allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

三等重役(1952)

メディア映画
上映時間98分
製作国日本
初公開年月1952/05/29
ジャンルドラマ

【クレジット】
監督:春原政久
製作:藤本真澄
原作:源氏鶏太
脚本:山本嘉次郎
井手俊郎
撮影:玉井正夫
美術:北川恵笥
音楽:松井八郎
出演:小川虎之助奈良前社長
三好栄子夫人・とり子
関千恵子娘・由起子
河村黎吉桑原社長
沢村貞子夫人・千里
井上大助息子・大助
森繁久彌浦島人事課長
千石規子浦島夫人
小林桂樹若原
島秋子久保青子
大泉滉村尾
木匠久美子木原トキ子
清水一郎高野営業部長
荒木道子高野夫人
村上冬樹千葉庶務課長
高堂国典勝田頭取
城正彦息子・亮助
坪内美子お鶴
進藤英太郎藤山社長
岡村文子夫人・京子
藤間紫おこま
小野文春田口出張所長
越路吹雪道子
野田幸信給士・大山太郎
清川玉枝「久の家」のお内儀
【解説】
 源氏鶏太の人気サラリーマン小説を、山本嘉次郎と井手俊郎が脚色し春原政久が監督した。映画はヒット、このあと続々と「三等重役」シリーズが製作された。また人事課長を演じた森繁久彌も人気を博した。
 南海産業の前社長だった奈良が追放されたことにより、桑原は社長の座に着いた。いわゆる“三等重役”である。奈良の社長復帰は、本人が脳溢血で倒れたため困難となってしまった。ほっと胸をなで下ろす桑原。社長夫人は新しい着物を着たいため、社内結婚奨励の回覧板を作成するなど、やりたい放題。桑原は東京へ出張することになったが、前社長が世話していたお鶴を同行しなければならなくなり、人事課長の浦島も連れて行くことにした。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:pumpkin投稿日:2012-12-04 23:24:34
「新三等重役」や社長シリーズは見たことがあっても、これは初めて。プリント状態があまり良くないのは東宝作品にしてはめずらしく、見る機会がないのはそのせいか。
俳優はみな好演で、なかなか楽しい。

監督の春原政久はあまりなじみがないが、ベストテン作もあり、実力派らしい。東映所属でこれ一本だけ東宝へ貸し出されて撮ったという。するとずいぶんな遺産を残したことになる。
東宝のプログラムピクチャーは他社に比べてなぜか評価が低いが、なかなかいいものがある。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION