allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

潜航雷撃隊(1958)

THE SILENT ENEMY

メディア映画
上映時間112分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1958/05/31
ジャンルアクション

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2012-09-06 23:33:45
 水中アクションで異彩を放つ「007/サンダーボール作戦(1965)」、それの元になったかのような潜水隊と潜航艇隊の戦いが描かれる。

 物語は、主人公のクラブ大尉(ローレンス・ハーヴェイ)が赴任する所から始まる。
 この頃の主人公らしいナイスガイで、大将付きの有能な秘書官のマスターズ中尉(ドーン・アダムス)も冷たくしつつ好意を持っていく。
 ジブラルタル海峡を挟んだ向かい側の中立地帯からやってくる、敵の潜航艇隊との戦う貧弱促成栽培の潜水隊が不利な条件の下戦う。
 イタリア人技師の怪しい別荘だが、中立地帯で手が出せない。
 クラブ大尉は、敵を殲滅できるのか・・・

 珍しいのが、潜水にはタンクを使わない。
 二酸化酸素をろ過する循環系で泡も殆どでず、隠密行動には打ってつけの物。
 何で今は、使わないのだろう?

 「 大アマゾンの半魚人(1954)」あたりから、盛んに作られる世になった水中撮影物。
 作り方はオーソドックスだが、つぼを押さえた演出。
 珍しいアイテムを登場させるもの定番的。

 そういったところから公開当時はあまり評価されなかったのかもしれない。
 たまたま近くのホームセンターで売っていた、KEEP(通販ショップ)のワンコインものだが拾い物だった。
http://gapper.web.fc2.com/
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION