allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゾンビ・コップ(1988)

DEAD HEAT

メディア映画
上映時間86分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(総合ビジョン=電通提供/ヘラルド)
初公開年月1989/01/28
ジャンルアクション/ホラー
ゾンビ・コップ[Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 5,146
USED価格:¥ 7,916
amazon.co.jpへ

【解説】
 強盗事件の犯人が“死者”であった事に端を発し、ロス市警の二人の刑事が死体蘇生装置を利用した犯罪組織の陰謀に立ち向かう。理由付けはどうあれゾンビ化した刑事が主人公という発想はユニークで、ゾンビVSゾンビによるサブマシンガン撃ちっぱなしの銃撃戦など面白い見せ場もあるのだが、コメディ、ホラー、アクションのそれぞれの要素がどれも中途半端でうまくミックスされていない不満が残る。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
319 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-08-18 05:53:04
ロジャーとダグのコンビは宝石強盗の報が入り現場へ向かうが、強引なやり方で解決すう。
残りの強盗を追う事にするが、恋人で鑑識課のレベッカから強盗の死体を以前死体として見た事があると言われる。
捜査の途中で立ち寄った製薬会社で不死身のモンスターと対峙中にロジャーが死亡。
クレアは蘇生装置を発見しロジャーを生還させる事に成功するが、12時間しか持たない事を知り、自分を殺害した犯人探しを実行するが・・・。

劇場で鑑賞し結構面白かった記憶あり。
人間だけにあらず動物までもがゾンビになるのが珍しくコメディタッチで進む。
出演も豪華でホラーファンにはV・プライスとD・マクギャヴィンの姿が涙を禁じ得ない。
DVDでの鑑賞だが画質も良く、エンドクレジットに出るドルサラも懐かしい。
投稿者:HABBY投稿日:2016-02-26 20:41:29
マッドサイエンス系。総元締めの『フランケンシュタイン』はやっぱり偉大。

最後のゾンビとゾンビが殺り合うシーンは将来の戦争風景(人型兵器どおしの闘い)を想像させ、ちょっぴり怖かった。ハイテク無しのグチャグチャドロドロが妙にリアル。80年代だなあ。女性がお風呂で溶けるシーンにはおもわず引き込まれちゃったよ。
投稿者:bond投稿日:2015-12-20 00:28:52
当時の流行モノを安易に合わせたB級映画。拘りなけりゃ楽しめる。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-12-05 21:51:37
スティーヴ・ジョンソンGJ
投稿者:ASH投稿日:2015-12-05 01:02:13
【ネタバレ注意】

 B級映画をこよなく愛する俺だが、リアルタイムに接することができなかった映画ってのはMCMに認定されないことがままあるんだよな。この映画とか、「ヒドゥン」とか「死霊のしたたり」とか、ちんちんに毛が生えたばかりの頃に目にしたんなら、多分、今でもオキニな1本になってたんだろうけどさぁ。

 ピスコポって、初めて見たわ。監督さんはアクション映画界では名の知れた編集マン。試しに名前をクリックしてみぃ。名だたる名作の数々がそこに! どうりでタイトな映画に仕上がってるわけだよ。

 邦題は「デッドヒート」の方がいい。同意も賛成もしないし、されたくもない。

投稿者:こじか投稿日:2010-05-19 12:01:20
怖い!怖いんだけど何か観たいんだよ!と言った
子ども心理を突かれたのかもしれない。
怖がりな私も幼少のころ相当見てました。

水槽での逆さ…、あれが一番トラウマ的に怖かった。
ラストは爽やかで◎
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2009-08-15 13:34:42
小さい頃に大好きだった作品。
今見たらどうかわかんないけど、また見たいな。
でもレンタル置いてない・・・。
投稿者:塚原新投稿日:2009-01-20 00:22:06
確かにマトモな作品じゃない(笑)腹を立てる人と楽しめる人と、両極端でしょう。マイクが何箇所も映り込んでいるが、それを見て笑える人は後者。
主人公がゾンビ化するのは面白い発想だが、ラストも含め展開は滅茶苦茶。あまりコメディ調にもならないし。80年代ホラーが好きな人じゃないと楽しめないでしょうね。
リンゼイ・フロストがキュートだったのが一番の見所。
投稿者:フルメタル爺さんは、投稿日:2008-06-24 07:02:22
★映画の体を成していない出来損ない作品。演出としてのトータルな作品管理が出来ていないため、シーンのつなぎ方がいい加減な上、本来出てはいけないものが出てはいけない所に出て来たりして、作品のリズムがグチャグチャになっている。演出がてんでなってないもんだから、駄作とか凡作とかいう以前の問題で、最低限作品の体裁を保たせなければならないプロとして失格。見せ場作りに大いに貢献した特殊効果クルーを始め大勢のスタッフの努力を台無しにしてしまっている分、笑って済ませられる素人の自主制作よりよっぽど恥ずかしいし害悪だと思う。それにしても、客寄せパンダみたいに駆り出された(恐らく監督がファンだったんだろう)往年の怪奇映画スター、ヴィンセント・プライスがもし出来上がった作品を観てるんだったら「ホラー映画ってのはなぁ〜!」とか言って激怒したんだろうなー(笑)
★ちなみに、以前TVでロードショー放映された際には、解説者(淀川さんだったか?)が一切本作の話をしないままいきなり本編が始まった。そりゃ、映画にすらなってない代物の解説なんかしたくないわな。見せ場の多さにごまかされて物作りの基本がなってない事を見抜けなかった番組担当者に映画を見る目が無かったのだろう。ストーリーが破綻している作品はそこいらで幾らでも見掛けるが、演出そのものが破綻している作品は普通TVでも放送しないレベルだ。
★監督のマーク・ゴールドブラットのバイオグラフィーを見ると、案の定演出家としてはぺーぺーで本作が監督デビュー作らしい。ただし編集としてのキャリアはそこそこ長く、なんと『ハロウィン供戮筺悒拭璽潺諭璽拭次拇の傑作エンターテイメントも手がけている。これだけ作品内容に恵まれて編集の経験を積んでいれば、映画全体のリズムくらい自然と把握出来て当たり前だと思うが、もしかしたら尺調整や他人が撮ったフィルムをそつ無くつなぐ部分的な能力にのみ長けていた職業編集者だったのかも知れない。本作の翌年に『パニッシャー』を監督した(こちらは比較的まともに演出出来ていた)後は、演出家としての才能に自ら見切りをつけたのかそれとも周りが気を利かせたのか、元の編集の仕事に舞い戻り、再び『スターシップ・トゥルーパーズ』等の傑作や話題作を数多く手がけている。やっぱり人には向き不向きが有るのだろう。ごくごく賢明な判断だったと思う。
投稿者:サイババ2投稿日:2008-01-08 18:09:41
この映画はゾンビ映画史上のTOP10に入ることは確実。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-12-28 12:17:26
 
えー、なんか解説の評が辛いな。
ゾンビコメディ映画としてもバディ刑事ものとしても、そこそこ面白い。
事故で一度新で蘇った主人公が、肉体崩壊までのタイムリミットの中、真相を探らなければならないというのも、いいアイディアだと思う。

主人公のゾンビ化が進んでだんだん顔色が悪くなってくるのを化粧品でごまかすとか、ゾンビ同士が至近距離でマシンガンを撃ち合うけど、どっちも全然倒れないとか、ゾンビ系の笑えるギャグ多し。
 
ゴアシーンも良くできているし、とぼけたラストも好き。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-21 23:16:54
 冒頭のシーンでゾンビの二人組が宝石店に強盗に入り、駆けつけた警官たちに銃撃にあうが・・・いくら撃っても死なない犯人というのがユニーク。
 ゾンビというのは不死身であるから、逆解釈でヒーローに成り得ることを証明した作品。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-05-22 09:53:01
ゾンビ化された刑事がゾンビと対決!
いや〜、最高っす。
投稿者:浄瑠璃2投稿日:2004-11-12 16:44:41
【ネタバレ注意】

自分を殺した犯人がいくら憎んでも飽きたらず、いったん殺してゾンビとして強制的に生き返らせた後、爆破して粉々にするというオチが傑作!

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ゾンビ・コップ2014/09/26\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ゾンビ・コップ2014/09/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ゾンビ・コップレンタル有り
 【VIDEO】ゾンビ・コップレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION