allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゾンビ・クィーン/魔界のえじき<未>(1983)

LA MORTE VIVANTE
LIVING DEAD GIRL

リビング・デッド・ガール(ビデオ再)

メディア映画
上映時間95分
製作国フランス
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー
リビング・デッド・ガール [DVD]
USED価格:¥ 4,462
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2008-12-27 22:01:34
古城の地下室に葬られていた少女カトリーヌがある事がきっかけで蘇ってしまう。彼女は人の生血を渇望するようになり、次々と犠牲者が出る。再会した子供時代の親友エレーヌも彼女の為に生け贄を探すことになるが・・・。
スプラッター・シーンが結構エグく、J・ローランにしてはエロは少な目。内容も退屈気味で、個人的には面白くなかったです。
投稿者:デュエル投稿日:2001-06-30 10:25:28
 誰だって人に嫌われるより好かれたいと願ってる。でもそれが出来ない人達っているんだよね。仲良くしたいと思っているのに嫌われるようなことしか出来ない人達、当然の事が出来ない悲しみ、望んでる事とは違う方向へ行ってしまう人達。
 そんな奴等は死人同然、と言うわけで監督のローリンはよくゾンビやら吸血鬼を引用するんじゃないか。ローリンはそういう人達の悲しみや怒りの表現にこだわってるけどその中でもこれはベストですね。ラストはホント泣ける。本当はそんなことしたくないのにそれしか出来ないという「生ける屍女」の悲劇。仕方ないね、あと彼女に出来ることと言ったら泣くことぐらいですよ。周りにいる人達も彼女が破滅してくのをただ見守る事しか出来ない(人々に攻撃される事の方が多いかも)。
 抑圧的で立場の弱い人達に対するローリンの優しいまなざしが感じられる。映画自体は悲劇的だが、監督の見方には救いが見出せる。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】リビング・デッド・ガール2000/09/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】リビング・デッド・ガールレンタル有り
 【VIDEO】ゾンビ・クィーン/魔界のえじきレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION