allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

織田信長(1940)

風雲児信長(ビデオ題)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1940/11/14

【クレジット】
監督:マキノ正博
原作:鷲尾雨行
脚色:観音寺光太
撮影:石本秀雄
編集:宮本信夫
音楽:高橋半
出演:片岡千恵蔵織田信長
高木永二斎藤道三
宮城千賀子濃姫
河部五郎織田造酒之丞
香川良介織田信秀
志村喬平手政秀
瀬川路三郎小牧源太
市川正二郎織田信行
上田吉二郎柴田権六
宗春太郎松平竹千代
小川隆木田内記
遠山満織田勝左衛門
常盤操子末森の方
衣笠淳子岩室の方
滝沢静子各務野
小松美登里政秀の妻
比良多恵子矢羽根の方
内田博子野分の方
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2012-07-08 10:58:30
若き日の千恵蔵と濃姫を演じる宮城千賀子のカップルが今見ても新鮮で、NHK の大河ドラマで散々に通俗化された戦国時代の有り様がマキノ正博の手によってリアルに描かれる。斎藤道三を演じる高木永二もいかにも謀略の渦中を生き抜いてきたなと思わせる風格があって、信長とのやり取りは見応えがある。劇中で再現された長良川の鵜飼いと、祭りの艤装を施した幾艘もの船を木曽川の流れに遡行させて行く川人足たちの働きを見せてくれたりして、相変わらぬマキノ正博監督のサ−ビス精神が有難い。劇中、「一天万乗の…」という台詞が何度か繰り返されるのが、戦時中の制作だなと思わせる。大作であり、快作である。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-07-21 12:01:45
 斎藤道三の娘・濃姫の嫁取りから幽閉中の松平竹千代との交流を経て竹千代を今川へ引き渡すまでの若き信長が描かれるが、中盤までの信長と平手政秀とのやりとりが実に面白い。信長を演じる片岡千恵蔵の縦横無尽な暴れん坊ぶりもさることながら、平手政秀役・志村喬のヤキモキする様が上手い上手い。

 とは言え構成上はラストが尻切れトンボの感が否めない。また平手政秀、竹千代、濃姫、斎藤道三など重要なキャラクターが散漫に描かれ焦点が絞り切れていないように思う。濃姫役の宮城千賀子が少年のようでとても可愛いのだが、彼女の出番が少ないのが一番の不満。ラスト近くのお歯黒でニヤッと笑うカットは興醒めでした。当時のマキノとしては中程度の出来か。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【レンタル】
 【VIDEO】風雲児信長レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION