allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

森の石松(1949)

メディア映画
上映時間97分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1949/06/04
ジャンル時代劇/任侠・ヤクザ

【クレジット】
監督:吉村公三郎
製作:糸屋寿雄
脚本:新藤兼人
撮影:生方敏夫
美術:水谷浩
音楽:伊藤宣二
出演:藤田進石松
殿山泰司吾作
轟夕起子お藤
朝霧鏡子お新
飯田蝶子トヨ
笠智衆ヒゲ又
三井弘次オイランの半七
安部徹ノミコミの忠太
志村喬島千鳥八兵衛
河村黎吉江戸っ子
永田光男勤王
山路義人新選組
角田富江港屋の女A
【解説】
 ご存じ森の石松を主役に据えた任侠もの。新藤兼人の脚本を、時代劇初挑戦の吉村公三郎が監督した。派手なチャンバラを描くのではなく、実直でドジな石松の姿をとらえているのが特徴。
 稼いだ僅かばかりの金をバクチですってしまい、ほとほと百姓がいやになった石松は、侠客になるべく清水次郎長の子分になった。しかし毎日毎日、させてもらえるのは荷役の仕事ばかり。いやになって逃げだそうとしたところをつかまり、海にたたき込まれてしまう始末。出入りではやくざの半七を助けようとして、片目を失ってしまった。やがて頭角を現した石松は、子供の手まり歌に登場するほど有名に。しかし親分の代わりに船問屋から集金した金を使い込んでしまい…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION