allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

仇討選手(1931)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1931/12/18
ジャンル時代劇

【クレジット】
監督:内田吐夢
原作:小林正
脚色:小林正
撮影:松沢又男
助監督:荒井良平
末岡武郎
出演:大河内伝次郎由公
三桝豊その父
山田五十鈴お静
小松みどりその母
佐久間妙子おつた
村田宏寿足軽
斎藤紫香陣太
清水俊作殿様
高木永二家老職
川越一平床屋のおやじ
田村邦男講釈師
【解説】
 小林正の原作・脚本を映画化した、内田吐夢監督の初時代劇作品。権力に弄ばれる市井の人物を描いた「傾向映画」の一種だが、大半が喜劇仕立てとなっている。ネガもプリントも失われていたが、1分弱のクライマックスの断片のみ発見された。
 「忠臣蔵」を大好きな殿様が、植木職人を斬った足軽に仇討ちをさせようと、職人の息子を侍として取り立てる。父を斬られた由公は剣術修行に励み、何とか仇討ちに成功。意気揚々と帰国するが、許嫁が家老の妾にされていたことを知り、家老を斬ってしまう。今度は仇討ちされる側になった由公だったが、相手を返り討ちにするのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION