allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アナタハン(1953)

ANATAHAN

メディア映画
上映時間90分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1953/06/28
ジャンルドラマ/戦争
アナタハン [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 3,998
USED価格:¥ 3,500
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-04-14 10:18:24
 いやあ、スタンバーグという人は凄い人、かつ面白い人だと思う。こんなキワモノを日本人スタフ・キャストでミニマルに撮り上げた作品が遺作なのだ。しかも、全然手を抜いていない。力いっぱい作っていることがよく分かる。例えば、スタンバーグ自身が担当するナレーションの質量(力強さ、多さ)からも本作への相当の入れ込み具合がうかがえる。また、画面の強さは、そりゃあ全盛期のディートリッヒ作品には劣るとは云え、まだまだ健在だし、密林の美術装置による奇怪な画面の造形は、例えば『恋のページェント』で見せた、宮廷内の退廃的で異様な造型を思い起こさせる(宮廷内の彫刻等とは全然違うとは云え)。スタンバーグはこういう閉塞空間が好きなのだろう。
 また、音楽は伊福部昭なのだ。彼を選んでいるというだけで「分かってる!」と思ってしまうのだが、これが、また、画面を盛り上げる音楽なのだ。

#備忘
・安里屋ユンタが度々唄われる。
・根岸明美は2回、後姿のヌードがある。前半の風呂に入るシーン。こゝは後姿とは云え、乳房まで見える。もう一つは海辺で素っ裸の後姿。海へ入っていく。
・結局、米軍も日本軍(彼ら以外の日本軍)も登場しない。

#補遺。スタンバーグの作品には1957年作『ジェット・パイロット』がありますが、この映画は1949年から1950年にかけて撮影され、1957年に公開されたものらしく、撮影順でいうと、『アナタハン』が遺作とのことです。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アナタハン2015/02/25\4,667amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アナタハンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION