allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

土と兵隊(1939)

メディア映画
上映時間155分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活多摩川)
初公開年月1939/10/15
ジャンルドラマ/戦争

【クレジット】
監督:田坂具隆
原作:火野葦平
脚色:笠原良三
陶山鉄
撮影:伊佐山三郎
横田達之
衣裳:二本松繁
鴨下行雄
編集:福田理三郎
辻井正則
音楽:中川栄三
助監督:市川哲夫
芦原正
出演:小杉勇玉井伍長
井染四郎坂上二等兵
見明凡太郎工兵中尉
伊沢一郎小林伍長
山本礼三郎清水大尉
東勇路荒川部隊長
佐藤円治今村准尉
荒木重夫山崎少尉
菊池良一戸成上等兵
西春彦中川上等兵
上田義雄白橋上等兵
長尾敏之助内藤一等兵
加藤章田村一等兵
笠井三岐雄早瀬一等兵
谷雄二高橋一等兵
朝日昇末永一等兵
井上敏正吉田一等兵
南進一湊一等兵
黒騎進甲斐一等兵
小坂信夫古城一等兵
秋見敬三乗本一等兵
松原輝夫松原一等兵
佐々木正時田島軍曹
米倉勇枝松伍長
明日山研中本伍長
池上良夫上原伍長
高品直吉谷村一等兵
【解説】
 火野葦平の同名小説を笠原良三と陶山鉄が脚色し田坂具隆が監督した。いわゆる「国策映画」のひとつではあるが、ドキュメンタリータッチで制作された本作は、派手な戦闘場面もなく、部隊がひたすら移動する様を淡々と描いている。現在見ることができるのは、GHQに接収され後に返還されたものだが、オリジナルに比べ30分近く欠落している。
 第二分隊長の玉井伍長は十三名の部下とともに、輸送船に乗り込み上陸開始の時を待っていた。部下たちは緊張のあまり、上陸開始まで眠ることができずにいた。やがて輸送船が上陸、兵士たちは船を下りた。しかしその瞬間、敵の一掃射撃を受けてしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2012-11-21 10:06:06
映画は第一部と第二部に分かれている。第一部は中国大陸への上陸作戦から始まって内部への進撃の模様をとらえているのだが、画面はひたすら兵隊たちの進軍の有様を軍靴の音のみを効果音として捉えている。そのモンタ−ジュが少しも退屈でなく延々作品の半分を占めていることに驚かされる。第二部に至って戦闘が始まるのだが、敵のト−チカに対して肉弾戦を挑む兵隊たちの献身的な戦いぶりが、前半の苦しい進軍によって鍛え上げられたからこその勁さに裏打ちされているのだということを、観客(昭和14年当時の)にプロパガンダ的なあざとさとは違った誠実さで訴えかけて行く。そういった意味ではこれは日本映画史上最高の戦争映画であると言えるが、しかしながら、これは日本の中国に対する侵略を描いた映画であると思えば、今の時代にこの作品を鑑賞することに忸怩たる想いもまたないわけではない。ただ救われるのは、この兵隊たちを田坂具隆は血も涙もない東洋鬼ではなくユ−モアと人情に溢れたニンゲンたちとして描いていることである。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
【レンタル】
 【VIDEO】土と兵隊レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION