allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

センチメンタル・ジャーニー(1946)

SENTIMENTAL JOURNEY

センチメンタル・ジャニー

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1948/05/04
ジャンルドラマ
センチメンタル・ジャーニー [DVD]
価格:¥ 4,205
USED価格:¥ 4,998
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2013-11-01 15:16:23
舞台監督ウイリアム(ジョン・ペイン)と俳優の妻ジュリー(モーリン・オハラ)は仲の良い夫婦だったが子供ができないのでジュリーは孤児のヒティ(コニー・マーシャル)を養子に取って可愛がっていた。しかしヒティは環境が変わったことで行動がおかしくなってきたので医師ミラー(セドリック・ハードウィック)に彼女を孤児院に戻した方が良いと言われたジュリーはそれをヒティに話そうとすると興奮して体調を崩し・・・。

「センチメンタル・ジャーニー」と言えばドリス・デイが唄って、戦後の日本ではダイナ・ショアーの「ボタンとリボン」と並んで、非常に流行ったアメリカン・ポップスでした。この映画でも所々に流れていて、この映画のために作られた曲ではないと思いますが、最後にヒティによって亡き妻を思い出すたたりにはセンチメンタルな感情が良く出されています。
主役のペインとモーリンは当時のスターですから当然として、子役のコニーが中々名演です。それにしても最後にジュリーの亡霊が出てくるあたりは当時の映画の風潮が良く出ていると思いました。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】センチメンタル・ジャーニー2013/09/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】センチメンタル・ジャーニーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION