allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

学生ロマンス 若き日(1929)

メディア映画
上映時間104分
製作国日本
初公開年月1929/04/13
ジャンルドラマ
小津安二郎 DVDコンプリートボックス
参考価格:¥ 70,200
価格:¥ 49,140
USED価格:¥ 45,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:小津安二郎
原作:伏見晁
脚色:伏見晁
潤色:小津安二郎
撮影:茂原英雄
編集:茂原英雄
出演:結城一郎学生・渡辺敏
斎藤達雄学生・山本秋一
松井潤子千恵子
飯田蝶子千恵子の伯母
高松栄子下宿の内儀
小藤田正一その息子勝二
大国一郎教授・穴山
坂本武教授
日守新一スキー部主将・畑本
山田房生学生・小林
笠智衆学生
小倉繁学生
一木突破学生
錦織斌学生
蜂野豊夫学生
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
643 7.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2012-06-06 16:48:29
長尺のそれほど軽快でもないコメディで、ギャグも秀逸というほどのものではないのだが、\'03年生まれの26歳の新進監督としては思い切った冒険を試みた作品であったのだろう。主人公たちが片時も紙巻タバコやパイプを口から離さないことに今日では違和感を覚えるが、当時の高等遊民には普通の風俗でもあったのだろうか。
下宿では和服で過ごし、学校には制服で登校し、スキ−には今見てもかなりお洒落な衣服で出掛けるのが面白く思えた。主人公二人のスキ−場まで出かけての雪まみれの恋のさや当てが、結局二人とも見事に振られて、やれやれと観客に思わせて一種の気持ちの良さでシャシンを終わらせた所に、演出の小津、脚本の伏見、撮影の茂原のトリオの“オレたちは新しいことをしているんだ”との意気込みと才気が感じられたのだった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-08-25 22:00:07
屈託ないドタバタコメディだが、当時の風俗が楽しめる。
演技陣。結城と斉藤のコンビはいい。
投稿者:Ikeda投稿日:2004-03-26 22:20:31
早稲田のチャランポランな学生二人、結城一郎と斎藤達雄が松井潤子を取りあう話ですが、特に後半が冗長で、小津安の現存する最古の作品である事だけの作品です。ただし、当時の東京の風俗が描かれている映画を見る機会があまりないので、興味を持つ所はあって、貸間案内所の看板などが面白いです。それに、今でも地方から東京の大学へ子息を通わせる事は大変でしょうが、この頃では余程、親に地位と資力が無いとできなかったと思います。そのため、大学生が、かなり威張っているのが目立ち、引っ越しの時でも車引きを顎で使っています。まだ昭和の初めですから、新旧の対照が面白く、大学生がパイプを使っていると思えば、質屋の主人は煙管なのもそうです。また、西欧映画の影響も明らかにあって、スキー場でスキーの板が逃げる所などは将にキートンです。ジャネット・ゲイノアの「第七天国」のポスターが良く出てきますが、七になぞらえて、質屋を「第七天国」と言う台詞も面白いですが、当時の学生などの間で流行った言葉ではないかと思います。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2003-12-06 19:48:50
 後期作品ばかり見てきた自分には、ドタバタ喜劇の“小津”は新鮮。
 ただ、“小津”だから興味を持ったが、内容は不発。
 「お早う」の軽い喜劇調は見事だったが、ドタバタは不向きかも。
 おまけに長尺だし。
【ソフト】
【レンタル】
 【VIDEO】学生ロマンス 若き日レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION