の手により4回もリメイクされたことでも有名。本作はフィルムが現存していないため、見ることできないとされている。
 江戸の長屋に住む浪人の荒牧源内は、妻のお新にスリをさせ、その金で酒を飲む毎日。そのお新が悪名高い旗本にさらわれてしまう。源内は同じ長屋に住む浪人の助けを得て、旗本集団に立ち向かっていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-08-24 12:39:34
★無声映画末期を飾る不朽の時代劇。\'28年マキノ映画は所属のスタ−が大量脱退するという大ピンチを迎えていた。苦肉の策としてスタ−の出ない群衆劇を作ることになり、若きマキノ正博(20歳)が気鋭のシナリオ作家山上伊太郎(23歳)の協力を得て第一話「美しき獲物」を作り上げた。希望のない浪人たちがごろごろ寝ころんで日々を過ごしており、悪い旗本に立ち向かう時だけ団結するという、エゴイズムとニヒリズムに満ちた内容のユニ−クさに加えて、奔放に移動しパンするカメラ(撮影はこれも気鋭の三木稔)の驚くべき尖鋭さ、そして何よりも全篇にみなぎる若々しさによって一躍注目されることとなり、当時の青年層の心情とマッチした本作はキネマ旬報ベストワンも獲得してしまった。続いて第二話「楽屋風呂」、第三話「憑かれた人々」が作られ、マキノの長いキャリアの中で第一期黄金時代を築き上げた。ただし現存するフィルムは第一話・第二話の編集短縮版のみなのが残念。(ぴあ・CINEMA CLUB)

◎第一話は8分、第二話は72分、残っていただけでも幸いとしなければなるまい。第一話はラストの浪人たちと旗本たちの大乱闘だけが残っている。マキノによれば、この作品のトップのタイトルは“強い奴、弱い奴、面白い奴、馬鹿な奴、色んな奴が集まって・・・浪人街の白壁にいろはにほへとと書きました”とあったのだそうだ。このタイトルに象徴されるニヒルな斬新さが全篇を覆って、このラストの大立ち回りとなり、この年のキネマ旬報一位に結実したのだろう。第二話の「楽屋風呂」は撮影が難航して正月物に間に合わなくなり尻切れトンボのまま公開されてしまったのだとマキノは語っている。なるほど浪人街の浪人たちの明日をも知れぬ生活ぶりは克明に描かれているが、訳の分からぬラストになってしまった。しかし映像としては充分に楽しめる両作品であった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION