allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

その夜の妻(1930)

メディア映画
上映時間66分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1930/07/06
ジャンルサスペンス/ドラマ
小津安二郎 DVDコンプリートボックス
参考価格:¥ 70,200
価格:¥ 57,438
USED価格:¥ 63,209
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:小津安二郎
原作:オスカー・シスゴール
脚色:野田高梧
撮影:茂原英雄
衣裳:斎藤紅
編集:茂原英雄
出演:岡田時彦橋爪周二
八雲恵美子その妻まゆみ
市村美津子その子みち子
山本冬郷刑事香川
斎藤達雄医者須田
笠智衆警官
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-07-31 11:34:23
小津の趣味だろう。アトリエのような生活感のないアパート。アメリカサイレント映画ポスター。冒頭から前半のサスペンス仕立にはかなり工夫が見られる。後半その筋の山本と岡田・八雲の絡みは散漫で必要以上に長い。結果せっかくの緊張感が薄れてしまった。
投稿者:Ikeda投稿日:2004-03-27 11:15:01
岡田時彦がピストル強盗を働く所から始まりますが、ハリウッド映画の真似とは言っても、わざとらしい所があり、迫力に欠けます。然し、その後は、多少冗長ながらスリルがあって楽しめます。例によって部屋には色々なものが貼ってあり、中央アジアの地図やウオルター・ヒューストンの名前、さらにはロシア語まで出てきます。そして、この映画ぐらいから子供の病気を題材にし始めています。ラストにかけてのシーケンスはアメリカ映画的ですが、肝心の子供の治療費はどうなるのかなと気になりました。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2004-01-31 19:56:14
 舞台のような密室劇。だから感情の揺れや交流はしっかり描けている。
 穿ってみれば、後期作品群の片鱗?
 F・ラングを想起したくなるサイレントだが、どうも実験性(個性・衝撃)が乏しい初期作品群の特徴が今作にも当てはまり、物足りない。
【ソフト】
【レンタル】
 【VIDEO】その夜の妻レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION