allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

風の又三郎(1940)

メディア映画
上映時間98分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月1940/10/10
ジャンルドラマ/ファミリー/ファンタジー

【解説】
 俳優として活躍していた島耕二が、監督に転身して初めて制作した作品。原作は宮沢賢治の不朽の名作であり、その後も何度か映画化されているが、この作品が原作の雰囲気を最も良く映像化していると評された。
 風の強い9月1日、都会から転校してきたという少年が突然教室に現れる。彼の名は高田三郎だったが、4年生の嘉助は彼を「風の又三郎」と呼んだ。転校翌日、三郎は佐太郎にきれいな鉛筆をあげた。また国語の本を読み上げ、みんなの関心を集めた。ある日、川原で相撲を取っていた三郎は、投げ飛ばされた上「悔しかったら風を吹かせてみろ」とからかわれる。三郎が雲行きを見ながら風の歌を口ずさむと、急に強い風が吹いてきて暴風雨となってしまった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【レンタル】
 【VIDEO】風の又三郎レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION