allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

早春(1970)

DEEP END

メディア映画
上映時間92分
製作国イギリス/西ドイツ
公開情報劇場公開(CIC)
初公開年月1972/05/27
ジャンルロマンス/青春
はじめての恋なのに… ブルーの瞳にあふれる思いが はかなく燃えつきる 痛ましい少年の愛とこころ
「初恋」のジョン・モルダー・ブラウンがあなたに捧げる早春の詩--

【解説】
 「象牙色のアイドル」で母親に異常なまでの愛情を抱く少年に扮したジョン・モルダー=ブラウンが、今度は倒錯した愛に溺れる少年を演じたショッキングな恋愛映画。ロンドンの公衆浴場に勤めることになった15歳の少年マイクはそこで接待係をしている23歳の美しい娘スーザンに恋をする。しかし彼女には婚約者が。そんな事実を前に彼は苦悩しながらも次々と異常なまでの愛情を燃え上がらせてゆく。
<allcinema>
評価
【関連作品】
象牙色のアイドル(1969)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
650 8.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2016-12-03 10:05:17
15歳、思春期のマイク(J・M=ブラウン)が23歳の美しい年上の女性スーザン(J・アッシャー)に憧れていく気持ちはわかりますね。ただ、ストーカー化しているのが問題だけど。
J・アッシャーが水のないプールで、マイクの前で全裸になっていくシーンや彼女のミニスカート姿がなかなかエロっぽくて良かった。
ただ、この映画の結末は、個人的にあまり好きじゃないです。
ちなみに、J・アッシャーはポール・マッカートニーの元婚約者(ポールの浮気が原因で婚約破棄した)。
投稿者:ASH投稿日:2014-05-04 01:13:41
【ネタバレ注意】

 水のないプールで初体験(失敗)。にしても、ジェーン・アッシャーの美しさにウットリすること請け合い。その代り、トンデモなく扱いにくい女性なんだけどな。マイクの幻想が現実となるラスト、哀しすぎるぜ!! 赤く染まったスーザンが、プールの深いところ(Deep End)へと落ちてゆく。映画は冬のお話なのに、邦題が「早春」。って、小津安二郎じゃないんだからさぁ。

 マイクが四つくらい食べるホットドック。屋台のオッサンが、「ピンク・パンサー」シリーズでお馴染みのバート・クォークだったとは、初めて知ったわ。

 キャット・スティーブンスと共に音楽を手掛けたザ・カン(The Can)とは、あの「タゴマゴ」のカン(Can)のことかえ? 

投稿者:ジーナ投稿日:2011-01-28 16:20:58
大部分が苦しみ悲しみ苛立ち、そしてチョットだけ幸せ・・・な少年の初恋を描いたスコリモフスキ監督作の青春ドラマです。
思考は未熟で体は成熟している15歳に着目したのが絶妙でした。
恋愛に関してはまだ女慣れしていない幼くウブなお年頃なわけですよ。
目覚める現実的な性と共に純粋さと狂気が隣り合わせになっていく怖い時代ですよ(笑)
で、こういうコに限って性に積極的な女の子に惹かれちゃうんですよね。
で、モンモンとする訳です(笑)
しかも、「あの子は本当はイイ子なんだ!」みたいに思い込んじゃうから困ったもんです。
まぁ・・・15歳から女のホントのところを知ってても問題ですが(爆)

彼女の気を引くためにする行動も子供っぽくてウザさ全開。
自転車でウロチョロウロチョロ・・・「軽く轢いちゃって」って感じです(笑)
映画館に行けば後ろの席でガサゴソガサゴソ・・・「こいつヤッちゃって下さい」って感じです(爆)
というか、そもそもポルノ映画に連れて行く婚約者もどうかと思うけど。

ロンドンらしい雰囲気は味わえませんでしたが、公衆浴場?の仕組みは興味深かったです。
もう少し仕事内容を見たかったぐらい不思議な空間でした。

少年の清らかさを上手く出せていたジョン・モルダー=ブラウン、自由気ままな猫体質のヒロインを演じたジェーン・アッシャーも素晴らしかったですね。
印象深い音楽と鮮烈なラストも見事でした。

エロさは控えめですが、精神的な刺激が強いので思春期の子が観ると何かしらトラウマになっちゃうかもしれません。

結論;童貞くんをもてあそんではいけない。
投稿者:Tom投稿日:2009-07-08 00:06:31
今、普通にUpされてますね。英語だけど。映像の瑞々しい感覚が素晴らしい!!。
投稿者:Satoshinine投稿日:2009-05-22 16:16:11
いやぁ〜30年待ったんです。
関東地区で平日の11:00AMで放映されたのが1978頃?
それを観てからずーっと探しておりました。
さるサイトで購入できるメドもたって(*^_^*)
投稿者:DDM55投稿日:2006-10-22 16:06:47
本当に切ない映画で中高生の方にお勧め。衝撃を受ける。私も週末の深夜放送で見た組だけど 翌週ヤンキーが興奮してこの映画を話してたのを覚えてる。きっと思春期の人を興奮させる何かがあるのかと思います。

最後のシーンで J.アシャーが ”照明器具”を後頭部に受けますが これは何度見ても よくケガしなかったもんだ と感心してしまう。
これ以来 J.アシャーの映画、TVを見るけど この映画が一番。

DVDにならなくても せめてもう一度TVで放映してもらいたいですね
たくさんの人が待ってるのですから。
投稿者:松竹錠投稿日:2006-05-19 19:37:17
キャット・スティーブンスをフィーチャーした映画に駄作なし!
これと『プラスチックの中の青春』しか観てないんだけどね。
そんなオレでも、主人公がバイクで走る冒頭部の歌は
最高だ、と断言できる。

J・アッシャーの美しさをさておいて、
中年女のヤラしさを好演したダイアナ・ドースについて
語りたい衝動が。

同時期のためか、主人公がプールの底に沈む描写が、
『さよならコロンバス』や『卒業』のそれと、
記憶の中で混じってしまうのだ。
投稿者:Laetitia投稿日:2005-10-26 20:22:14
映画雑誌の紹介記事を読んで以来、ず〜っと探しつづけていました。結局ロンドンで上映された時に観れましたが、待つこと20年。想像していたよりもコミカルな場面が多かったのは意外でしたが、大好きな映画です。私は某英ミュージシャンの好意でビデオをダビングしてもらったのですが、DVD化を希望します!!2005年10月19日号 Time Outの批評家が選ぶ 50 Greatest London Film の42位にランクされています(読者投票でこの映画に投票したのは私だけかも・・・)。
投稿者:Boss投稿日:2004-08-04 17:12:14
少年期に劇場で観ました。ジョン・モルダー=ブラウンの『初恋』『象牙色のアイドル』を観ての3本目でした。ショックを受けました。私も思春期の真ん中。美しい年上の女性への憧れと嫉妬、そして現実を目の当たりにした瞬間の冷淡なまでの感情。そのすべてをこの映画は描いていました。自転車で街を走り回る姿は、やはり年上の女性への憧れを描いた『個人教授』のルノー・ベルレイと同じ。そこにこそまっすぐな少年の心があるのでしょう。とにかく、もう一度みたい映画です。
投稿者:メロトロン星人投稿日:2003-03-04 21:12:24
自分もこの映画DVD化希望ですっ!!!。むかーし、TVの深夜映画で一度見たっきりですが、強烈な印象が残っています。音楽もキャット・スティーブンスのみならずジャーマンプログレの偉大なるバンド、CAN(カン)の「マザースカイ」が少年が年上のおねーさんを探し回って入り込むディスコの音楽として延々流れ続けていました。エンディングもかなり衝撃的だったし、単に青春映画とするには惜しい作品。みなさん、一度は見て損のない作品なのでDVD化リクエストしましょう!!。
投稿者:えびる投稿日:2001-03-30 09:42:06
もう一度見たい作品のひとつです。
ずっと以前にTVの映画番組で見たきりなのですが、十年以上経っても鮮やかに記憶に残っています。
ジェーン・アシャーがいかにもこの頃の女の子という感じで……。
DVDになってほしいものです。http://homepage2.nifty.com/nichijoukuukan/
投稿者:とも○ろ投稿日:2001-01-22 23:06:16
ビデオ化もされてないんですね。でも、解説を読んだだけで、ガツンときました。これは絶対に面白いというか超見応えありだと、思います。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞ジェーン・アッシャー 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION