allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

手をつなぐ子等(1948)

メディア映画
上映時間86分
製作国日本
初公開年月1948/03/30
ジャンルドラマ/ファミリー
手をつなぐ子等 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,722
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:稲垣浩
製作:松山英夫
原作:田村一二
脚色:伊丹万作
撮影:宮川一夫
美術:角井平吉
編集:西田重雄
音楽:大木正夫
出演:笠智衆松村訓導
初山たかし中山寛太
香川良介その父
杉村春子その母
徳川夢声校長
泉田行夫岡野訓導
村田宏寿校医
島村イツオ級長 奥村
宮田二郎山田金三
常盤操子佐藤訓導
伊達三郎山崎訓導
葉山富之輔町長
牧竜介坂田教頭
小田切ふみ子田中訓導
向井二三子小川訓導
片岡好右ヱ門小使
【解説】
 田村一二の同名著書を伊丹万作が脚色、稲垣浩が監督したドラマ。伊丹万作にとってはこのシナリオが遺作となった。宮川一夫による撮影も印象的。
 中山寛太は特異児童で、どんな教師もその扱いに手を焼いていた。両親は寛太のことを気にかけていたが、ある日、父親が招集されることになってしまった。残された母親は新しい小学校を訪れ、そこで松村という訓導(教師)に出会う。松村は教育熱心で、寛太を温かく迎えてくれた。寛太も学校が楽しくなり、親切な友達もできた。しかしそこに、山田金三という悪童が転校してきた。金三は寛太をいじめて楽しんでいたが、寛太の善良な心は、そんな金三の悪意さえも受け入れてしまうのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
438 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:山田友紀投稿日:2008-08-07 00:25:24
笑いあり涙ありの感動作。
かんちゃん、奥村くん、やまきん。
映画の作り手の目線の暖かさを感じる。
投稿者:Bava44投稿日:2006-08-25 03:23:03
稲垣浩×伊丹万作×宮川一夫の『無法松の一生』トリオが作った傑作。
多少時代劇臭い演出だが非常に調子が良く、宮川の撮影も冴えまくっており、移動撮影や
雪の降るシーンの美しさは完璧!

舞台は昭和13年。(時間はこのまま。戦争は作品にほとんど介入しない)
精神薄弱の子供を中心とした、今で言うイジメ問題を扱っているが、子供だけではなく大人の
視点でも描かれており、大人は勿論、小学校高学年や中学生でも素直に楽しめる映画になっている。
(この時期が一番子供映画を嫌う時期ですから)
つまり説教臭くなく面白いのだ。稲垣監督曰く「高度な娯楽作品」を目指したとのこと。

木下恵介の『二十四の瞳』というよりは小津の映画に近いが、松竹のゆったりしたテンポとは違う、
大映作品のためか笠智衆を若々しく感じる。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】手をつなぐ子等2016/08/26\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】手をつなぐ子等レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION