allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

戦場(1989)

FAREWELL TO THE KING

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1991/01/19
ジャンル戦争/ドラマ
1945年夏、一人のアメリカ兵が「王」になった。
戦場-FAREWELLTOTH  [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,758
USED価格:¥ 300
amazon.co.jpへ

【解説】
 英国軍のフェアボーン大尉(ヘイヴァース)は、日本軍と戦うためボルネオの原住民の協力を取りつけるべく山奥の村へと降り立った。その村を治めるのは、驚いたことに自らを王と名乗る脱走兵のリーロイド(ノルティ)だった。戦いの後も自由を約束するマッカーサーからの念書と引換に、リーロイドと彼の王国は連合軍に協力する。投下された武器で村人は訓練をし、やがて戦闘が始まるなかで、フェアボーンとリーロイドは信頼の絆を強めてゆくが、村には無敵で謎の幽霊旅団が迫っていた。ミリアスが「地獄の黙示録」の脚本執筆中に出会ったショーンドルフェールの原作を十数年の歳月を経て映画化。だが、あちらでマーロン・ブランドが演じたカーツ=リーロイドではないのは一目瞭然。最大の相違点は村人に対する愛情である。カーツは、決して村人に対して愛情を持ってはいなかった。「地獄の黙示録」ほど観念的ではなく、実にシンプルな(例によって)男と男の物語をノルティ熱演。
<allcinema>
評価
【関連作品】
地獄の黙示録(1979)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-20 01:17:31
 ジョン・ミリアスが脚本を書いた「地獄の黙示録」と同じような設定。
 アメリカ軍の脱走兵がボルネオの原住民の村で王になる。
 この話にはちゃんと原作本があるそうだ。

 敗退する日本兵を皆殺しにする戦闘シーンは酷いが、その他に感動的なシーンもいくつかある。
投稿者:乱気流投稿日:2005-02-18 01:50:58
【ネタバレ注意】

男の熱き友情を描くとなれば、やはりこの人、ジョン・ミリアス監督。
時代背景は、第二次世界大戦下のボルネオ(マレーシア・サラワク州)。
(日本軍による)首都陥落時に米軍軍曹リーロイドは命からがら密林地帯に逃げ込んだのも束の間、原住民に囚われたが、やがて原住民達の信頼を得、彼等の
王となっていく。(*作品ではリーロイドの回想)
 時は過ぎ、(原住民の協力を要請するため)英国軍のフェアボーン大尉等が
王となったリーロイドに邂逅する。2人は次第に打ち解けていき、共に
日本軍と戦うことで一致団結した・・・。
 ベイジル・ポールドゥリスの壮大且つ情緒的なスコアをバックにストーリー
は展開していくが、作品では敵兵とはいえ我らの祖先だけに主人公への
同情心と交錯しやや複雑な心境になった。ただ骨格となっていものは「戦争」
そのものよりも「男の友情」だけに、鑑賞後の爽快感はかなり熱いものを
感じた。なお、ニック・ノルティとナイジェル・ヘイヴァースの演技は
素晴らしかったが、日本軍の大将を演じたアキ・アレオン(「地獄のヒーロー3
〜ブラドック」のクック将軍役等でも知られている)もなかなか演技に
渋さを感じた。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】戦場 FAREWELL TO THE KING2008/03/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】戦場 FAREWELL TO THE KINGレンタル有り
 【VIDEO】戦場レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION