allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダーク・ハーフ<未>(1993)

THE DARK HALF

スティーブン・キング ダーク・ハーフ/襲いかかる復讐の影(TV)

メディア映画
上映時間121分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー
ダーク・ハーフ <HDニューマスター版> [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,381
USED価格:¥ 1,944
amazon.co.jpへ

【解説】
 バイオレンス小説用のペンネームを葬り去った作家の周囲で次々と起こる猟奇殺人。犯人はもともと存在するはずの無い別名義の自分なのか……。自身もリチャード・バックマン名義で作品を発表していた事があるスティーヴン・キングのホラー小説をG・A・ロメロが映画化。“ペンネームの復讐”という非常に観念的な物語を、細かいディティールと印象的な画面でうまくビジュアル化しており、キング=ロメロの蜜月関係を再確認できる。
 売れない純文学作家のポーモント。彼は一方で、バイオレンス小説用にジョージ・スタークというペンネームを持っていた。しかし、ある時、そのペンネームを葬ってしまう。するとやがて、ポーモントの周囲で猟奇殺人事件が次々と発生。犯人はなんと、もともと存在するはずのないスタークだった。彼は自分を葬った人間たちに復讐していた。そして、ポーモントに再びスターク名義の作品を執筆するように迫ってくるのだが…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
325 8.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:MAKO投稿日:2012-12-03 00:47:55
【ネタバレ注意】

キング原作映像化では大変いい出来です。ロメロはキングの世界観を
ばっちり映像化できたのでは。仲良しなの?
しかし全編にわたって緊張感があっていい。見終わって2時間たってて
びっくりだった。
なんせ悪役は「ぼくのかんがえたさいきょうのあくやく」なので冷酷、
神出鬼没、ワルの中のワルみたいなやつだ。顔も悪人臭がプンプン!

ただ最近の観客は、「葬り去られようとしているもう一人の自分が
具象化した」というプロットに古臭さを感じてしらけてしまうかも。
どちらかというと、「二重人格もの」みたいな流れの方が現代的に
感じられると思う(デパルマ風?)
でも僕はキングはこうでなくっちゃと思うし、そんなキングが大好きだ。

ちなみに鳥と黄泉の国の関係を記した神話などはよくあるそうだ。
エジプトの死をつかさどる神は体が鳥だし、鳥葬の風習のある地域では
鳥は天国に連れて行ってくれる使いなのだそうだ。

投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-11-07 15:00:38
【ネタバレ注意】

 
大成功した作品だと思う。

大人気バイオレンス犯罪小説をペンネームで密かに書いていた純文学作家が、露見したのをきっかけにペンネームを捨てるが、捨てたはずのペンネームが蘇って関係者を殺し始める・・・というお話。
原作はキングが「リチャード・バックマン」というペンネームを使っていたことがバレた後に発行され、ファンの僕は実に楽しく読ませていただいた。

映画はキングの盟友でもある御大ジョージ・A・ロメロが監督・脚本。「ペンネームが蘇って人を殺す」という突飛な話を、いつもの落ち着いた語り口で描き、緊張感のある作品になっている。雀の大群が登場するラストの大スペクタクルはどう映像化するのかと思ってたら、こっちの想像を超える凄まじい出来。

キャストでは主役のT.ハットンが素晴らしい。よき家庭人の文学作家「サッド・ボーモント」と、作品も本人も超凶悪な殺人ペンネーム「ジョージ・スターク」の対照的な二役を演じ、しかもどちらのキャラクターも実に魅力的。
妻役のE.マディガン、他のキング作品にも登場するパンクボーン保安官のマイケル・ルーカーも良かったな。

投稿者:mirei投稿日:2007-02-02 04:48:41
最初からストーリー展開モロバレなのに、それでも魅せるロメロの実力やアッパレ。
ティモシー・八ットンも好演。
S・キングのテイストもちらほらと見受けられ、当たりとは言わんが決してハズレではないと思いますよ。
投稿者:bond投稿日:2005-11-02 12:59:53
まあまあだが、何故鳥なのか?
投稿者:ASH投稿日:2002-05-25 20:29:51
ロメロ監督作品としては比較的お話がおとなしめに展開する映画かな?と思ったが、クライマックスの惨劇で全開!阿鼻叫喚の地獄絵図だね、こりゃ。ヒッチコックの『鳥』をさらにゴアにしたスズメの大群の大襲来はなかなかの大迫力。それにしても、主演のT・ハットンの演技が素晴らしい。いつものベビーフェイスとダーク・ハーフの殺人鬼とを絶妙に演じ分けている。(メイク技術の助けも勿論あったでしょうが…)。ロメロ監督はメジャー資本の映画なので、こういう結末にしたと解釈しましょうか。

★★☆
投稿者:ラリサ投稿日:2001-09-10 15:22:30
あたし、キング先生の長編の中で最高傑作だと思ってるんですけど、何故にしらける訳よ?!キング先生の本を沢山読んでいらっしゃるのならこの手の展開は先刻承知のはず(爆)。ティモシー・ハットンはまり役だぁー!
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2001-09-02 19:05:06
ほんと、最後ビックリ。
エッ?これで終わり、唖然。
詐欺にあったような感じ。
投稿者:投稿日:2001-04-17 21:57:29
原作を読んだあとに、ビデオを見ましたがよかったです。
余談ですが、この作品と同時にD・クーンツ原作の
「Mr.マーダー」を見てみるとおもしろいかも・・・!?
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ダーク・ハーフ HDニューマスター版レンタル有り
 【DVD】ダーク・ハーフレンタル有り
 【VIDEO】ダーク・ハーフレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION