allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛妻物語(1951)

メディア映画
上映時間97分
製作国日本
初公開年月1951/09/07
ジャンルロマンス/ドラマ
愛妻物語 [DVD]
価格:¥ 2,684
USED価格:¥ 2,372
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
撮影:竹村康和
美術:水谷浩
編集:西田重雄
音楽:木下忠司
特殊撮影:松村禎一
助監督:天野信
出演:宇野重吉沼崎敬太
乙羽信子石川孝子
香川良介石川浩造
英百合子石川弓江
滝沢修坂口監督
清水将夫増田
菅井一郎所長
原聖四郎製作部長
伊達三郎太田作之助
殿山泰司安さん
大美輝子内儀さん
堀北幸夫シナリオ・ライター
菊野昌代士シナリオ・ライター
柳恵美子芸妓
【解説】
 新藤兼人の監督デビュー作。本作でも脚本と監督をつとめ、主演には乙羽信子を迎えた。実際のエピソードを数多く盛り込みつつ、駆け出しのシナリオライターを描いた、新藤兼人の自伝的作品。
 脚本家見習いの沼崎敬太は、下宿先の娘だった孝子と駆け落ちし、東京で生活を始めた。敬太は東京の撮影所で脚本研究生をしていたが、戦争の影響で映画会社の規模が縮小。敬太は孝子をともなって京都へ行き、有名な映画監督である坂口の仕事をもらった。孝子の内職による収入を家計として、敬太は脚本を書き上げるが、坂口監督から酷評され脚本を返されてしまう。孝子はさらに内職を増やし、敬太は勉強に集中。ついに書き上げた脚本が坂口監督に認められるが、孝子は無理がたたって喀血してしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2012-06-03 01:08:33
【ネタバレ注意】

巨匠新藤兼人監督と名優乙羽信子をスターダムに押し上げた名作である。
新藤監督自身の実話に基づいているが、ストーリー展開は戦時中ともあって暗い。主演の宇野重吉がボソボソとしゃべるので、なおさら暗さを助長しているが、それを補って余りあるくらい乙羽信子は明るくて可愛い。
しょっちゅう弱音を吐く夫を励ましながら献身的に働く妻は、やがて結核で病死するが、そのラストシーンもジメジメしていなくて、本当にお疲れ様でした、という感じで穏やかである。
昭和の夫を支えた妻の生き方は、60年経った平成の今観ると心に沁みいるように静かで感動的だ。

投稿者:黒美君彦投稿日:2012-05-04 00:55:49
【ネタバレ注意】

2012年4月に100歳を迎えた新藤兼人監督の39歳時の監督デビュー作。よく知られているように彼の体験に基づいた作品。
新藤監督の最初の妻、旧姓久慈孝子さんは4歳年下で、新興キネマ東京撮影所のスクリプター第一号だったそうだ。27歳で結婚するが、4年後の1943年、孝子さんは結核で急逝する。
実は1946年に新藤監督は再婚しているが、最初の妻を忘れられない彼はレクイエムのつもりでこの作品のメガホンをとった。そしてそこで孝子を演じたのが、当時27歳でずっと後に三番目の妻となる乙羽信子だった…、ということになる。

ただ、本作では結婚が1942年春だったり、創作の要素も相当入っている。
主人公のシナリオライターを飄々と演じる宇野重吉もいいが、彼を健気に支える若妻を瑞々しく演じる乙羽がやはりいい。
戦時の足音は、映画会社の合併や映画人の徴兵、そして町内会で送り出される出征兵士の姿で控えめに描かれる。
シナリオライターをあきらめようかと考える主人公沼崎に、「戦争はいつまでも続きゃしないわ」と、京都への移転を勧める妻の思い切りがいい。
こうして100歳監督は誕生したのか、と思う。
戦時にささやかな幸福を求める若い夫婦と、時代の空気が印象的な作品だ。

投稿者:Bava44投稿日:2006-10-08 22:18:06
【ネタバレ注意】

戦時中に妻を病気で失った新藤兼人の半自伝映画で監督デビュー作。彼と溝口健二との関係も描かれていて興味深い。前半はカメラを動かし過ぎたり、細かいショットの連続だったりして全く映画の中に入っていくことが出来ずにイライラして観るのを止めようかと思ったが、中盤からはだいぶ作風が安定してきて最後まで見ることが出来た。この映画は下手なところと上手に出来ているところの差が激しくて評価が難しいが、ラストの死んだ妻の声が家の中でこだまするなんてシーンは映画的な表現だと思う。

尚、映画産業に戦争が介入してくることで映画が危機に瀕していた事実も本作には描かれている。(国策映画の製作と徴兵制度による映画人の減少。)作品では妻が死んだところで終わりになるが、現実の新藤兼人は妻の死の後に徴兵されました。そのような視点で本作を観るのもいいと思う。

6.5点

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愛妻物語2016/12/22\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】愛妻物語2006/11/24\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】愛妻物語レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION