allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

指導物語(1941)

メディア映画
上映時間107分
製作国日本
初公開年月1941/10/04
ジャンルドラマ/戦争

【クレジット】
監督:熊谷久虎
製作:森田信義
原作:上田広
脚色:沢村勉
撮影:宮嶋義男
美術:北猛夫
平川透徹
編集:後藤敏男
音楽:早坂文雄
出演:丸山定夫老機関士瀬木
原節子その長女邦子
若原春江次女咲子
三谷幸子三女好子
藤田進機関員の兵士・佐川新太郎
馬野都留子新太郎の母
北沢彪機関助手 北原
藤輪欣司機関士 田町
汐見洋機関区長
横山運平老炭水夫
小杉義男指導員
深見泰三太った機関士
榊田敬治田舎駅助役
真木順部隊長
龍崎一郎中隊長
沼崎勲初年兵教官
柳谷寛班長
【解説】
 上田広の同名小説を、沢村勉が脚色し熊谷久虎が監督した国策映画。老機関士が若い兵士に列車運転を指導する姿が、セミドキュメンタリータッチで描かれる。熊谷はこの作品を最後に、11年にわたり映画の表舞台から姿を消した。
 瀬木は後三年で定年を迎えるベテラン機関士。妻を亡くし三人娘を育てる瀬木に、久々に列車運転の指導の仕事が回ってくる。佐川新太郎という二等兵が、彼の担当だ。長女の邦子は、そんな父のために母親代わりとなって妹たちの面倒を見る。さっそく瀬木による厳しい訓練が始まった。昼間は列車に乗り込み実地訓練を行い、夜には学科の勉強をする毎日。しかし瀬木の熱心な指導は、佐川に重圧を与えていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:クリモフ投稿日:2014-05-15 22:23:25
1941年で陸軍省協力ということもあり、プロパガンダ的側面もありますが、国威高揚と切って捨てるにはあまりにも惜しい一本。
未熟な若者が、老人に指導され一人前に成長していくヒューマンドラマとしても十分に見れます。この老機関士がが実に良く、時に暴言も吐きながらも、すべては若者の為という感じで教えるのはなかなか見ごたえがあります。失敗を繰り返しながら成長してゆく佐川と相まってシンプルに感動できる。
当時の機関車も実際に使われているのも迫力があり、映像的にも興奮できるものとなっております。若かりし頃の原節子と見どころも多い。
戦前・戦後の日本の名画に食い込むポテンシャルは十分にある作品だと思います。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION